学会情報

2016年秋季学術大会のお知らせ(第3報)8.巡検計画の概要および参加申込み

8巡検計画の概要および参加申込み

巡検は,先着順に必要事項を記入したメールで受け付けます.巡検に参加を希望される方は,各斑の参加申し込みの必要事項を記入し,下記のアドレスにお送り下さい.申込み締切りは第192日(金),第2班,第3班は831日(水)です.折り返し,参加費の支払方法と当日の案内をお知らせします.

 

第1班 「栗駒山麓ジオパーク」自然災害との共生と豊穣の大地の物語を巡る

趣旨

この巡検は,日本地理学会のジオパーク対応委員会と栗駒山麓ジオパーク推進協議会が中心となって行うものである.栗駒山麓ジオパークは,2008年に岩手・宮城内陸地震で大きな被害を受けた宮城県栗原市が震災復興の一環として整備したもので,20159月に日本ジオパークネットワークに認定された.本巡検では,栗駒山麓ジオパークの山岳~平野~湿地という多様な環境をジオガイドとともに巡りながら,地震による巨大地滑り地形と防災教育のあり方,栗原市の豊かな耕土と水との関わり,ラムサール条約の締結地である伊豆沼の環境保全について学習し,意見交換をする.

集合 102日(日)930分 JR新幹線くりこま高原駅

解散 102日(日)1630分 JR新幹線くりこま高原駅

コース

JR新幹線くりこま高原駅(集合)―栗駒山麓ジオパーク(荒砥沢巨大地滑り地形―栗駒山―いわかがみ平―文字地区―細倉鉱山跡―伊豆沼周辺)―JR新幹線くりこま高原駅

案内者

栗駒山麓ジオパーク推進協議会・宮城豊彦(東北学院大)・ジオパーク対応委員会;宮原育子(宮城学院女子大)・菊地俊夫(首都大学東京)・有馬貴之(帝京大)

募集人員 20

参加費 5,000円(バス代,ガイド料,ジオパーク弁当,施設入場料,保険代を含む)

その他

この巡検は,バスの移動以外は徒歩を中心としていますので,歩きやすい服装でご参加下さい.

申込締切り

92日(金)17時まで

なお,募集人員に達し次第,巡検参加の受付を締め切らせていただきますので,ご了承のほどよろしくお願いいたします.

参加申し込み・問合せ先

参加者氏名,住所,電話番号,メールアドレス,所属,会員・非会員の別を明記し,メールにて,下記宛先までお送り下さい.先着順に受け付けます.

宮原育子(宮城学院女子大) e-mail: miyahara@mgu.ac.jp

 

2班 海上から巡る港湾・いわき市小名浜の震災復興

趣旨

 福島県いわき市の北部は福島第一原子力発電所から30km圏内に位置し,原発事故による風評被害はいわき市の農産業および水産業に大きな影響をもたらした.とりわけ漁業は依然として試験操業が続いている.そのため小名浜魚市場は震災後の復興事業で高度衛生管理型市場に改修されたものの,十分な水揚げを確保できない状況にある.

 一方で小名浜港は常磐炭田の開発以降,商港としての整備が推進された.1951年には重要港湾に指定され,国際貿易港として発展してきた.現在は国際物流拠点としてポートアイランドが建設中であり,商港としての重要性は高まりつつある.

 本巡検では港湾内および水上でのフィールドワークを行い,漁港と商港という二つの性格を有する小名浜の復興の現状と課題について理解を深める.

集合 102日(日)7時 仙台駅東口

(東北福祉大学仙台駅東口キャンパス前)

解散 102日(日)16時 いわき市JR泉駅

(東京方面へは1629分発のJR常磐線ひたちを御利用下さい.本巡検のバスはJR泉駅解散後に仙台駅へ向かいます.仙台方面へお帰りの方はそのまま御乗車いただけます.)

コース

仙台駅東口―常磐道経由―小名浜魚市場―ら・ら・ミュウ会議室(講話:福島県における漁業の現状と課題・商港としての小名浜港の港湾整備)―いわきデイクルーズ乗船(小名浜港の産業施設)―泉駅―仙台駅東口

なお,荒天の場合は変更の可能性があります.

講話・協力(各組織所属の担当者からの説明あり)

福島県水産試験場

国土交通省東北地方整備局 小名浜港湾事務所

小名浜機船底曳網漁業協同組合

案内者

関根良平(東北大)・小田隆史(宮城教育大)・庄子 元(宮城教育大)ほか

募集人数 20

参加費  10,000

参加費にはバス代,クルーズ代,昼食代および資料代が含まれます.

その他

この巡検では,高線量による帰還困難区域を含む地域を通過いたします.

昼食後に乗船いたしますので,船酔いが不安な方は酔い止め薬を御持参下さい.

当日の気象・海象によっては出航取り止めとなる場合があります.

申込締切り  831日(水)

なお,募集人数に達し次第,巡検参加の受付を締め切らせていただきます.

参加申込み・問い合わせ先

参加者氏名,所属,住所,巡検当日連絡が可能な電話番号,メールアドレスを記入の上,メールにて下記までお申し込み下さい.連絡いただいた個人情報は主催者からの連絡にのみ使用させていただきます.

東北地理学会事務局 e-mail: tgajim@gmail.com

 

3班 仙台周辺の里山――大松沢丘陵の地形・自然資源とその利用/改変/保全

趣旨

かつて里山が広がっていた仙台市北方の大松沢丘陵には,1980年代以降,「仙台北部中核工業団地」が大規模に造成され,その景観は大きな改変を受けた.本巡検では,同丘陵の一角に1989年に開園した森林公園「昭和万葉の森」の地形や植生,過去の里山利用の痕跡などを見学しながら,里山環境を活かした森林公園のあり方,その利用管理をめぐる問題について討論と意見交換を行う.なお,この巡検は東北地理学会の「里山」研究グループとの共催として実施する.

集合

102日(日) 9:20 大衡村役場前(現地までの移動方法は下記)

8:25 仙台駅西口(青葉通り)エデン前24番バス乗場より「高速バス 仙台~大衡線」乗車

8:28  電力ビル前バス乗場からも乗車可能)

9:16 大衡村役場前到着

※自家用車で参加の場合,宮城県大衡村「昭和万葉の森」駐車場に9:30集合.

解散

102日(日)15:00 大衡村役場前(帰路は下記)

15:15 大衡村役場前より「高速バス 仙台~大衡線」乗車(16:07 仙台駅前到着)

内容

宮城県大衡村「昭和万葉の森」での徒歩観察

1.自然地形としての谷頭の微地形

2.薪炭林利用による人工地形

3.園内の植生と利用管理

4.「昭和万葉の森」開園の背景

※遊歩道を外れて歩く場合があります.虫対策も必要なため,肌の露出を避けた,歩きやすい服装で御参加下さい.なお小雨決行予定ですが,雨の程度によっては中止とさせていただくこともあります.

案内者

西城 潔(宮城教育大)・田村俊和(東北大・名誉)・古市剛久(北海道大)

募集人員  20

参加費   1,000円(資料代,保険代として)

(バス利用の場合,バス代往復1800円が必要です.万葉の森にはレストランもありますが,昼食持参をお勧めします)

申込み締切り 831日(水)

参加申込み・問合せ

参加者氏名,電話番号,メールアドレス,所属,会員・非会員,現地までの移動手段(バス・自家用車)を明記し,以下のメールアドレスへメールでお申し込み下さい.

西城 潔(宮城教育大)e-mail: saijo@staff.miyakyo-u.ac.jp 

 

 

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2016年09月26日

2016年秋季学術大会: 高校生ポスターセッション 発表リスト

東北大学で開催される秋季学術大会( http://www.ajg.or.jp/meetiing/2016autumn/)において、6回目となりました高校生ポスターセッションを開催いたします。
 
高校生が作成した計20件のポスターが掲示されますので、積極的なご参加をお願いいたします。
 
 
発表番号・発表タイトル・発表者(所属)
 
001 文京区ハザードマップを改善せよ
佐藤剛(筑波大学附属高校3年)
 
002 小学校校歌から見る地域の変容~宇治市・山科区・伏見区を比較して~
宮川経実 久世瑛之 児玉那奈美 岡山和樹 岡本笙 小田島瑛司 前田將宏 角田智哉 小原大季 前川尚瑶 駒井緑人 澤田季里(京都教育大学附属高等学校・地理クラブ)
 
003 若者の震災に対する意識を最も向上させる方法とは
松末海央(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
004 幸せをつなぐ割り箸
青柳菜々子(お茶の水女子大学附属高校・2年)
 
005 中等教育学校における防災教育の在り方
長野里音(神戸大学附属中等教育学校)
 
006 高校生徒の防災意識を高めるために効果的な訓練とは
吉田崇人(神戸大学附属中等教育学校)
 
007 東日本大震災において人々が求める震災遺構の残し方とは、外部刺激による回想なのか
澁谷祥子(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
008 東日本大震災による被災地のダークツーリズムにおける実用性はあるのか
井上奈緒(神戸大学附属中等教育学校)
 
009 紀伊半島南部における限界集落の現状と課題
杉原真子 西野宗一朗 前田佳蓮 堀真樹 小西知洋(清風南海高校・2年)
 
010 奄美大島大和村に伝わるノロ祭祀と高齢化に伴う課題
國司莉紗子(清風南海高校・2年)
 
011 福島県二本松・杉田地区の阿武隈川流域における浸水想定区域図の検証
安達直紀 遠藤愛夕(福島県立安達高等学校・3年、1年)
 
012 アフガニスタン難民の今
藤井瀬凪 佐々木洸哉(小野桜 宮城県塩釜高等学校・3年)
 
013 探録!!~塩釜の坂~
高橋七海 米澤瑶 村田百映(宮城県塩釜高等学校・3年)
 
014 災害発生時における外国人の避難
山本隼矢(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
015 高校生の意識調査から考える水俣病の認知のずれ
菊池尊(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
016 データから見た水俣病~水俣が変化してきた60年~
宮内大輝(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
017 水俣病はどのように教えられてきたか
渡部響介(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
018 減災アクションカードゲーム神戸版の開発から考えるよりよい神戸の防災教育とは
井川正規(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
019 『地球に優しい商品』って何?
八角拓耶 角川航成 平根秀康(仙台城南高等学校 特進科1年)伊藤恵(地理・教員・グローバル教育推進室室長)
 
020 『ルワンダの今』〜ジェノサイドから20年〜
久光はな 福山愛菜 館内香純(仙台城南高等学校 特進科1年)伊藤恵(地理・教員・グローバル教育推進室室長)

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2016年09月17日

2016年秋季学術大会: 高校生ポスターセッション募集の締切日を延長しました

日本地理学会2016年秋季学術大会における高校生ポスターセッション募集の締切日を下記のとおり,延長しました.
 
〔投稿期限〕
(旧) 2016年9月2日(金)23:59  
(新) 2016年9月9日(金)23:59
 
期限延長に伴う変更分については,下記URLの赤字部分をご参照下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2016年09月03日

2016年秋季学術大会: プログラム

2016年日本地理学会秋季学術大会におけるシンポジウム・一般研究発表・公開講座のプログラムは以下のとおりです.

timetable_2016_autumn_revised.pdf

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2016年08月27日

2016年度サマースクール「地図と測量の世界を知る」の申込期限を延長します

申込期限:8月10日(水)17時
 
申込方法:
ポスター用ファイルをダウンロードし、参加申込書に必要事項を記入の上、以下のFax番号まで送信して下さい。同様の情報を電子メールでお知らせ頂いても結構です。応募者多数の場合は抽選とします。
 
申込先:Fax 03-3815-1672
電子メール office@ajg.or.jp
 
※参加の可否は、8月下旬頃電子メールにてお知らせします。

 

June20_Final_SummerSchoolPoster.jpg

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2016年08月04日