お知らせ

G空間EXPO2020 日本地理学会主催シンポジウム「“まんなか”からまちおこし――日本の中心・重心(へそ)を地域資源として」 開催

公益社団法人日本地理学会では,2020年12月10日(木) 13時30分~15時30分,G空間EXPO2020において,「“まんなか”からまちおこし――日本の中心・重心(へそ)を地域資源として」をオンラインで開催します.

概要:日本の“まんなか”には,位置や人口,経済など,様々な指標による中心や重心(へそ)があります.そのような中で,日本のへそを地域資源とされている自治体のみなさまから,中心地であることに関するコメントや,地域振興などにつなげる取り組みについてご紹介をいただきます.「日本のど真ん中自治体」がどこであるかについては,テレビ番組でも取り上げられ,国民的な話題として関心を集めているところです.
それを背景に私たちは,ツーリズム,地域おこし,日本の中心などをキーワードに,学術的視点からの「日本のど真ん中自治体ミニサミット」のような位置づけで本シンポジウムを企画しました.この場を利用して日本の中心を称する自治体や専門家,聴衆の皆様がオンラインで交流できることを願っております.

形式:講演,パネルディスカッション

日時:2020年12月10日(木) 13時30分~15時30分

会場:オンライン(ZOOM)

参加費:無料

申込先:日本地理学会企画専門委員会(mannaka.sympo@gmail.com)
(※メールでのお申込み受付後に、オンライン会場への接続情報をお知らせします)

プログラム:
趣旨説明 山田晴通 氏(日本地理学会企画専門委員長・東京経済大学教授)
講演 中埜貴元 氏(国土交通省国土地理院主任研究官)
プレゼン① 群馬県渋川市
プレゼン② 長野県上伊那郡辰野町
プレゼン③ 兵庫県西脇市
基調講演 戸所隆氏(日本地理学会元会長・高崎経済大学名誉教授)
パネルディスカッション 司会 太田弘氏(慶應義塾大学講師)

※ライブ終了後に録画ファイルをオンデマンド配信する予定です.

プログラム・申込案内: ダウンロードはこちら(PDF)
シンポジウムご案内: ダウンロードはこちら(PDF)
G空間EXPO2020のオンライン会場はこちら

 

「海と地球のシンポジウム2020」開催

「海と地球のシンポジウム2020」が,12月17日(木)〜12月18日(金)オンラインで行われます.
参加方法・プログラムについては下記アドレスを御参照下さい.
参加方法・プログラム URL http://www.jamstec.go.jp/j/pr-event/ocean-and-earth2020/

教員公募のお知らせ(立正大学)

立正大学
所属・人員 地球環境科学部環境システム学科 助教(物理・環境気象学) 1名
詳細 URL http://rissho-es.jp/wp/wp-content/uploads/2020/11/71a08e7cbb3e87c1e82bd0706ead2187.pdf
応募締切 2020年12月18日(金)必着

研究員公募のお知らせ(国立研究開発法人海洋研究開発機構)

国立研究開発法人海洋研究開発機構
所属・人員 海域地震火山部門 火山・地球内部研究センター 地球内部物質循環研究グループ ポストドクトラル研究員 2名
詳細 http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/verc20201214.html
         http://www.jamstec.go.jp/e/work_with_us/jobs/details/verc20201214.html
応募締切 2020年12月14日(月) 13時 (日本時間/JST)必着

教員公募のお知らせ(奈良大学)

奈良大学
所属・人員 文学部地理学科 教授または准教授または講師(常勤) 1名
詳細 URL https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D120101706&ln_jor=0
応募締切 2020年11月30日(月)必着

The 5th Asian Conference on Geography開催

The 5th Asian Conference on Geographyが,2021年10月18日~22日にベトナムで行われます.
発表登録・詳細については下記アドレスを御参照下さい.
登録・詳細 URL  http://acg2021.tnu.edu.vn/

地理情報システム学会主催シンポジウム「ポストコロナ社会とGIS」開催

地理情報システム学会主催シンポジウム「ポストコロナ社会とGIS」が,12月4日(金)15時~17時,オンラインで行われます.
登録・詳細については下記アドレスを御参照下さい.
登録・詳細 URL https://www.gisa-japan.org/news/detail_1924.html

令和2年度自然史学会連合講演会開催開催

令和2年度自然史学会連合講演会が,12月6日(日)13時30分~15時30分,北九州市立いのちのたび博物館(ガイド館)で, 定員80名(申し込み制)で行われます.
参加申込み・詳細については下記アドレスを御参照下さい.
参加申込み・詳細 URL http://www.kmnh.jp/2020/11/8226/

「特別セッション」の申し込み期限に関する修正

地理学評論11月号にてお知らせいたしました,日本地理学会2021年春季学術大会における「特別セッション」の申し込み期限等に、誤りがありましたので修正させていただきます.

(正)11月26日(木)までに集会専門委員会宛(学会事務局気付け)に送付して下さい(メールでの送付も可).特別セッションの採択は11月28日(土)の理事会で決定し,代表コンビーナに採否を通知します.

(誤)11月5日(木)までに集会専門委員会宛(学会事務局気付け)に送付して下さい(メールでの送付も可).特別セッションの採択は11月7日(土)の理事会で決定し,代表コンビーナに採否を通知します.

なお,このような学会発表などに関する重要な情報を皆様にお伝えする場合,みな様のメールアドレスを事務局にお届けいただけると,より円滑かつ迅速に進めることができると考えられます.頻繁に情報を流すという使い方はいたしませんので,ぜひ,メールアドレスの登録をお願いいたします。アドレス登録は,学会事務局(office@ajg.or.jp)にメールでお知らせいただくか,「日本地理学会会員名簿」綴じ込みの訂正カード,名簿発行年の地理学評論3号綴じ込みの会員名簿への掲載について(確認と訂正)カードにご記入の上、お送り下さい.

2021年日本地理学会春季学術大会(オンライン)のお知らせ(第2報)

 

日本地理学会2021年春季学術大会は,東洋大学での開催を予定しておりました.しかし,現在のところ,新型コロナウイルス感染症の収束が不明確なため,会場を確保してプログラムを編成することが非常に困難な状況にあります.このため,10月3日に開催された理事会において,2021年春季学術大会の東洋大学での開催を断念してオンライン開催に切り替えることが決まりました.巡検・研究グループ集会は実施いたしません.本大会で発表を希望される会員は,日本地理学会ホームページの「発表予定者へのお知らせ(2020年12月中に掲載予定)を参照の上,2021年1月8日(水)正午~22日(金)正午の間に登録を行って下さい.

1.日程

2021年3月26日(金)~28日(日)の期間に実施します.この間に、前会長講演も実施します.ただし,高校生ポスターセッションは異なる日程を含む可能性がありますので,その詳細は学会ホームページで公表します.

2.会場 オンライン

3 発表様式

研究発表には,シンポジウム発表・一般発表・高校生ポスターセッションがあります.シンポジウム発表では,会員のほか,責任者(オーガナイザー)の同意がある場合に限り非会員でも発表できます.一般発表の発表者(連名の場合は筆頭発表者および報告者)は,日本地理学会の会員に限ります.高校生ポスターセッションは,高校生であればどなたでも応募できます.

(1) シンポジウム発表

テーマは広く公募し,理事会で承認されたものとします.これまでの「公開講座」は,公開のシンポジウムとして継続します.応募の際には,タイトル・オーガナイザー名・趣旨・連絡先・発表者数を明記して下さい.可能であれば発表予定者名も記して下さい.発表者はオーガナイザーが選定し,Zoom等を用いて発表・議論をしていただきます.

(2) 一般発表

一般発表には,口頭発表とポスター発表がありますますが,いずれの形式も発表としては同格です.一般発表では,筆頭発表者もしくは報告者1名につき,口頭発表およびポスター発表を通じて,発表できる演題は1題です.「シンポジウム発表」との重複はこの限りではありません.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯・場所にまとめることができます(グループ発表).

口頭発表においては,「地形」「都市・交通」「地理教育」などの通常の発表区分(セッション)とは別に,特定のテーマに関する「セッション」が設けられておりましたが,既存の発表区分との違いを明確にするため,本大会から,名称を「特別セッション」に変更いたします.特別セッションのテーマとコンビーナは,下記のように公募といたします.特別セッションでは,分野の垣根を越えた活発な議論が展開されることを期待します.

・ 口頭発表

Zoomを用いて発表・議論をしていただきます.Zoomの利用方法などに関する質問等には対応できませんので,各自がその使用方法をマスターした上で御参加下さい.特別セッションにおいては,発表順の決定と座長の指名はコンビーナが行うほかは,一般発表の口頭発表と同様に行っていただきます.

・ ポスター発表

オンラインで閲覧可能なポスター(pdfファイル)を用意していただきます.ポスター発表では掲示板を設定し,質問などを受け付けたいと思います.

(3) 高校生ポスターセッション

オンラインで閲覧可能なポスター(pdfファイル)を用意していただきます.質疑応答の場を設け,会長賞・理事長賞等を授与する予定です.

4 発表申し込方法など

すべての研究発表について,発表申込みが必要です.期間内に申し込みが完了していない場合は,受理されません.発表申し込み期間は,2021年1月8日(金)正午~1月22日(金)正午といたします.

シンポジウムの公募の締め切りは2020年12月7日(月)正午といたします.応募される方は,上記した必要事項を記入した電子メールを日本地理学会事務局(office@ajg.or.jp)にお送り下さい.採否については1月8日(金)までに応募者に通知いたします.責任者は、発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月22日までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail 可).また、グループ発表を希望する場合も,  同様のリストを上記期日までにお送り下さい.

特別セッションを提案される会員は,① 特別セッション名(日本語と英語),② 代表コンビーナの氏名・所属・連絡先(メールアドレス・電話番号),③ 共同コンビーナ1~3名の氏名・所属,④ 特別セッションスコープ(200字以内)を明記し,11月26日(木)までに集会専門委員会宛(学会事務局気付け)に送付して下さい(メールでの送付も可).特別セッションの採択は11月28日(土)の理事会で決定し,代表コンビーナに採否を通知します.特別セッションが採択された場合は,2021年1月に開催される集会委員会に,代表もしくは共同コンビーナ1名に出席いただき,プログラムの編成を行っていただきます.大会当日は,コンビーナの責任で特別セッションを運営していただきます.

シンポジウム・一般発表者は,発表の登録と日本地理学会発表要旨集に収録する要旨の版下原稿の投稿が必要です.要旨の体裁や長さ,および演題登録システム「Confit」を使用する点は,従来の大会と同様です.特別セッション発表の申し込みでは,口頭発表区分で開催される特別セッション名を選択して下さい.

ポスター発表と高校生ポスターセッションで使用するポスター(pdfファイル)は期日までに学会に提出する必要があります.シンポジウム・特別セッションへの参加申し込み方法等は,各オーガナイザー・コンビーナが決定します.これらの各種申し込み方法・期日などに関しては,改めて本ホームページ等でお伝えいたします.

5 参加費

参加費は 正会員3,000円,学生会員1,500円,非会員3,500円,非会員(学生)2,000円です.下記のゆうちょ銀行の振り込み口座にあらかじめ振り込んで下さい.郵便局備え付けの払込取扱票の通信欄・インターネットからの振込のメッセージ欄に「タイカイサンカヒ」あるいは「大会参加費」と御記入下さい.

 加入者名 公益社団法人日本地理学会: 郵便振替口座 00140-6-12578
 他金融機関からのお振り込みの場合: ○一九(ゼロイチキュウ)店(019) 当座0012578