研究グループ - 日本地理学会 - Page 5

(21)ジェンダーと空間/場所研究グループ

代表者  影山 穂波   1) 研究会の開催 [秋季学術大会]2016年10月1日(土)13時〜15時、於 東北大学川内北キャンパス。 清水沙耶香(名古屋大・院):「トロントにおける都市企業家主義の進展とエスニ...

(20)少子高齢化と地域問題研究グループ

代表者   宮澤 仁   2015年4月からは科学研究費補助金 基盤研究(A)の採択を受けて「「社会保障の地理学」による地域ケアシステム構築のための研究」に活動の主軸を移している。早稲田大学の日本地理...

(2)乾燥・半乾燥地域研究グループ

代表者  鹿島 薫 新疆ウイグル自治区およびモンゴル共和国を主要調査対象地域として、活動を展開している。 2016年3月、春季学術大会において乾燥・半乾燥地域研究グループ研究集会を開催した。以下の3講演が行われた。 髙村...

(19)自然保護問題研究グループ

代表者  青木 賢人   本研究グループでは、2016年度には日常的なメーリングリストを通じた意見交換を中心に行ってきた。メーリングリストには学会会員だけでなく非学会員にも参画してもらうことにより、日本地理学会...

(18)持続可能な交通システム研究グループ

代表者  𡈽谷 敏治 研究例会を5回開催した。 [第1回研究例会]2016年5月8日(日)13時30分~、於 駒澤大学駒沢キャンパス、参加者12名。 郷原裕生(立正大・院):「高知市における路面電車利用者の行動特性」 [...

(17)日本における亜高山・高山域の植生・環境変遷史研究グループ

代表者   安田 正次   1) 2016年度活動 2015年度の活動を各自発展させ、研究グループメンバーの個人活動(野外調査、研究発表、論文執筆など)を中心とした。前代表である沖津氏の死去にともない...

(16)都市地理学研究グループ

代表者   阿部 和俊   [研究会]2016年10月1日(土)、東北大学川内北キャンパス、参加者約20名。 報告者と発表題目 阿部 隆(東北大 院):「都市の定義」 久木元美琴(大分大):「都市空間...

(15)農業・農村の地理学研究グループ

代表者   森本 健弘   1) 例会を1回開催した。 [春季学術大会]2016年3月22日(火)、於 早稲田大学教育学部、参加者15名。 ①清水和明氏(日本大・研)より話題提供「北陸地方大規模水田農...

(14)観光地域研究グループ

代表者   フンク カロリン   1) 2016年度研究集会の開催 [第6回研究集会]2016年10月1日(土)、於 東北大学川内北キャンパス、参加者約25名。 震災地を対象にした観光に関する研究発表...

(13)地図・絵図資料の歴史GIS研究グループ

代表者  藤田 裕嗣 2016年度の主な活動としては、以下のような研究集会を開催し、活発な議論を行った。 [第15回研究集会]2016年3月22日(火)、於 早稲田大学教育学部、参加者約25名。 猪原紘太((株)東京カー...

(12)エスニック地理学研究グループ

代表者  大石 太郎 本研究グループの2016年度の主な活動として、エスニック地理学研究グループのメーリングリストにより、エスニック地理学に関する情報交換を行うとともに、春季学術大会において下記のように研究集会を実施した...

(11)国際経済・経営地理学研究グループ

代表者 シュルンツェ ロルフ・平 篤志 国際経済・経営地理学研究グループは、2016年度、下記のような活動を行った。 [第17回研究集会]2016年3月22日(火)13時~15時、於 早稲田大学教育学部。 研究発表 石丸...

(10)ネイチャー・アンド・ソサエティ研究グループ

代表者   渡辺  和之 2017年3月29日には筑波大学で開催される日本地理学会で「滋賀県朽木におけるトチノキ利用からみた人と自然の関わり」と題してシンポジウムを行う。オーガナイザーは水野一晴、共催...

(1)近代日本の地域形成研究グループ

代表者  天野 宏司 2016年度は次の日程で活動を行った。 [第1回集会(ビジネスミーティング)] 2016年3月22日(日)15時~17時、於 早稲田大学教育学部、参加者約10名。 今年度(2016年度)の活動計画に...

2016年度研究グループ活動報告

近代日本の地域形成研究グループ 乾燥・半乾燥地域研究グループ 都市気候環境研究グループ 土地利用・陸域変化研究グループ 離島地域研究グループ 環境地理教育研究グループ 流通・消費の地理学研究グループ 中国地理研究グループ...


(9)中欧研究グループ

2009年度活動報告 代表者  伊藤 徹哉   本研究グループは今年度、研究集会を春と秋の日本地理学会開催にあわせて開催し、中欧地域に関する議論や情報交換を活発に行った。まず、伊藤会員によるポーランドの都市再編...

(8)まちづくり・都市再生研究グループ

2009年度活動報告 代表者  佐野 充    近年の活動は、地方都市のまちづくり・都市再生に関する研究の広まりから、福祉・バリアフリー、観光・ホスピタリティ、広域行政などの関連研究分野の研究者が増え、グループ...

(7)高齢者の地理学研究グループ

2009年度活動報告 代表者  平井 誠   2009年度も前年度に引き続き、春と秋の日本地理学会大会時に定例の会合を持ち、研究報告および議論を行った。各会の報告は以下の通りである。 [第1回]2009年3月2...

(6)離島地域研究グループ

2009年度活動報告 代表者   平岡 昭利   2009年度は、春季学術大会で研究会を、秋季学術大会にてシンポジウムを開催した。 [研究会]2009年3月29日(日)、於 帝京大学 堀本雅章(法政大沖縄文化研...

(5)土地利用・陸域変化研究グループ

2009年度活動報告 代表者   季 増民   [第9回研究集会]2009年3月29日(日)、16時~17時30分、於 帝京大学、参加者10名。 氷見山幸夫(北海道教育大・旭川校):「土地利用・土地被覆変化研究...