学会情報

2019~2020年度研究グループの募集について

2019~2020年度研究グループを下記の要領で募集します.応募用紙の規定は特にありませんので,適当な用紙にわかりやすく御記入の上,2019年2月1日(木)(必着)までに学会事務局あてにお送り下さい(e-mail可).この件に関して,春季学術大会において立ち上げの集会を開く場合は開催希望時間(3月21日13時~15時もしくは15時~17時),参加見込み人数などを添えて1月21日(月)までに,日本地理学会集会専門委員会あてに申込みをして下さい.

 公益社団法人日本地理学会研究グループに関する内規

                                                          2012年4月  

 1.会員は,公益社団法人日本地理学会の目的に合致した特定の研究テーマに関する研究グループを組織して,研究活動を推進することができる.

 2.研究グループは,5人以上の正会員を発起人として,グループ名,代表者名,連絡先等を理事長に申し出て,承認され登録されることにより発足する.この登録は,以後2年ごとに更新するものとする.

 3.研究グループの活動には,すべての正会員・名誉会員が参加できる.ただし,研究グループの代表者は,この原則に基づく新規参加の機会を尊重しつつ,定常的な連絡先リストに基づく日常的・継続的な活動を推進することができる.

 4.理事長が必要と認めた場合には,研究グループの活動に要する経費の一部を支出することがある.

 5.研究グループは,毎年度,活動報告書を理事長に提出しなければならない.

6.研究グループの活動の成果は,その目的やテーマに応じて,学術書の出版,公益社団法人日本地理学会の学術大会でのシンポジウムや一般発表,国際地理学連合の大会・コミッションでの発表,地理学評論への投稿等に反映されるように努めるものとする.

 7. この内規を変更するときは,理事会の承認を得なければならない.

付 則

 この内規は,公益社団法人日本地理学会設立の日から実施する.

「大会発表要旨集」の価格について

 1.定期購読

  個人(会員・非会員を問わず) 年間(春季・秋季2冊)3,240円(送料・税込)

  団体(大学教室・研究室,図書室,官庁,企業等) 年間(春季・秋季2冊)4,320円(送料・税込)

 2.大会時購入     1冊2,000円(税込)

 3.バックナンバー購入 本体に記載の定価による.

 会員の方の定期購読料の納入は会費納入と一括して手続させていただきます.定期購読を希望される方は学会事務局まで御連絡下さい.

 また,大学教室・研究室・図書室等の申し込みについても学会事務局へ御連絡下さい.

 なお,一度定期購読の申込みをされた方には,「大会発表要旨集」を継続してお送りいたします.定期購読を中止される場合は,はがき・FAX等文書にてお知らせいただきますようお願いいたします.

2019年春季学術大会(専修大学):高校生ポスターセッションの募集について

日本地理学会2019年春季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、教員、大学院生、大学生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。

高校生のみなさんの参加をお待ちしております。

 

〔日時〕

2019年3月21日(木・祝)10:00〜14:00

*3月21日12:00~13:00に説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。また,コアタイム以外に高校生ポスターセッション参加者による交流会を行う予定です。

 

〔場所〕

専修大学(日本地理学会春季大会高校生ポスターセッション会場)

 

〔対象者〕

*高校生(個人またはグループ)

*グループ発表(連名)は可能です。ただし、グループに高校生以外を含めることはできません。

*所属する高校の教員(地理歴史科指導教員、教頭、校長など)が申し込んでください。

*より多くの高校から参加いただくため、1校あたり3題までにご協力ください。

*ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。

*複数の学校の生徒によるグループの場合は、代表高校の教員が申し込んでください。

*発表する高校生本人、もしくは申込教員の方のポスターセッションへの参加が必要です。

 

また、2018年大会から申込は教員経由に限らせていただきます。これは、高校生の課外活動として学校でサポートしていただくためです。

 

〔申込に必要な情報〕

1) 発表の標題

2) 筆頭発表者および連名発表者全員の氏名・学校名・学年

3) 申込者(教員)の連絡先(学校名、職名、メールアドレス)

4) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)

 

〔申込方法〕

下記フォームに記入の上、メール添付で申し込んでください。

メールのタイトルは「発表申し込み」としてください。

申込フォーム

 

〔申込締切〕

2019年2月26日(火)23:59

 

〔採択通知について〕

*発表の可否は3月8日(金)までに申込者(教員)にお知らせします。

*発表の標題と発表者の氏名は、3月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。

*採択後のキャンセルはやむを得ない理由を除きご遠慮ください。

 

〔ポスターについて〕

*発表が採択となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成し、指定された場所に掲出してください。

*掲示時間は3月21日10:00~14:00です。10:00までに各校で掲示をお願いします。

コアタイムは12:00~13:00です。掲示会場は9:00開室、15:00閉室となります。

*高校生による研究成果(研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等)をわかりやすく示してください。

*高校生による現地調査などの結果を歓迎しますが、資料調査の場合もオリジナルな成果を示してください。また、資料引用の場合は出典を示すなどの研究のルールを守ってください。

 

〔大会参加費の免除について〕

*高校生(ポスター発表者に限らない)は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。必ず受付で手続きをしてください。

*ポスター発表を行う高校生の学校教員(1校あたり2名まで)と、教員以外の保護者(発表1件あたり2名まで)についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。必ず受付で手続きをしてください。

 

〔会場案内、大会プログラムなど〕

*日本地理学会ウエブサイトをご覧ください。

 

〔コアタイムについて〕

*3月21日12:00~13:00に説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。

 

〔優秀発表賞について〕

*高校生ポスターセッションでの発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。なお、受賞者名・学校名は日本地理学会ウエブサイト上に掲載されます。

 

〔証明書について〕

*高校生ポスターセッションでの発表1題ごとに1通「発表証明書」を発行します。ただし、複数の学校の生徒によるものの場合はご相談ください。

 

〔個人情報の取り扱いについて〕

*ポスター発表をする高校生の氏名と学校名は、発表題目とともに日本地理学会のウエブサイトに掲載されます。

*その他の連絡は申込教員を経由します。

 

〔申し込み・問い合わせ先〕

日本地理学会集会専門委員会高校生ポスターセッション担当

メールアドレス 

ajg.hsposter2018@gmail.com

 

ジオパーク専門員公募のお知らせ

所属・人員  土佐清水市ジオパーク専門員(一般任期付職員) 1名

詳細 https://tosashimizu-geopark.jp/info/post1238

応募締切 2019年1月31日(木)必着

巡検のお知らせ

第1班 イノベーション都市川崎の産業展開

趣 旨
  川崎市は,古くから臨海工業地帯として発展してきた.その中では大企業の大型工場の立地の他,関連する中小企業も多く集積してきた.川崎市の工業地帯は日本の産業構造の変化で,その役割を変え,新産業関連の施設も立地してきている.近年は特にナノ医療イノベーション(iCONM)に注力し,臨海工業地帯の新たな活用を進めている. 他方で,川崎市は産業の強化のために,地域の技術やアイディアをビジネス化する支援を積極的に行っている.川崎市には古くから神奈川県,川崎市が中心となって建設したかながわサイエンスパーク(KSP)があり,ベンチャー支援の先駆けである.また新川崎駅地区にKBICを建設し,創業支援を強化している.さらに川崎市の産業支援策自体も全国から注目されている.
 本巡検は,かかる川崎市の産業が現在どのように集積し,また集積を発展させるために川崎市がどのような新産業展開や産業支援を進めているのか,具体的に把握することを目的として実施する.

集 合
 3月22日(金)8時 JR新川崎駅 ※横須賀線,湘南新宿ラインの駅です.お間違いのないよう,御注意下さい.

解 散
 3月22日(金)16時30分 JR川崎駅

コース
 JR新川崎駅(集合)―新川崎・創造のもり(KBICなど)―かながわサイエンスパーク(KSP)―(昼食)―武蔵小杉地区・臨海部再開発(車窓見学)―キングスカイフロント(iCONM)―JR川崎駅(解散)

案内者
 山本匡毅(相模女子大)・長尾謙吉(専修大)・近藤章夫(法政大)

募集人員
 20名

参加費
 4,000円(貸切バス代,資料代,保険代を含む)

その他
 基本的に貸切バスで移動します.ただし新川崎駅から新川崎・創造のもりまでは徒歩となります(10分程度).

申込締切り
 3月8日(金)まで
 なお,募集人員に達し次第,巡検参加の受付を締め切らせていただきます.

参加申込み・問合せ先
 参加者氏名,住所,電話番号,メールアドレス,所属を明記し,メールにて,下記あて先までお送り下さい.先着順に受け付けます.個人情報は主催者からの連絡,および保険加入のために利用させていただきます.
申込先:山本匡毅(yamamoto_masaki(at)isc.sagami-wu.ac.jp)