学会情報

2019年度若手研究者国際会議派遣助成の公募のお知らせ(第2報)

 本会では2014年度より,若手会員の国際会議派遣の助成事業を行っています.下記の通り,2019年度の研究助成の申請を受け付けますので,ふるって御応募下さい.
                                                                                                           公益社団法人日本地理学会 理事長 松原 宏  

 

                                                                                                記

 

助成対象: 2019年に開催されるIGU(国際地理学連合)の活動に係る研究集会(IGC,地域大会,プレコングレス,コミッションの研究集会など)において,研究発表を行う本会の40歳未満(2019年4月1日現在)の会員に対して,1件あたり25万円を限度に助成します.採択数は3~5件程度です.

助成の主な内容:

1.研究集会に参加して発表するための旅費(交通費・宿泊費など)および参加登録料の一部を助成します.

2.本助成の申請者は,個人発表者または連名発表の筆頭発表者に限ります.申請は,申請者一人につき1件です.

3.他の国際会議派遣助成等との重複申請をする場合には,その旨,申立書に記入してください.他の国際会議派遣助成等と重複して,本助成を受けることはできませんので,他の国際会議派遣助成等の採択が判明し,本助成を辞退する場合には,速やかに学会事務局に申し出て下さい.

4.本助成による研究発表の内容に係る科学研究費を含む他の研究助成を受けている場合には,本助成に申請する理由を申立書に記入して下さい.

5.本助成を受けた方は,研究発表終了後,1ヵ月以内に会計報告書(航空代金の領収証,航空搭乗券の半券を添付)および発表報告書を学会事務局に提出しなければなりません.発表報告書の内容は,(1)研究発表の概要(1,000字程度),(2)研究発表の成果(400字程度),(3)その他(200字程度)とし,提出された報告書は,E-journal GEOに掲載されます.

申請書・申立書若手研究者国際会議派遣助成申請書および申立書2015.docx

申請締切:2019年5月11日(土)

申請方法:申請書を本学会事務局(office@ajg.or.jp)へ電子メールの添付ファイルで送って下さい.

交付の決定:2019年6月中旬予定

若手研究者国際会議派遣助成取扱規程

 

 

西日本豪雨災害対応本部を解散しました

平成30年7月豪雨(西日本豪雨)の災害対応本部(本部長:松原 宏 理事長)は,2019年3月末に解散しました.
関連情報については,下記のリンクをご覧下さい.

・日本地理学会災害対応委員会

・平成30年7月豪雨(西日本豪雨)[日本地理学会災害対応委員会内のサイト]

教員公募のお知らせ

福岡大学

所属・人員 人文学部文化学科 講師または准教授1名.
詳細 http://www.hum.fukuoka-u.ac.jp/recruit
応募締切 2019年5月31日(金)必着.

教員公募のお知らせ

筑波大学

所属・人員 計算科学研究センター(地球環境研究部門)国際テニュアトラック教員助教 1名
詳細 https://www.ccs.tsukuba.ac.jp/recruit_20190422/ (日本語版)
   https://www.ccs.tsukuba.ac.jp/recruit_20190422eng/ (英語版)
応募締切 2019年4月22日(月)必着

研究員公募のお知らせ

長野県環境保全研究所

所属・人員:長野県環境保全研究所 1名(任期付き研究員)
詳細 https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119031488&ln_jor=0
応募締切 4月12日(金)(必着).