学会情報

日本地理学会優秀賞および特別賞候補者の推薦について

日本地理学会賞受賞候補者選考委員会 
委員長 青山高義 

 下記の通り,日本地理学会優秀賞および特別賞候補者の推薦を受け付けます.本学会賞の意義を御賢察の上,多くの御推薦をいただきますよう,御助力をお願い申し上げます. 
                 

1.推薦の対象となる者
 優秀賞は,2009年8月までの過去3年程度の期間に公刊・発表された図書・論文の執筆者(規定では会員に限っていませんが,当面は日本地理学会員を対象にします).
 特別賞は,地理学の研究または普及発展に関して顕著な功績のあった個人または団体を対象とする.

2.推薦方法
 自薦または他薦

3.推薦に必要な提出書類の内容(形式は自由,冒頭に「優秀賞推薦」または「特別賞推薦」と明記すること)
 ア)受賞候補者の氏名(特別賞については,受賞候補者の氏名または団体名)
 イ)受賞対象図書または論文のリスト(優秀賞)
 図書は著者名・書名・出版社名・総ページ・刊行年を,論文は著者名・発表年・論文タイトル・掲載誌名・巻・号・ページを明記して下さい.論文(国際学術誌に掲載されたものを含む)の場合は,複数の論文を合わせて業績とすることができます.共著の図書や論文であっても,主たる著者が明らかなものは対象にすることができます.
 ウ)推薦理由(400字以内)(優秀賞・特別賞)
 推薦理由には,過去3年間の研究業績だけでなく,その期間以外の業績,教育・社会活動も含めることができます.
 エ)推薦者の氏名・連絡先

4.推薦書類の提出先
 〒113-0032  東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル
 (社)日本地理学会事務局 学会賞受賞候補者選考委員会 あて

5.推薦書類受付締め切り
 2009年11月30日(月)必着
 なお,選考の過程で必要な場合には,対象となる業績(図書・論文など)を推薦者から提出していただく場合があります.
(参考:規程からの抜粋)
日本地理学会賞に関する規定 
第2条2.優秀賞は,当該年度の8月までの過去3カ年の期間に公刊された図書・論文の執筆者を対象とする.受賞者の数は,原則として毎年度若干名とする.
第2条3.特別賞は,地理学の研究または普及発展に関して顕著な功績のあった個人又は団体を対象とする.受賞者の数は,原則として毎年度若干名とする.

2010年春季学術大会のお知らせ(第2報)

 2010年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り法政大学において開催します.本大会で発表を希望する会員は,日本地理学会ホームページにある「発表予定者へのお知らせ」(2009年12月中に掲載予定)を参照の上,申し込んで下さい(申し込みの締切は1月中旬の予定です).

1.期  日    2010年3月27日(土)~3月29日(月)

2.会  場    法政大学

3.連 絡 先    〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
       法政大学文学部地理学教室 電話 03-3264-9457
        大会実行委員長 山本 茂  e-mail: geogr@hosei.ac.jp

4.日  程  3月27日(土)一般発表,懇親会
         3月28日(日)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会
         3月29日(月)巡検

5.一般発表の申し込み
 一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表があります.いずれの形式も発表としては同格です.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は会員に限ります.①口頭発表は1人につき1題とします.ただし,ポスター発表やシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.口頭発表は発表時間15分,質疑応答4分です.大会運営上の要請から発表時間を指定しますので,各自の発表の日時は,後日発表されるプログラムを参照して下さい.発表に際してプロジェクターは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.②ポスター発表は1人につき1題とします.ただし,口頭発表やシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.ポスター発表は展示場所と1~2時間程度の質疑応答の時間帯を指定しますので,この間に展示の場所で20分以上の口頭説明を行って下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90㎝×高さ180㎝×1枚です.会場での資料等の配布は自由です.
一般発表はJ-STAGEへ登録の上,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下送付,もしくは郵送の受付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,上記ホームページ掲載(予定)の記事を参照下さい.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月21日(木)までに集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループの会場申し込み
 研究グループの集会は,3月28日(日)13時~17時の間に設定する予定です.会場を用意しますので,開催希望グループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時とさせていただきます),④参加見込み人数を文書(書式自由)で,1月21日(木)までに,日本地理学会集会専門委員会宛に申し込んで下さい(e-mailも可).会場に限りがあるので,御希望に添えない場合もあります.また,会場校では研究グループの発表に関わる準備は行いません.会場校の負担軽減および一般発表の充実に御協力下さい.

地理学評論 第82巻 5号(2009)

●論 説
花崗岩の化学的風化における溶解特性に関する実験的研究 高屋康彦・廣瀬 孝・389-401
北海道大規模畑作地帯における社会関係からみた農地移動プロセス *吉田国光・402-421
ミネソタ州ツインシティ都市圏における非政府・非営利セクターによる難民への職住斡旋支援 小田隆史・422-441
近代八重山のマラリアと集落存続 髙橋品子・442-464

●総 説
北海南部大陸沿岸における完新世海水準変動研究史と微変動の可能性 藤本 潔・465-490

●書 評
伊藤安男:台風と高潮災害――伊勢湾台風――(有薗正一郎)・491
イザベラ・バード著,時岡敬子訳:イザベラ・バードの日本紀行(佐々木 博)・491-494
篠田雅人編:乾燥地の自然(水野一晴)・494-495
P. グールド・F. ピッツ編,杉浦芳夫監訳:地理学者の声――アメリカ地理学者の自伝エッセイ集――(二村太郎)・495-498

2009年秋季学術大会プログラム・499-517
学界消息・518
会  告・表紙 2 および 519
2010年春季学術大会のお知らせ(第1報)・表紙 2

※ 吉田国光氏の「吉」の字の正式な表記は「土」に「口」になります.

2010年春季学術大会におけるシンポジウムの募集

2010年春季学術大会において,シンポジウムの開催を提案する会員は,10月30日(金)までに,
 (1)テーマ,
 (2)オーガナイザー,
 (3)200字以内の趣旨,
 (4)連絡先,
を記した提案書をe-mailもしくはFAX(03-3815-1672)にて集会専門委員会までお送り下さい.

原則としてシンポジウムは2日目の午後に時間を設定します.会場の都合により,シンポジウムの開催時間は4時間以内とさせていただきます.御希望にそえない場合があるかもしれませんが,その節は御了承下さい.また,2009年度よりシンポジウム報告をE-journal GEOに掲載することが義務付けられました.原稿提出期限は春季大会5月末,秋季大会11月末です.執筆要領等はホームページ(日本語トップページ→機関誌→E-journal GEO)のE-journal GEO投稿規定を御覧下さい.なお,シンポジウムに関わる補助金の申請があれば同時に行って下さい(申請様式はホームページ(日本語トップページ→お知らせ→補助金関係)よりダウンロードできます).理事会にて検討の上,決定します.

2010年春季学術大会のお知らせ(第1報)

2010年日本地理学会総会および春季学術大会を下記のとおり開催いたします.

1.期  日 2010年3月27日(土)~3月29日(月)
       (ただし総会・代議員会は3月26日(金)に予定)
2.会  場 法政大学
3.連絡先 〒102-8160 東京都千代田区富士見2-17-1
         法政大学文学部地理学教室 電話 03-3264-9457
          大会実行委員長 山本 茂  e-mail: geogr@hosei.ac.jp
4.日  程 3月27日(土)一般発表,懇親会
        3月28日(日)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会
        3月29日(月)巡検

2009年秋季学術大会のご案内(10/19 更新)

期 日 : 
2009年10月24日(土)~27日(火)
代議員会は 10月24日(土)

会 場 : 

琉球大学 千原(せんばる)キャンパス


大会案内 (日程・会場 ・ 諸費用)

会場案内 (交通・食事・宿泊施設)

発表者の方へ


▼ プログラム ▼

シンポジウム・一般研究発表(PDF)

公開シンポジウム

  • 琉球列島における津波災害
  • ジオパークと大地の遺産百選
  • 琉球列島における地元主導のツーリズムと自然保護との共生
  • 海とヒトの地理学――変動する自然・社会と漁業文化の現在――
  • 琉球弧に吹く新しい風と持続可能な社会への模索
  • 熱帯河川の減災に向けた課題
  • サンゴ礁をめぐる自然と人間の関係誌

公開講座

地理教育公開講座
  • 地理教育,はじめの一歩はどうするの?

報告者:荒木一視(山口大),川田 力(岡山大),西岡尚也(琉球大)
コメンテーター:儀間奏子(名護市立大北小),中村謙太(八重瀬町立東風平中)

巡 検

  • 亜熱帯の地形と地形プロセス:サンゴ礁,波食棚,泥岩丘陵,台風石,海食崖,地すべり
  • 沖縄の基地とまちづくり
  • シマンチュ(島人)ガイドのエコツアー

各研究グループの研究例会


会 告


日本地理学会トップページへ

地理学評論 第82巻 4号(2009)

●論 説
環境問題論争における空間スケールに応じた争点の相異と運動の連帯――韓国・ セマングム干拓問題を事例として―― 淺野敏久・金 木斗 哲・伊藤達也・平井幸弘・277-299
南西諸島の地域名称の歴史的および政治的背景 水谷知生・300-322

●短 報
サポートベクターマシンを用いた気圧配置検出手法の提案――西高東低冬型を対象として―― 木村広希・川島英之・日下博幸・北川博之・323-331
日本における中国人旅行者行動の空間的特徴 金 玉実・332-345
鉛直構造に着目した空っ風の気候学的研究 宮 由可子・日下博幸・346-355

●書 評
石井英也編著:景観形成の歴史地理学――関東周辺の地域形成――(青木栄一) ・356-358
渡辺悌二編著:登山道の保全と管理(自然公園シリーズ1),
 小林昭裕・愛甲哲也編著:利用者の行動と体験(自然公園シリーズ2),
 加藤峰夫:国立公園の法と制度(自然公園シリーズ3).(小泉武栄)・358-359
松田磐余:江戸・東京地形学散歩――災害史と防災の視点から――(田村俊和)・359-360

地理学関係博士論文要旨(2008年度)・361-373

学界消息・374-376
日本地理学会春季学術大会および総会・春季代議員会記事・377-381
2009年度社団法人日本地理学会総会記事・382-384
会  告・表紙 2, 3 および 385-388
2009年秋季学術大会のお知らせ(第 3 報)・表紙 2, 3

2009年秋季学術大会のお知らせ(第3報)

2009年度の日本地理学会秋季学術大会を,下記の通り開催します.
1.日 程   10月24日(土)一般発表,懇親会
        10月25日(日)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会
        10月26日(月)巡検
2.会 場  琉球大学(〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1)
3.連絡先  西岡尚也(教育学部)   電話 098-895-8410   e-mail: nishioka@edu.u-ryukyu.ac.jp
       大石太郎(法文学部)   電話 098-895-8262   e-mail: toishi@LL.u-ryukyu.ac.jp
4.一般発表の形式と方法
一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表があります.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は日本地理学会の会員に限ります.
①口頭発表は1人につき1題とします.ただし,ポスター発表やシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.口頭発表は発表時間15分,質疑応答4分です.発表に際してプロジェクターは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.プロジェクターをお使いになる場合,Windows版のPowerPoint 2003で正常に表示されることを確認したファイルをUSBフラッシュメモリに保存して御持参下さい.フロッピーディスクの使用はできません.
②ポスター発表は1人につき1題とします.ただし,口頭発表とシンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.ポスター発表は展示場所と1~2時間程度の質疑応答の時間帯を指定しますので,この間に展示の場所で20分以上の口頭説明を行って下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚です.発表スペースに制約がありますので,御要望に添えないこともあります.会場での資料等の配布は自由です.
5.一般発表の申し込み
一般発表はJ-STAGEへ登録の上,発表要旨集版下原稿のPDF版下送付,もしくは発表要旨集版下原稿(郵送受付)の受付をもって申し込みとします.J-STAGEの登録期間は2009年7月1日(水)正午~7月16日(木)14時,発表要旨集版下原稿の受付締め切りは7月16日(木)です.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,日本地理学会ホームページの「2009年秋季学術大会発表予定者へのお知らせ」を参照下さい.
なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,7月16日(木)までに集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.
6.研究グループの会場申し込み
研究グループの集会は,10月25日(日)13時~17時の間に設定する予定です.部屋を用意しますので,開催を希望するグループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時とさせていただきます),④参加見込み人数を文書(書式自由,e-mailも可)で,7月16日(木)までに,日本地理学会集会専門委員会宛に申し込んで下さい.会場に限りがありますので,御希望に添えない場合もあります.なお,会場校では研究グループの発表に関わる準備は行いませんので,御了承下さい.
7.大会・懇親会の参加費
大会参加費は正会員2,000円,正会員(学生会員)1,500円,一般(非会員)2,500円です.懇親会費は5,000円(院生・学生3,000円)です.
8.巡検の内容,参加申し込み,参加費
巡検の内容,参加申し込みは,学会のホームページを参照下さい.申込み締切りは8月31日(月)です.
第1班「亜熱帯の地形と地形プロセス」(参加費3,000円,募集人数30名)
 コ ー ス:パレット久茂地前-荒崎海岸波食棚・海食崖・台風石-具志頭海岸サンゴ礁・海食崖-玉泉洞(昼食)-南城市仲間一帯泥岩丘陵-中城村北上原地すべり-那覇空港(1次解散)-パレット久茂地前(解散)
 申 込 先:前門 晃(e-mail: maekado@ll.u-ryukyu.ac.jp)
第2班「沖縄の基地とまちづくり」(参加費3,000円,募集人数35名)
 コ ー ス:沖縄県議会棟前-(那覇新都心)-(北谷町:アメリカンビレッジ)-北谷町砂辺地区の外国人アパート群-道の駅「かでな」-(読谷飛行場跡)-(ホテル日航アリビラ付近)-御菓子御殿読谷本店(昼食)-金武町:米軍基地門前町の新開地-自然体験学習施設ネイチャーみらい館-(沖縄市コザゲート通り)-泡瀬干潟-(北中城村大城集落)-那覇空港-沖縄県議会棟前
 申 込 先:崎浜 靖(e-mail: sakihama@okiu.ac.jp)
第3班「シマンチュ(島人)ガイドのエコツアー」(参加費12,000円,募集人数15名)
 コ ー ス(第1日):琉球大学(集合)-恩納集落(昼食)-万座毛周辺(エコツアーに参加)-恩納村の民宿
 コ ー ス(第2日):恩納村の民宿-冨着・仲泊・山田集落(エコツアーに参加)-那覇空港(解散)
 申 込 先:尾方隆幸(e-mail: taka@edu.u-ryukyu.ac.jp

地理学評論 第82巻 3号 (2009)

●論 説
都市システムの変化と過疎地域対策 森川 洋・167-187
合併地域における介護保険の事業特性に関する旧市町村間の差異――「介護保険事業状況報告」による保険者別データの比較から――
 杉浦真一郎・188-211

●短 報
宮崎県都城市における国産材製材業の生産構造の変化と原木供給 番匠谷省吾・212-226
京都市西陣地区における京町家の建替えの要因分析 花岡和聖・中谷友樹・矢野桂司・磯田 弦・227-242
2007年能登半島地震発生時における地域住民の津波に関する意識と災害回避行動 青木賢人・林 紀代美・243-257

●書 評
森川 洋:行政地理学研究(横山昭市)・258-259
地学団体研究会新潟支部新潟県中越沖地震調査団:柏崎・刈羽をおそった地震の被害と地盤(渡辺満久)・260-261
田部俊充:アメリカ地理教育成立史研究――モースとグッドリッチ――(斎藤 毅)・261-263
松倉公憲:地形変化の科学――風化と侵食――,松倉公憲:山崩れ・地すべりの力学――地形プロセス学入門――(斉藤享治)・263-264
佐野静代:中近世の村落と水辺の環境史――景観・生業・資源管理――(溝口常俊)・264-266
青木栄一:交通地理学の方法と展開(正井泰夫)・266-268

吉川虎雄先生の御逝去を悼む・269-270
学界消息・271-273
会  告・表紙2, 3 および 274-276
2009年秋季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2, 3 

2009年秋季学術大会巡検のお知らせ

 10月26日(月)~27日(火)に以下の3班の巡検を実施いたします.第1班および第2班は日帰り,第3班は1泊2日です.参加希望者は,参加巡検班・氏名・住所・電話番号・メールアドレス・所属を記載の上,各班の申込先にe-mailまたは往復ハガキでお送り下さい.申し込みの締切は8月31日(月)です.

第1班「亜熱帯の地形と地形プロセス:サンゴ礁・波食棚・泥岩丘陵・台風石・海食崖・地すべり」
第2班「沖縄の基地とまちづくり」
第3班「シマンチュ(島人)ガイドのエコツアー」


第1班「亜熱帯の地形と地形プロセス:サンゴ礁・波食棚・泥岩丘陵・台風石・海食崖・地すべり」

  • 主旨:沖縄は小笠原諸島とともにわが国で唯一亜熱帯の気候を有する地域である.そこでは第三紀泥岩からなる丘陵,更新世琉球石灰岩からなる波食棚・海食崖,および完新世サンゴ礁といった地形が形成されている.これらの地形がどのような形状をもつ地形なのか,そして,これらの地形がどのような地形プロセスで,どのように発達してきたかを,これまでの研究成果に基づいて議論する.
  • 集 合:10月26日(月)9時,那覇市パレット久茂地前
  • 解 散:那覇空港16時30分(1次),那覇市パレット久茂地前17時(2次)
  • コース:パレット久茂地前-荒崎海岸波食棚・海食崖・台風石-具志頭海岸サンゴ礁・海食崖-玉泉洞(昼食)-南城市仲間一帯泥岩丘陵-中城村北上原地すべり-那覇空港(1次解散)-パレット久茂地前(解散)
  • 案内者:河名俊男(元琉球大),前門 晃(琉球大),小暮哲也(筑波大)
  • 募集人数:30名(先着順,雨天決行)
  • 参加費:3000円(昼食代含む)
  • 地形図:1/2.5万「沖縄市南部」,「那覇」,「糸満」,「知念」,「喜屋武岬」
  • その他:この巡検は海岸の険しい場所も歩きますので,底の厚い靴での参加が望まれます.
  • 申込先:〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地琉球大学法文学部
  •       前門 晃(e-mail: maekado@ll.u-ryukyu.ac.jp)


第2班「沖縄の基地とまちづくり」

  • 主旨:沖縄県における60年以上に及ぶ米軍基地の存在は,各市町村における基地の撤去・移設に向けた運動と,共存に向けた動きの混在という複雑な状況を生み出した.本巡検では,米軍基地の門前町(金武町,沖縄市コザ)や外国人アパート群の形成(北谷町),アメリカ軍駐留を通して芽生えたアメリカ風文化とそのイメージを活用したまちづくり(北谷町,沖縄市コザ)を見て回る.さらに,基地依存からの脱却を念頭に農業(紅芋)と観光をいかした地域づくりに取り組む読谷村や自然を生かしたエコツーリズムの取り組み(金武町)など,新しいまちづくりの現状もみる.また,近年進展してきた基地返還跡地の利用状況だけでなく(那覇新都心,北谷町ハンビー飛行場跡地,読谷村補助飛行場及びボーロー飛行場跡地など),狭小性という離島特性と広大な基地の存在を背景に戦後及び復帰後を通して続けられてきた埋め立て事業について,泡瀬干潟を事例に紹介する.
  • 集 合:10月26日(月)8時30分,沖縄県議会棟前
  • 解 散:那覇空港17時(1次),沖縄県議会棟前17時30分(2次)
  • コース:沖縄県議会棟前-(那覇新都心)-(北谷町:アメリカンビレッジ)-北谷町砂辺地区の外国人アパート群-道の駅「かでな」-(読谷飛行場跡)-(ホテル日航アリビラ付近)-御菓子御殿読谷本店(昼食)-金武町:米軍基地門前町の新開地-自然体験学習施設ネイチャーみらい館-(沖縄市コザゲート通り)-泡瀬干潟-(北中城村大城集落)-那覇空港-沖縄県議会棟前
  • 案内者:崎浜 靖・上江洲薫・小川護(沖縄国際大),濱里正史(沖縄ライフプラン総合研究所),堂前亮平(久留米大)
  • 募集人数:35名(先着順,雨天決行)
  • 参加費:3,000円
  • 地形図:1/2.5万「那覇」,「沖縄市北部」,「沖縄市南部」,「高志保」,「残波岬」,「金武」
  • 申込先:〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾二丁目6番1号 沖縄国際大学南島文化研究所
          崎浜 靖(e-mail: sakihama@okiu.ac.jp)
          〒901-2701 沖縄県宜野湾市宜野湾二丁目6番1号 沖縄国際大学経済学部
          上江洲 薫(e-mail: kuezu@okiu.ac.jp)


第3班「シマンチュ(島人)ガイドのエコツアー」

  • 主旨:沖縄島中部の恩納村では,サンゴ礁海岸およびその上流に位置する山地・丘陵でのリゾート・農地開発が激しく進んでおり,開発と自然保護との共生が強く求められている.本巡検では,干潟の保全活動などに取り組みながら長年エコツアーを実践している「恩納村エコツーリズム研究会」の仲西美佐子氏によるガイドツアーに参加し,エコツアーとしての自然・人文資源と,その適正な利用方法について議論する.第1日は砂浜海岸・岩石海岸の地形や海浜植生の観察を主体とするコース,第2日は集落を歩きながら沖縄の文化に触れることを主体とするコースになる.
  • 集 合:10月26日(月)8時,琉球大学附属図書館前
  • 解 散:10月27日(火)13時,那覇空港
  • コース(第1日):琉球大学(集合)-恩納集落(昼食)-万座毛周辺(エコツアーに参加)-恩納村の民宿
  • コース(第2日):恩納村の民宿-冨着・仲泊・山田集落(エコツアーに参加)-那覇空港(解散)
  • 案内者:小野有五(北海道大),尾方隆幸(琉球大)
  • 募集人数:15名(先着順,雨天決行)
  • 参加費:12,000円(宿泊費・エコツアー参加費・現地までの往復交通費を含む.ただし参加者数によって若干前後する可能性あり)
  • 地形図:1/2.5万「名護南部」「石川」「金武」
  • その他:第1日もしくは第2日いずれかの参加を希望する場合は申込時に相談のこと.
  • 申込先:〒903-0213 沖縄県中頭郡西原町字千原1番地 琉球大学教育学部
  •       尾方隆幸(e-mail: taka@edu.u-ryukyu.ac.jp)