研究グループ - 日本地理学会 - Page 7

(4)乾燥・半乾燥地域研究グループ

2007年度活動報告 代表者  高村 弘毅  本研究グループは乾燥・半乾燥地域の地下水開発などの分野で、特にモロッコ等からは国際的なアプローチを受けている。また、シリアなどからは農業用水資源開発のノウハウと経験を生かした...

(3)移民・移住とエスニシティ研究グループ

2007年度活動報告 代表者  杉浦 直 [シンポジウム] 2007年度春季学術大会(2007年3月21日、東洋大学)において「『エスニシティの地理学』の課題と方向」と銘打ったシンポジウムをグループの主催で開催した。オー...

(23)国際経済・経営地理学研究グループ

2007年度活動報告  代表者 シュルンツェ・ロルフ [第1回研究集会] 2007年3月21日(水)、於 東洋大学。 本グループ立ち上げにあたり、これからの方向性について説明があり、次の2つの目標が確認された。 1)第一...

(22)ネイチャー・アンド・ソサエティ研究グループ

2007年度活動報告 代表者  横山 智  2007年度は、2回の研究グループ集会を開催した。 [第1回研究集会]2007年3月21日(水)、於 東洋大学、参加者18名。 横山 智(熊本大):「研究グループをはじめるにあ...

(21)産業経済の地理学研究グループ

2007年度活動報告 代表者 松橋 公治  産業経済の地理学研究グループは、発足2年目の活動を下記のように行った。 [第2回研究集会] 2007年3月21日(水)15時~17時、於 東洋大学白山キャンパス、出席者32名。...

(20)中国地理研究グループ

2007年度活動報告 代表者  秋山 元秀  2007年10月6日から15日にかけて、中国地理学会理事長陸大道氏(中国科学院地理科学与資源研究所)を団長とする中国地理学会の代表団一行7名が来日し、各地で日本の地理学者との...

(2)近代日本の地域形成研究グループ

2007年度活動報告 代表者  中西僚太郎  2007年度は次の日程で活動を行った。 [第1回集会(研究集会・ビジネスミーティング)]2007年3月21日(水)、於 東洋大学、参加者14名。 清水克志(筑波大・院):「近...

(19)地理教育理論研究グループ

2007年度活動報告 代表者  山口 幸男  本研究グループは、地理教育の本質的・理論的諸問題を検討することによって、地理教育実践のための理論的基盤を確立しようとするものである。ここでいう理論的諸問題とは、地理教育の本質...

(18)流通・消費の地理学研究グループ

2007年度活動報告 代表者  土屋 純 [第1回研究集会] 2007年3月20日(火)、於 東洋大学。 末田智樹(中部大):「日本における百貨店業態の成立-昭和戦前期までのターミナルデパートの立地展開を手がかりに-」...

(17)情報地理研究グループ

2007年度活動報告 代表者  荒井良雄・箸本健二  本研究グループの2007年度活動内容は以下の通りである。 1)研究会の開催 日本地理学会春季学術大会(東洋大学)、および秋季学術大会(熊本大学)において、以下の通り研...

(16)環境地理教育研究グループ

2007年度活動報告 代表者  朴 恵淑  2007年度の環境地理教育研究グループの主な活動として、春季及び秋季学術大会での研究会及び公開シンポジウムを行った。 春季学術大会においては、研究グループ発足から一貫して行って...

(15)中欧研究グループ

2007年度活動報告 代表者  小林 浩二  本研究グループは今年度、これまで研究集会における議論や情報交換の成果として書籍『EU拡大と新しいヨーロッパ』を刊行した。また、中欧の変化・課題・展望、また、EU加盟候補国やE...

(14)まちづくり・都市再生研究グループ

2007年度活動報告 代表者  佐野 充  まちづくり・都市再生研究グループは、地方都市を中心とする中心市街地の活性化・生活者中心のまちづくり・自然環境を重視した景観形成・都市再生などを調査研究対象に、地理学の実践的社会...

(13)高齢者の地理学研究グループ

2007年度活動報告 代表者  杉浦真一郎  2007年度は、前年度に引き続き、春と秋の日本地理学会大会の機会を利用して定例の会合をもち、下記のような研究報告と議論を行った。またこのほかに、メーリングリスト上でメンバーに...

(12)離島地域研究グループ

2007年度活動報告 代表者   平岡 昭利 秋季学術大会で公開シンポジウムと研究会を開催した。 [シンポジウム]2007年10月6日(土)、於 熊本大学。 「離島に吹く新しい風を捉える」オーガナイザー:平岡昭利・須山...

(11)土地利用・陸域変化研究グループ

2007年度活動報告 代表者   季 増民 [第5回研究集会] 2007年3月20日(火)、於 東洋大学、参加者約40名。 シンポジウム「経済成長期における中国土地利用変化の地域性と特質―日本との比較の視点から―」 氷見...

(10)都市気候環境研究グループ

2007年度活動報告 代表者  三上 岳彦 春季学術大会において、下記のように例会を開催した。 2007年3月21日(水)、於 東洋大学、参加者20名。 白 迎玖(東北公益文科大):「上海における夏季ヒートアイランド現象...

(1)地籍図類による景観復原研究グループ

2007年度活動報告 代表者  水田 義一  日本地理学会の春と秋の大会に合わせて、会員の研究発表と情報交換を行った。 春季大会では、土平 博(奈良大学)、藤田裕嗣(神戸大学)によって、「中・近世都市、周防山口における地...

2007年度研究グループ活動報告

日本地理学会では、様々なテーマによる研究グループを設置しています。 2007年度活動報告 『地理学評論』第80巻第1号に研究グループの公募を掲載した。2007年2月10日の常任理事会で承認された2007年度の研究グループ...


(9)流通地理研究グループ

代表者 荒井 良雄 本研究グループの平成15年度における活動内容は以下の通りである。 研究会の開催 研究グループとして、2003年3月~2004年2月の1年間に、2回(第10回、第11回)の研究会を実施した。 [第10回...