学会情報

研究員公募のお知らせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構
 
所属・人員 地震津波海域観測研究開発センター 地震津浪予測研究グループ 特任技術研究員 1名
応募締切 2017年10月31日(火)必着
 
所属・人員 海洋掘削科学研究開発センター 研究員もしくは技術研究員 1名
応募締切 2017年11月8日(水)必着

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年09月21日

2017年秋季学術大会: 公開講座(GIS講習会)の申込期限を延長します

 2017年秋季学術大会(三重大学)の際にGIS講習会(主催:日本地理学会・三重大学,協力:ESRIジャパン)を開催します.申し込みを9月26日(火)まで延長しますので,ふるって御参加下さい.会員非会員に限らず参加できます.定員(37名)に達した時点で締め切ります. 
 
GIS講習会「地理必修化に向けたGIS教材作成講座」
日時:9月30日(土) 16時10分~17時50分
会場:三重大学キャンパス・教育学部2号館PC教室
内容:無料のオンラインGISと公開データを用いた地理教材作成を体験する.

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年09月21日

2017年秋季学術大会: 高校生ポスターセッション 発表リスト

 三重大学で開催される秋季学術大会において、8回目となりました高校生ポスターセッションを開催いたします。
 
 高校生が作成した計22件のポスターが掲示されますので、積極的なご参加をお願いいたします。
 
 
発表番号・発表タイトル・発表者(所属)
 
001 食料自給率を上げることは可能なのか
  岡部百合香・斎藤彩・安井唯華・谷田貝美優・吉本香音
  (お茶の水女子大学附属高等学校・2年)
 
002 私の一歩が世界を救う!~ウォーカソン実施32年の歩み~
  山本 瞳・田中 彩・橋本京佳・前川聖葵・大原千弥
  (セントヨゼフ女子学園高等学校・中学校 学園会役員(2年・1年))
 
003 松名瀬干潟の保全・それを維持するためには
  小山裕暉・美浪拓斗・川口拓途・水本凱也・林嘉音
  ・中谷唯人・山本洋輝・湊太雅・石井智也・小西伴尚
  (梅村学園 三重高等学校)
 
004 うなぎを持続可能にするために
  秋樂汐里・中野愛美・長澤奈央・山内のどか・横田琉夏
  (お茶の水女子大学附属高校・2年)
 
005 水エンゲル係数の実用性の検討
  野安紀子
  (宮城県仙台二華高等学校・3年)
 
006 ベトナムベンチェ省における各家庭の消費動向から読み解く・適切な貧困ライン
  高橋千尋
  (宮城県仙台二華高等学校・3年)
 
007 川の人気向上のための方策研究(広瀬川の経済価値の推定と意識構造の分析)
  尾形優太朗
  (宮城県仙台二華高等学校・3年)
 
008 「文化」を利用した地域の活性化
  石原瑞己・奥山眞治・橋倉郁人
  (三重県立松阪高等学校・2年)
 
009 台風の進路と海水温~台風の秘密を解明します~
  下村響胡・中瀬絢葉・上西優実花
  (三重県立松阪高等学校・2年)
 
010 鳥取と姫路城下町の比較  ~池田家由来の城下町~
  澤田海宏
  (鳥取県立鳥取西高校 2年)
 
011 雨水の新しい活用法
  上垣外明子・近藤祐月・龍野彩恵。坪井登和子
  (お茶の水女子大学附属高等学校・2年)
 
012 小豆島における地域振興の研究
  中尾俊介・矢嶋風夏・水嶋渉・川下慶和・樫勇岳・野田幸輝
  (洛星高等学校・地理部)
 
013 福知山を好きになる!好きにする!~10年後福知山へ帰ってくるために~
  2年10組有志
  (福知山成美高等学校)
 
014 ロシアとの日本酒ビジネス
  河村若奈
  (四日市高校・2年)
 
015 市境沿い通学路の洪水ハザードマップ作成  ~行政界の壁を越えて~
  福田浩崇
  (大阪高等学校・2年)
 
016 小学生への減災教育にて・目的に対する影響-神戸に・適する減災教育とは-
  酒井ひとみ・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
017 過去の震災を生かした減災教育
  上岡愛佳・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
018 人が生き残ることができる防災教育とは~災害時に働く心理バイアスに着目して~
  竹之下実結・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
019 山麓地域からの冷気にじみ出し現象の発生条件
  田村望海・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
020 災害時における惨事ストレスの課題と対策
  野尻裕矢・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
021 ジオパーク教育の課題と原因
  田畑帆奈美・瀧本家康
  (神戸大学附属中等教育学校・5年)
 
022 富山県舟橋村の人口増加要因
  木下陸・久保田充
  (富山県立雄山高等学校・3年・教諭)
 

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年09月14日

2017年度サマースクール「地図と測量の世界を知る」の申込期限を延長します

申込期限:8月18日(金)17時
 
申込方法:ポスター用ファイルをダウンロードし、参加申込書に必要事項を記入の上、以下のFax番号まで送信して下さい。同様の情報を電子メールでお知らせ頂いても結構です。応募者多数の場合は抽選とします。
 
申込先:Fax 03-3815-1672 電子メール office@ajg.or.jp
 
※参加の可否は、8月下旬頃に電子メールにてお知らせします。
 

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年08月28日

2017年秋季学術大会: 各研究グループの研究例会開催について

 1. 日時および会場

930日(土).会場はグループ名の後に示す.

 

2集会および話題提供

13時~15時開催

GISと社会研究グループ(人文学部校舎101教室)

三島啓雄(国立環境研):

みんなで聞いてみよう――鳥のこえで調べる福島県東部の鳥の今

 都市地理学研究グループ(人文学部校舎102教室

  杉谷真理子(松江高専):

住宅景観の形成要因に関する研究

神谷浩夫(金沢大):

現代日本の都市社会地理学

都市気候環境研究グループ(人文学部校舎第1演習室)

中村祐輔(立正大・院):

都市ヒートアイランド研究に対するPOTEKAデータ導入の試み

中島 虹(首都大・院)・高橋日出男(首都大)・

横山 仁(防災科学研)・常松展充(東京都環境研):

夜間の東京都心域における都市境界層の特徴――季節変化と時間変化

 新しい公共の地理学研究グループ(人文学部校舎第2演習室

研究グループ刊行書『ローカル・ガバナンスと地域』

(ナカニシヤ出版)合評会

少子高齢化と地域問題研究グループ人文学部校舎第3演習室)

農業・農村の地理学研究グループ人文学部校舎第4演習室)

国際経済・経営地理学研究グループ(人文学部校舎第5演習室)

藤井毅彦(東京大・院):

Location transfers of geography-related IT industries:

A case study in China since 1990

ジェンダーと空間/場所研究グループ(人文学部校舎第7演習室

土地利用・陸域変化研究グループ(人文学部校舎第8演習室)

地理学のアウトリーチ研究グループ人文学部校舎第9演習室)

 

15時~17時開催

地図・絵図資料の歴史GIS研究グループ人文学部校舎101教室)

坪井宏晃(中部大・院):

「土地宝典」を用いた昭和初期における旧「字」域の復元

――愛知県西春日井郡を事例に

都市の社会・文化地理学研究グループ(人文学部校舎102教室)

三浦尚子(埼玉大・非):

「地域」とのエンカウンターによる精神科病院入院患者の諸実践の変化

――関係論の地理を分析枠組みに据えて

モンスーンアジアの風土研究グループ(人文学部校舎第1演習室)

産業経済の地理学研究グループ人文学部校舎2演習室

勝又悠太朗(広島大・院):

愛知県瀬戸陶磁器産地における生産構造の変化と産地維持

持続可能な交通システム研究グループ(人文学部校舎3演習室)

自然保護問題研究グループ(人文学部校舎4演習室

島津 弘(立正大):

自然の”動きが景観をつくり出す

――山岳地域の自然景観の保全へ向けて

若松伸彦(横浜国立大):

南アルプスにおける自然環境保全に対する現状

――様々なステークホルダーの視点から

高岡貞夫(専修大):

自然の変化が激しい山岳地域における公園利用の問題点

――上高地沖積錐の事例

チャクラバルティーアビック(和歌山大):

中部山岳国立公園におけるランドスケープ変化とエコツーリズム

近代日本の地域形成研究グループ人文学部校舎5演習室

離島地域研究グループ(人文学部校舎7演習室

橋本 操(愛知工業大):

奄美大島における人とハブの関係

 

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年08月27日
3 / 2912345...1020...最後 »