研究グループ - 日本地理学会 - Page 6

(4)都市気候環境研究グループ

2009年度活動報告 代表者  三上 岳彦    春季学術大会において、下記のように公開シンポジウムを開き、4件の研究発表(2件のコメント)があり、活発な質疑討論が行われた。 2009年3月29日(日)13時~...

(3)持続的農村システム研究グループ

2009年度活動報告 代表者  菊地 俊夫 1) 研究集会を1回開催した。 [第1回]2009年3月、於 帝京大学、出席者35名。 青木幸代(茨城大・院):「山村における小規模専業農家の存立要因とその持続的システム   ...

(2)乾燥・半乾燥地域研究グループ

2009年度活動報告 代表者  高村 弘毅 下記のように2009年度第1回例会を開催した。参加者は25名であった。 2009年6月20日(土)14時~16時、於 立正大学大崎キャンパス1号館3階第1会議室。 平 春(立正...

(19)地図・絵図資料の歴史GIS研究グループ

2009年度活動報告 代表者  平井 松午   本研究グループは、前年度で活動を終了した「地籍図類による景観復原研究グループ」を引き継いで、2009年度より新たに活動を開始した研究グループである。近年、数値地図...

(18)エスニック地理学研究グループ

2009年度活動報告 代表者  山下 清海   本研究グループの2009年度の主な活動としては、以下のような研究集会を開催した。また、本研究グループのメーリングリストを利用して、エスニック地理学関係の情報交換を...

(17)国際経済・経営地理学研究グループ

2009年度活動報告 代表者 シュルンツェ・ロルフ   国際経済・経営地理学研究グループは、2009年度、下記のような活動を行った。 [第4回研究集会]2009年3月29日(日)13時~15時、於 帝京大学 P...

(16)ネイチャー・アンド・ソサエティ研究グループ

2009年度活動報告 代表者  横山 智 2009年度は、研究グループ集会1回およびシンポジウム1回を開催した。 [第5回研究集会]2009年3月29日(日)、於 帝京大学 「エコツーリズム」をテーマとして、研究発表2本...

(15)産業経済の地理学研究グループ

2009年度活動報告 代表者  松橋 公治 産業経済の地理学研究グループは、発足4年目の活動を下記のように行った。 [第6回研究集会]2009年3月29日(日)13時~16時30分、於 帝京大学、参加者27名。 中村昭史...

(14)中国地理研究グループ

2009年度活動報告 代表者  秋山 元秀   2009年度、本グループでは、大会時の集会をもつことはできなかったが、グループメンバー相互の情報交換を活発にするために、メーリングリスト(chinageo)による...

(13)地理教育理論研究グループ

2009年度活動報告 代表者  山口 幸男   [第4回研究集会]2009年3月29日(日)13時30分~16時30分、於 帝京大学、参加者20名。 ①志村 喬(上越教育大):「地理教育におけるサンプルスタデイ...

(12)流通・消費の地理学研究グループ

2009年度活動報告 代表者  土屋 純   [第1回研究集会]2009年3月29日(日)、於 帝京大学 2名の研究発表を行った。 牛垣雄矢(日本大):「東京の都心周辺地域における盛り場の形成と発達」 山下博樹...

(11)情報地理研究グループ

2009年度活動報告 代表者  荒井良雄・箸本健二   1) 研究会の開催 日本地理学会春季学術大会(帝京大学)において、以下の通り研究報告会を開催した。 [第6回例会]2009年3月29日(日)15時~17時...

(10)環境地理教育研究グループ

2009年度活動報告 代表者  朴 恵淑   2009年度は、以下の2つのシンポジウムを開催した。ここでは、地理学における環境問題への正しい認識と理解および環境教育に果たす役割について議論した。 [シンポジウム...

(1)近代日本の地域形成研究グループ

2009年度活動報告 代表者  中西僚太郎 2009年度は次の日程で活動を行った。 [第1回集会(ビジネスミーティング)]2009年3月29日(日)、於 帝京大学、参加者6名 今年度の活動計画について [第2回集会(研究...

2009年度研究グループ活動報告

2009年度活動報告 近代日本の地域形成研究グループ 乾燥・半乾燥地域研究グループ 持続的農村システム研究グループ 都市気候環境研究グループ 土地利用・陸域変化研究グループ 離島地域研究グループ 高齢者の地理学研究グルー...


(9)観光地理学研究グループ

2007年度活動報告 代表者  呉羽 正昭 1)2007年の春季学術大会(東洋大)において研究集会を開催した。 佐藤大祐(長崎国際大):「高原避暑地・雲仙における外国人集客圏と客層の変化」 2)10月の秋季学術大会におい...

(8)環境地理学研究グループ

2007年度活動報告 代表者  杉谷 隆  グループとしての活動は行わず、各メンバーの個別研究と成果発表を行った。把握されている主要メンバーの2007年度(印刷中を含む)の環境地理学をテーマとする著作は、単著単行本1編、...

(7)持続的農村システム研究グループ

2007年度活動報告 代表者  菊地 俊夫 1)研究集会を1回開催した。 [第1回] 2007年3月、於 東洋大学、出席者38名。 仁平尊明(筑波大):「北海道十勝平野における大規模畑作経営の特色とその維持要因-帯広市川...

(6)地方行財政の地理研究グループ

2007年度活動報告 代表者  梶田 真 1)シンポジウムの開催 2007年秋季学術大会(於 熊本大学)において、シンポジウム「『平成の大合併』に伴う市町村行財政の変化」を開催した。本グループの5名のメンバーによる事例報...

(5)GIS教育研究グループ

2007年度活動報告 代表者  鈴木 厚志  GIS教育研究グループは、昨年度に引き続き高等教育機関におけるGIS教育のあり方の検討を中心に活動した。 2007年3月22日の東洋大学における研究会では、2007年度の活動...