学会情報

G空間EXPO2013 日本地理学会主催シンポジウム

日時:20131116日(土)14:3016:40

会場:日本科学未来館イノベーションホール

タイトル:地理の魅力再発見! ~未来を創る地理教育~

趣旨:

未来を担う子どもたちが「地理的な見方・考え方」を身につけることは,将来の国土デザインや持続可能な地球環境の再生を果たすうえで大きな意味を持ちます.しかしながら一方で,地図嫌い,あるいは地理を敬遠する子ども達が増えてきているという声も聞かれます.本シンポジウムでは地理学,特に学校教育における地理の魅力を再考し今後の地理教育の在り方を問い直します.まず前半では,3名のゲストスピーカーから,初等教育段階における子どもの空間認知,高校地理教育における新たな取り組み事例,そしてフィールドワークの楽しさなどについて話題提供いただきます.後半のパネルディスカッションでは,これらの話題を踏まえて,楽しみながら地理を学ぶ方法や未来の創造にあたって地理教育が果たすべき使命について議論します.

G空間EXPO2013 ポスター

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2013年10月04日

2013年度小林浩二研究助成の申請案内

日本地理学会では,小林浩二会員から寄贈された資金をもとに,ヨーロッパに関する地理学的な地域研究を振興・発展させるために,新たな研究助成制度を開始します.下記の通り,研究助成の申請を受け付けますので,ふるって御応募下さい.

                                公益社団法人日本地理学会 理事長 荒井良雄

助成対象:本学会の40歳未満(申請時直後の41日現在)の会員によるヨーロッパに関する調査・研究に対し,25万円を助成します.採択数は毎年度2件程度です.なお,本助成を受けた者は,調査・研究結果を2年以内に本学会学術大会及び国際的な研究発表の場において発表しなければなりません.

小林浩二研究助成申請書.doc

申請期間2013111日~1130

申請方法:申請書を本学会事務局(office@ajg.or.jp)へ電子メールの添付ファイルで送って下さい.

交付の決定20133月.採択者には,20143月末の春季学術大会時に研究助成交付証を授与します.

 

公益社団法人日本地理学会「小林浩二研究助成」取扱規程

20125月承認

(目 的)

1条 この規程は,公益社団法人日本地理学会(以下,本学会とする.)寄付金等取扱規程第2(3)に規定する特別寄付金として,小林浩二会員から寄贈された資金を原資に設置された「小林浩二研究助成」に関して必要事項を定めるものである.

(趣 旨)

2条 本助成は,小林浩二会員による寄贈の趣旨に沿い,ヨーロッパに関する地理学的な地域研究を振興・発展させるために,本学会の若手会員によるヨーロッパに関する調査・研究の助成に充当する.

(助成の対象)

3条 本助成による助成対象者は,本学会の40歳未満(申請時直後の41日現在)の会員とする.

(助成の申請)

4条 本助成を受けようとする者は,別に定める様式の申請書に必要事項を記入し,本学会理事長宛に申請するものとする.

  2 申請の受付期間は,毎年111日から11月末日までとする.

(申請の審査)

5条 申請に対する助成の可否については,本助成審査委員会(以下「委員会」という.)で審査する.

  2 委員会は,理事長が指名する会員5名で構成する.

  3 委員会は,定款第4条及び本規程第2条の趣旨に基づいて助成候補者を選考する.

  4 委員会は,審査結果を翌年1月末日までに理事長に答申する.

(助成の決定)

6条 理事長は,委員会の答申に基づいて採択者を決定し,申請者に審査結果を文書で通知するとともに,ホームページで公開する.

(助成額および助成件数)

7条 助成額は,別に定める金額とする.

  2 助成件数は,財務状況を勘案して理事長が定める.

  3 助成金の交付時期については別に定める.

(義 務)

8条 本助成の交付を受けて行われた調査・研究については,調査実施後に報告書を理事長に提出しなければならない.

  2 調査・研究結果については,2年以内に本学会学術大会及び国際的な研究発表の場において発表を行わなければならない.

  3 本助成の交付を受けて行われた調査・研究をもとに論文または著書を発表する際には,本助成による助成研究である旨を明記しなければならない.

(助成事業の終了)

9条 本助成事業は,本助成の残額がなくなり次第終了する.

(規程の変更)

10条 この規程を変更するときは,理事会の承認を得なければならない.

付 則

  1 この規程の施行に関し,必要な事項は別に定める.

  2 この規程は,公益社団法人日本地理学会設立の日から施行する.

 

公益社団法人日本地理学会「小林浩二研究助成」に関する内規

 

 この内規は,公益社団法人日本地理学会「小林浩二研究助成」に規定する研究助成事業を実施するための具体的な手順を定めるものである.

1.総務専門委員会は,助成募集要項と助成申請書の書式を作成する.

2.助成募集要項は学会誌,ホームページ等で公示し,周知に努める.助成申請書については学会ホームページからダウンロードできるようにする.

3.助成対象となる研究は,ヨーロッパに渡航して実施するものとする.

4.助成は個人研究に限り,申請は,申請者一人につき1件とする.申請する調査・研究の期間は,1年以内とする.また,同一テーマで既に他の助成金あるいは補助金等を支給されている場合,重複申請することはできない.ただし,他の助成金あるいは補助金等の申請と同時に本助成に申請することはできるが,前者が支給されることになった場合,本助成は無効とする.

5.助成額および助成件数に関して,当面の間,1件当たりの助成額は25万円を限度とし,採択数は毎年2件程度とする.

6.助成を受けた者は,助成期間終了後1ヵ月以内に,領収書を添付した会計報告(明細書)1部を本学会宛てに提出する.

 
 

日本地理学会出版助成について

日本地理学会出版助成の申請受付期間は,61日から630日までです.詳しくは学会ホームページを御覧下さい.

http://www.ajg.or.jp/20130309/1281/

IGU E-NEWSLETTER New Series 6 April 2013 について

IGU
E-NEWSLETTER New Series 6 April 2013
についてはこちらをご参照下さい。

 

日本地理学会出版助成申請について

 2013年度日本地理学会出版助成申請受付期間は,6月1日から6月30日までです.本年度も下記のとおり出版助成の申請を受け付けますので,出版社と御相談の上,ふるって御応募下さい.

出版助成の対象となる図書:地理学に関する学術図書
申請期間:2013年6月1日~6月30日
申請に必要な書類等:申請書,完成稿(1部),完成稿をPDF形式の電子ファイルに変換したものを7部,出版社による出版見積書及び出版確約書.
 なお,電子ファイルは一つのファイルにまとめると読みづらくなりますので,章ごとに分けるなど複数のファイルに分割し,内容がわかるような名前のファイル名で,CDまたはDVD(表面に申請者名,書名を記入)に保存して下さい.提出いただいた電子ファイルは,選考終了後,申請者へ返却します.
 助成決定後,タイトル・部数・価格などは原則として変更できませんが,ページ数については25%未満の増減内で変更は可能です.
 申請書の様式は,学会ホームページからダウンロードして下さい.
申請方法:出版を希望する出版社から,必要書類等一式を日本地理学会理事長宛に提出してください.
提出先:〒112-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内
 公益社団法人日本地理学会事務局
助成金額及び採択数:1件当たりの助成額は70万円を限度とし,採択数は本年度は2件程度とします.
交付の決定:2013年9月.申請者に対して,秋季学術大会時に出版助成交付証を授与します.
出版期限:2014年3月末日
助成金の支払い:助成金は,実績報告書と刊行された図書1部が日本地理学会事務局に提出された後,2014年4月に出版社に対して支払われます.

 

申請書様式(MS-Word形式)

 

申請書 syuppan_sinsei.doc

出版見積書 mitsumori2013061.doc

出版確約書 kakuyaku2013061.doc

実績報告書 josei_hokoku20130601.doc

 

 

 

公益社団法人日本地理学会出版助成規程(2012年4月)

(目的)
第1条 この規程は,公益社団法人日本地理学会定款(以下「定款」という.)第4条(2)に規定する事業のうち研究の奨励に該当する出版助成に関して必要事項を定めるものである.
(助成の意義)
第2条 出版助成は,地理学に関する学術図書の刊行を希望する者に対して,その出版に必要な経費の一部を助成することにより,地理学研究の振興と社会への貢献に寄与することを目的とする.
(助成の対象)
第3条 出版助成の対象となる図書は,地理学に関する学術図書とする.
(助成の申請)
第4条 この出版助成を受けようとする者は,別に定める様式の申請書に必要事項を記入し,完成稿およびその電子ファイルを,出版社による出版見積書と出版確約書を添えて,出版を希望する出版社から日本地理学会理事長宛に申請するものとする.
2 申請資格のある出版社は,学術出版に実績をもつ出版社とする.
3 申請の受付期間は,毎年6月1日から6月30日までとする.
(申請の審査)
第5条 申請に対する助成の可否については,出版助成委員会で審査する.
2 出版助成委員会は,審査結果を同年8月末日までに理事長に答申する.
(助成の決定)
第6条 理事長は,出版助成委員会の答申に基づいて採択者を決定し,申請者に審査結果を文書で通知する.
(助成額および助成件数)
第7条 助成額は,出版に必要な直接経費の一部として,別に定める金額とする.
2 助成件数は,財務状況を勘案して理事長が定める.
(出版の期限)
第8条 助成を申請した出版社は,助成が決定した図書を翌年3月末日までに出版しなければならない.
(助成金の交付)
第9条 助成金は,実績報告書と刊行された図書1部が日本地理学会事務局に提出された後に,出版社に対して申請の翌年4月に支払われる.
(義務)
第10条 この出版助成の交付を受けて出版された図書には,「本書は公益社団法人日本地理学会出版助成を受けて刊行されたものである」旨を明記しなければならない.
(著作権)
第11条 本出版助成による図書の著作権は,著者に帰属する.
(助成決定の取消)
第12条 理事長は,申請書通りに図書が出版されない場合,または期限までに図書が出版されない場合には,出版助成の交付決定を取り消すことができる.

30 / 31« 先頭...1020...2728293031