研究グループ - 日本地理学会 - Page 4

(10)国際経済・経営地理学研究グループ  

代表者 シュルンツェ ロルフ・平 篤志 国際経済・経営地理学研究グループは、2018年度、下記のような活動を行った。 [第21回研究集会]2018年3月23日(金)13時~15時、於 東京学芸大学。1.研究発表阿部康久(...

(1)近代日本の地域形成研究グループ

代表者  天野 宏司 2018年度は次の日程で活動を行った。[第1回集会]2018年3月23日(水)13時~15時、於 東京学芸大学、参加者約15名。洪 明真 (首都大学東京・院 ):「日本の歴史GISの研究現況と活用に...

2018年度研究グループ活動報告

日本地理学会では、様々なテーマによる研究グループを設置しています。 2018年度活動報告 近代日本の地域形成研究グループ 乾燥・半乾燥地域研究グループ 都市気候環境研究グループ 土地利用・陸域変化研究グループ 離島地域研...


(9)産業経済の地理学研究グループ

代表者   末吉  健治 産業経済の地理学研究グループは、2015年度の活動を下記のように行った。 [第16回研究集会]2016年3月22日(日)15時~17時、於 早稲田大学教育学部、参加者25名。...

(8)中国地理研究グループ

代表者   小野寺 淳 2016年3月の早稲田大学教育学部で開催された春季学術大会においては、研究グループ集会を開いて二人の研究者から研究発表・話題提供をしていただいた。謝 陽氏(お茶の水女子大学基幹研究院研究...

(7)流通・消費の地理学研究グループ

代表者   土屋 純 [第1回研究集会]2016年3月22日(日)、於 早稲田大学教育学部 池田真志(拓殖大):「移動スーパーの業態特性」 伊藤健司(名城大):「地方都市における大型店の立地」 [その他]メーリ...

(6)環境地理教育研究グループ

代表者   朴  恵淑 2016年度の主な活動は、下記の通りである。 1) 研究集会(ビジネス・ミーテイング) 2016年11月21日(月)16時~18時、三重大学人文学部。2017年9月に三重大学で...

(5)離島地域研究グループ

代表者   須山 聡 2016年度は日本地理学会の大会に合わせて研究会を2回開催した。いずれの研究会でも活発な討論が行われ盛会であった。 [研究会]2016年3月22日(火)、於 早稲田大学教育学部、参加者15名。 宮内...

(4)土地利用・陸域変化研究グループ

代表者   木本 浩一 2016年度は、引き続き、IGU/LUCCおよびGLPとの連携を意識した活動を行った。特に、フューチャー・アース(FE)への積極的貢献を模索中である。5月の日本地球惑星科学連合大会(Jp...

(31)地理学のアウトリーチ研究グループ

代表者  長谷川 直子   2016年度は次の日程で活動を行った。 [第1回集会(研究集会・ビジネスミーティング)]2016年3月22日(火)15時~17時、於 早稲田大学教育学部、参加者25名程度。研究グルー...

(30)地域連携活動研究グループ

代表者  山田 浩久   地域連携活動グループは、2016年3月より活動を開始したため、2016年度の活動に2016年3月に開催された日本地理学会春季学術大会における研究集会を含めて報告する。 [第1回研究集会...

(3)都市気候環境研究グループ

代表者  榊原 保志 秋季学術大会でシンポジウムを開催し、35名の参加者があった。 発表者とテーマは以下の通りである。 [秋季学術大会シンポジウム]2016年10月1日(土)13時~15時、於 東北大学川内北キャンパス。...

(29)都市の社会・文化地理学研究グループ

代表者  大城 直樹   本年度の本研究グループの活動は、以下の通りである。2016年3月と10月、春・秋の学術大会時に研究集会(メガイベントと都市、ベルリンの都市変容)を行い、2016年7月と10月、2017...

(28)「新しい公共」の地理学研究グループ

代表者   佐藤 正志   本年度は下記の通りグループ活動を実施した。   [出版] 佐藤正志・前田洋介編著『ローカル・ガバナンスと地域』ナカニシヤ出版。2017年3月、2016年...

(27)健康地理研究グループ

代表者   埴淵 知哉   2016年度は、以下の通り活動を行った。 [第2回研究集会]2016年3月22日、於早稲田大学教育学部、参加者13名。 本研究グループの第2回研究集会を開催した。健康地理に...

(26)気候と災害の歴史研究グループ

代表者  三上 岳彦   2016年度は、春季学術大会で以下の通り国際研究例会を開催し、3件の発表と活発な質疑応答があった。 [国際研究例会]2016年3月22日(火)15時~17時30分、於 早稲田大学教育学...

(25)水と人の地誌研究グループ

代表者   宮岡 邦任   1) 研究集会の開催(開催日時、開催場所) [第30回研究集会]2016年 2 月12日(金)、12時~16時、於 名古屋駅周辺。 [第31回研究集会]2016年 3 月1...

(24)日本アルプスの大規模地すべり研究グループ

代表者    苅谷  愛彦   1) 研究集会の開催 ①2016年3月22日、春季学術大会で研究集会を開催した。講演者は齋藤  仁・吉田英嗣。出席者10名。 ②...

(23)東日本大震災による被災地の再建にかかわる研究グループ

代表者   岩船 昌起   1) 2016年秋季学術大会・2017年春季学術大会「東日本大震災」セッション等での発表 阿部 隆(東北大・院):「津波災害後の三陸地方リアス海岸における漁業集落の再配置の...

(22)GISと社会研究グループ

代表者  若林 芳樹   GISと社会研究グループは、2016年度の活動を次のように行った。   1) 研究集会の開催 [シンポジウム:多様な主体による参加型GISの方法と実践]2016年3月22日(...