学会情報

2011年度第1回総会の開催について

2011年度第1回総会を下記の通り開催いたします.

日時:2011年5月28日(土)13時30分~14時30分
場所:明治大学駿河台校舎リバティタワー16階1163教室(〒101-8301東京都千代田区神田駿河台1-1)
議題 1)2010年度事業報告
   2)2010年度決算報告
   3)2011年度収支予算の補正
   4)公益法人認定申請
   5)その他

緊急集会の開催について

 東日本大震災からの復興のために地理学はどのような貢献をするべきかという課題について討論する緊急集会を下記のように開催いたします.緊急集会の具体的内容については,学会ホームページに掲載いたします.

日時:2011年5月28日(土)15時~17時
場所:明治大学駿河台校舎リバティタワー16階1163教室(〒101-8301東京都千代田区神田駿河台1-1)

「地域調査士」「専門地域調査士」講習会申込期間延長のお知らせ 

以前にご案内をしました「地域調査士」「専門地域調査士」講習会ですが、東日本大震災の影響を考慮し、5月1日(日)開催の講習会の申込期間を4月28日(木)まで延長しました。

また、講習料の入金締切日も5月10日(火)へ変更しています。

ご案内を確認の上、申込書にてお申し込み下さい。

 

講習会開催のご案内

講習会申込書

 

 講習料の振込先は次のとおりです。

口座番号 郵便口座00190-2-282727

口座名称 (社)日本地理学会地域調査士担当

 

「地域調査士」「専門地域調査士」講習会開催のお知らせ

本年度第1回目の講習会を2011年5月1日(日)午前9時より、日本大学文理学部(東京都世田谷区)において開催します。
詳しくはご案内をご覧の上、申込書にてお申し込み下さい。

講習会開催のご案内<br

講習会申込書

講習料の振込先は次のとおりです。
口座番号 郵便口座00190-2-282727
口座名称 (社)日本地理学会地域調査士担当

【緊急】日本地理学会春季学術大会中止のお知らせ(3月18日更新)

社団法人日本地理学会春季学術大会の中止について

 今回の東北地方太平洋沖地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。皆様のご無事と、一日も早い復旧を願っております。

 春季学術大会(明治大学、3月29日~4月1日)は、諸般の事情を総合的に判断し、緊急理事会の議を経て「中止」と決定いたしました。会員の皆様にはご迷惑をおかけすることになりますが、事情をお察しいただきますようお願い申しあげます。
 一般発表(口頭発表およびポスター発表)とシンポジウム発表については、会場における質疑はできませんが、公表される発表要旨集およびJ-STAGEでの発表要旨をもって、本大会における発表は成立したものとさせていただきます。ただし、今回の発表の取り下げを希望される方は、3月末日までに集会専門委員会まで御連絡いただきますようお願い申しあげます。
 なお、3月28日の総会・代議員会につきましては、予定通り開催いたします。また,3月29日予定していた日本地理学会賞各賞授賞式は,繰り上げて28日の総会・代議員会の席上で行います。

2011年3月17日 社団法人日本地理学会 理事会

2010年度日本地理学会賞(団体貢献部門)受賞者決定のお知らせ

団体貢献部門受賞候補者:NHK「ブラタモリ」制作チーム

 日本地理学会(田林 明会長)は, NHK「ブラタモリ」制作チームに,2010年度日本地理学会賞(団体貢献部門)を授与することを決定しました。団体貢献部門とは,地理学の研究または普及発展に関して顕著な功績のあった団体(日本地理学会の非会員も含む)を対象とするものです。なお,表彰式は3月28日に日本地理学会総会・代議員会(明治大学駿河台校舎)で行なわれます。
表彰の理由は,以下のとおりです。

 NHK総合テレビの番組「ブラタモリ」(2009年10月から2010年3月まで放送)は,タモリ氏が古地図を持って地域に刻まれた歴史の痕跡を追い、地域の変容ぶりを探求していくという番組であり、いくつかある街歩き番組の中で、地理学的にも最も優れた番組であり、大きな評判も呼んだ。
 2010年10月からはシリーズ第二弾が放送されており、好評を得ている。本番組の内容は、一般視聴者に地理学的視点を広める役割を果たしているとみられ、広い意味での地理教育の場としても非常に高く評価されよう。他方、「ブラタモリ」でのテーマへの切り込み方は、会員に対して地理教育へのヒントを与えるものになるであろう。

2011年秋季学術大会における巡検の募集

2011年春季学術大会に際して,巡検を企画する会員は,5月9日(月)までに,(1)テーマ,(2)案内代表者,(3)連絡先,を記した提案書をe-mailもしくはFAX(03-3815-1672)にて,集会専門委員会までお送り下さい.
また,巡検に関わる補助金の申請があれば同時に行って下さい(申請様式はホームページ(日本語トップページ→お知らせ→補助金関係)よりダウンロードできます).
理事会にて検討の上,決定します.
                                                               集会専門委員会 

2011年秋季学術大会におけるシンポジウムの募集

2011年秋季学術大会において,シンポジウムの開催を提案する会員は,5月9日(月)までに,(1)テーマ,(2)オーガナイザー,(3)200字以内の趣旨,(4)連絡先,を記した提案書をe-mailもしくはFAX(03-3815-1672)にて集会専門委員会までお送り下さい.
原則としてシンポジウムは2日目の午後に時間を設定します.会場の都合により,シンポジウムの開催時間は4時間以内とさせていただきますが,3時間以内のシンポジウムであれば,2日目の午前中に設定することもできます.
御希望にそえない場合があるかもしれませんが,その節は御了承下さい.
また,2009年度よりシンポジウム報告をE-journal GEOに掲載することが義務付けられました.
原稿提出期限は春季大会5月末,秋季大会11月末です.
執筆要領等はホームページ(日本語トップページ→機関誌→E-journal GEO)のE-journal GEO投稿規定を御覧下さい.
なお,シンポジウムに関わる補助金の申請があれば同時に行って下さい(申請様式はホームページ(日本語トップページ→お知らせ→補助金関係)よりダウンロードできます).
理事会にて検討の上,決定します.

2011年秋季学術大会のお知らせ(第1報)

2011年日本地理学会秋季学術大会は,下記の通り開催されることになりましたので,お知らせいたします.

1.期  日 2011年9月23日(金)~9月25日(日)(ただし代議員会は9月22日(木)午後もしくは23日(金)午前中に予定)
2.会  場 大分大学
3.連絡先 〒870-1192 大分県大分市旦野原700 
      土居晴洋(教育福祉科学部)   電話 097-554-7549   e-mail: hdoi@oita-u.ac.jp
4.日  程 9月23日(金)一般発表,懇親会
       9月24日(土)シンポジウム,一般発表,研究グループ
       9月25日(日)巡検

 

また, 下記についても同時に募集しております.
詳細は下記のページをご覧下さい.

巡検の募集
http://www.ajg.or.jp/ajg/2011/02/2011-9.html

シンポジウムの募集
http://www.ajg.or.jp/ajg/2011/02/2011-8.html

2011年春季学術大会のお知らせ(第3報)

2011年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り明治大学において開催します.
大会は中止となりました.ご了承ください.総会・代議員会は28日に開催されます.

1.日 程 3月28日(月)総会・代議員会
  3月29日(火)一般発表,会長講演,懇親会
        3月30日(水)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会
        3月31日(木)巡検
        4月1日(金)巡検

2.会 場 明治大学(駿河台校舎)(〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1)

3.連絡先 梅本 亨  電話 03-3296-2241(梅本直通)e-mail: umemoto@kisc.meiji.ac.jp

4.一般発表の形式と方法
一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表があります.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は日本地理学会の会員に限ります.
①口頭発表は1人につき1題とします.ただし,ポスター発表やシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.口頭発表は発表時間15分,質疑応答4分です.発表に際してプロジェクターは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.プロジェクターをお使いになる場合,Windows版のPowerPoint 2003で正常に表示されることを確認したファイルをUSBフラッシュメモリに保存して御持参下さい.フロッピーディスクの使用はできません.
②ポスター発表は1人につき1題とします.ただし,口頭発表とシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.ポスター発表は展示場所と1時間程度の質疑応答の時間帯を指定しますので,この間に展示の場所で20分以上の口頭説明を行って下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚です.発表スペースに制約がありますので,御要望に添えないこともあります.会場での資料等の配布は自由です.

5.一般発表の申し込み
一般発表はJ-STAGEへ登録の上,発表要旨集版下原稿のPDF版下送付,もしくは発表要旨集版下原稿(郵送)の受付をもって申し込みとします.J-STAGEの登録期間・PDF版下送付は2011年1月6日(木)14時~1月20日(木)14時,発表要旨集版下原稿の受付締め切りは1月20日(木)です.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,日本地理学会ホームページの「2011年春季学術大会発表予定者へのお知らせ」を参照下さい.
なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月20日(木)までに集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループの会場申し込み
研究グループの集会は,3月30日(水)午後の間に設定します.会場を用意しますので,開催を希望するグループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時とさせていただきます),④参加見込み人数を文書(書式自由,e-mailも可)で,1月20日(木)までに,日本地理学会集会専門委員会宛に申し込んで下さい.会場に限りがありますので,御希望に添えない場合もあります.なお,会場校では研究グループの発表に関わる準備は行いませんので,御了承下さい.

7.大会の参加費
大会参加費は正会員2,000円,正会員(学生会員)1,500円,一般(非会員)2,500円です.

8.巡検の内容,参加申し込み,参加費
下記4班の巡検の内容,参加申し込みについて,詳しくは,学会のホームページを参照下さい.

第1班「江戸のルーラルツーリズムをあるく・みる・きく――王子から谷根千における地域資源の観光化とそれにともなう地域づくりを読み解く――」(3月31日(木),参加費500円,募集人数25名,申込締切3月3日(木))
コース:東十条駅―富士神社―十条野鳥の森緑地―名主の滝公園―王子稲荷神社―音無親水公園―飛鳥山公園―滝野川公園―旧古河庭園―田端駅(一時解散して昼食)―谷中七福神巡り―日暮らしの里―谷中銀座―谷中墓地―根津駅
申込先:菊地俊夫(e-mail:kikuchan@tmu.ac.jp)

第2班「多摩南部における戦跡と土地利用」(3月31日(木),参加費1,500円,募集人数30名,申込締切3月10日(木))
コース:生田駅―明治大学生田キャンパス―-向丘遊園(生田緑地)―登戸駅―せせらぎ館―多摩川(狛江)水害被害地跡―和泉多摩川駅
申込先:長岡 顯(anbigote@yahoo.co.jp

第3班「陸と川から見る神田」(3月31日(木),参加費4,500円,募集人数19名(最少催行人数16名),申込締切2月28日(月))
コース:JR神田駅北口―神田下水(日本最初の西洋式下水道)の碑―神田駅西口商店街―鎌倉河岸―神田多町・司町・須田町界隈―(JR線で移動)―浅草橋より乗船し神田川・日本橋川・隅田川・小名木川を周遊―浅草橋
申込先:和田康喜(yasunobu@k01.itscom.net

第4班「自然保護問題の現場を歩く――八ツ場ダム問題――」(3月31日(木)~4月1日(金),参加費13,000円,募集人員20人(最少催行人数10人),申込締切3月5日(土))
コース:(第1日)川原湯温泉駅―国土交通省による現地解説―川原湯(宿泊:意見交換会)―(第2日)建設予定地沿いの地すべり地,代替地の見学―長野原駅
申込先:青木賢人(kentaoki@kenroku.kanazawa-u.ac.jp