地理学評論 第81巻 8号 (2008)

●論 説
砺波平野における農業生産法人の展開と地域農業の再編 大竹伸郎・615-637
徳之島における闘牛の存続と意義 石川菜央・638-659  

●短 報
明治初期の神奈川県における外国人遊歩規程測量 上西勝也・660-670  
子どもの遊び行動と知覚環境の発達プロセス 吉田和義・671-688

●書 評
渡辺理絵:近世武家地の住民と屋敷管理(溝口常俊)・689-690
植木岳雪・酒井 彰:青梅地域の地質, 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)
 (久保純子)・691-692
E.B.ボウルズ著, 中村正明訳:氷河期の「発見」
S.R.ワート著, 増田耕一・熊井ひろみ共訳:温暖化の<発見>とは何か
 (山下脩二)・692-694
山下清海編:エスニック・ワールド--世界と日本のエスニック社会--(森本 泉)・694-696
荒井良雄・岡本耕平・田原裕子・柴 彦威編:中国都市の生活空間(石原 潤)・696-698千田 稔編:アジアの時代の地理学(三木理史)・698-699

学界消息・i-ii
会  告・表紙2およびiii-v
 2009年春季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2008年11月10日