高校生ポスターセッション

2019年春季学術大会(専修大学):高校生ポスターセッションの募集について

日本地理学会2019年春季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、教員、大学院生、大学生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。

高校生のみなさんの参加をお待ちしております。

 

〔日時〕

2019年3月21日(木・祝)10:00〜14:00

*3月21日12:00~13:00に説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。また,コアタイム以外に高校生ポスターセッション参加者による交流会を行う予定です。

 

〔場所〕

専修大学(日本地理学会春季大会高校生ポスターセッション会場)

 

〔対象者〕

*高校生(個人またはグループ)

*グループ発表(連名)は可能です。ただし、グループに高校生以外を含めることはできません。

*所属する高校の教員(地理歴史科指導教員、教頭、校長など)が申し込んでください。

*より多くの高校から参加いただくため、1校あたり3題までにご協力ください。

*ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。

*複数の学校の生徒によるグループの場合は、代表高校の教員が申し込んでください。

*発表する高校生本人、もしくは申込教員の方のポスターセッションへの参加が必要です。

 

また、2018年大会から申込は教員経由に限らせていただきます。これは、高校生の課外活動として学校でサポートしていただくためです。

 

〔申込に必要な情報〕

1) 発表の標題

2) 筆頭発表者および連名発表者全員の氏名・学校名・学年

3) 申込者(教員)の連絡先(学校名、職名、メールアドレス)

4) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)

 

〔申込方法〕

下記フォームに記入の上、メール添付で申し込んでください。

メールのタイトルは「発表申し込み」としてください。

申込フォーム

 

〔申込締切〕

2019年2月26日(火)23:59

 

〔採択通知について〕

*発表の可否は3月8日(金)までに申込者(教員)にお知らせします。

*発表の標題と発表者の氏名は、3月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。

*採択後のキャンセルはやむを得ない理由を除きご遠慮ください。

 

〔ポスターについて〕

*発表が採択となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成し、指定された場所に掲出してください。

*掲示時間は3月21日10:00~14:00です。10:00までに各校で掲示をお願いします。

コアタイムは12:00~13:00です。掲示会場は9:00開室、15:00閉室となります。

*高校生による研究成果(研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等)をわかりやすく示してください。

*高校生による現地調査などの結果を歓迎しますが、資料調査の場合もオリジナルな成果を示してください。また、資料引用の場合は出典を示すなどの研究のルールを守ってください。

 

〔大会参加費の免除について〕

*高校生(ポスター発表者に限らない)は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。必ず受付で手続きをしてください。

*ポスター発表を行う高校生の学校教員(1校あたり2名まで)と、教員以外の保護者(発表1件あたり2名まで)についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。必ず受付で手続きをしてください。

 

〔会場案内、大会プログラムなど〕

*日本地理学会ウエブサイトをご覧ください。

 

〔コアタイムについて〕

*3月21日12:00~13:00に説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。

 

〔優秀発表賞について〕

*高校生ポスターセッションでの発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。なお、受賞者名・学校名は日本地理学会ウエブサイト上に掲載されます。

 

〔証明書について〕

*高校生ポスターセッションでの発表1題ごとに1通「発表証明書」を発行します。ただし、複数の学校の生徒によるものの場合はご相談ください。

 

〔個人情報の取り扱いについて〕

*ポスター発表をする高校生の氏名と学校名は、発表題目とともに日本地理学会のウエブサイトに掲載されます。

*その他の連絡は申込教員を経由します。

 

〔申し込み・問い合わせ先〕

日本地理学会集会専門委員会高校生ポスターセッション担当

メールアドレス 

ajg.hsposter2018@gmail.com

 

2019年春季大会高校生ポスターセッションの募集について

2019年1月中に学会ウエブサイトでご案内の予定です。

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッション受賞者

会長賞

辻本桜子・木奥美玖・佐野 萌・中山晴香・長谷川知優(お茶の水女子大学附属高等学校)
「バーチャルウォーターから見る水問題」

理事長賞

工藤文音(大阪府立岸和田高等学校)
「大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究」

永島日向子・藤田杏奈・縫谷涼花(鳥取県立鳥取西高等学校)
「Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言)」 

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッション発表リスト

和歌山大学で開催される2018年秋季学術大会において、10回目となりました高校生ポスターセッションを開催いたします。全国の高校生による計21件のポスターが掲示発表されます。
ポスター発表のコアタイムは23日(日)12時~13時です。皆様ぜひ会場へお越しください(高校生の大会参加は無料です)。

 

発表番号 発表の標題 筆頭発表者(学年) 連名発表者(学年) 学校名
1 日常的な体温測定は東南アジアにおける感染症の早期発見に効果があるか 会田涼夏(3年)   宮城県仙台二華高等学校
2 カンボジアにも災害地名はあるのか 古泉杏奈(3年)   宮城県仙台二華高等学校
3 バイヨン中学校において十分な教育をするための自助的なシステムと有用性 田村渓一郎(3年)   宮城県仙台二華高等学校
4 熱中症のリスクとその対策 上田萌加(2年) 原なつ美・石井野乃華・菅沼玲奈・鈴木ひとみ(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
5 東日本大震災の教訓から考える未来 成 玲娜(2年) 大河原 早紀・長澤 ジョディー彩(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
6 バーチャルウォーターから見る水問題 辻本桜子(2年)  木奥美玖・佐野萌・中山晴香・長谷川知優(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
7 隅田川における新たな交通機関としての水上交通の考察 藤原 達也(2年) 佐藤 亮平(2年) 高輪高等学校
8 データを用いたバス交通網再編の分析 岡本 沙紀(3年) 小林 俊介・田中 希実・秦 百合子・松野 大河・森田 一馬(3年) 筑波大学附属高等学校
9 軍都伏見と戦争遺構 安藤 夕夏(1年) 堀本 真理恵(1年) 京都教育大学附属高等学校
10 京都市伏見区の自然災害対応 岡村 修平(1年) 野田 祥汰・柚木 倫太郎・吉田 智之愼(1年) 京都教育大学附属高等学校
11 京都市伏見区の民泊事情 芝本 登萌(2年)   京都教育大学附属高等学校
12 富山市のコンパクトシティ 中尾俊介(2年) 水嶋渉・野田幸輝・川下慶和・樫勇岳(2年)・(中学生:金政秀雄・篠田直弥・田中大熙・塩﨑雄・徳和目脩太・山田裕大・司彩希) 洛星中学校・高等学校
13 SDGsの目標11に関して持続可能な都市を様々な観点から考察する ―茨木サニータウンと他のニュータウンの比較 廣田将也(2年)   大阪教育大学附属高等学校池田校舎
14 ジブリ作品に表現された地理的描写に関する考察 荒井那月(2年) 入江真樺・南谷果音・山本若菜(2年) 大阪府立岸和田高等学校
15 大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究 工藤文音(2年)   大阪府立岸和田高等学校
16 大阪都市圏郊外における地域景観の変化~岸和田市尾生町を例に~ 丸山夕葉(2年)   大阪府立岸和田高等学校
17 ニューカマー外国人への生活実態調査の結果を基にした外国人と市民との信頼醸成活動とその成果 ―兵庫県丹波市の場合― 采女穂乃美(2年) 近藤 美陽・黒田 梨菜・平原 萌子(2年) 兵庫県立柏原高等学校
18 大型店舗と地元商店街の共存を目指して―兵庫県丹波市柏原町を事例として― 中道歩美(3年)   兵庫県立柏原高等学校
19 明治~昭和初期の鳥取市街地拡張 ―城下町の近代化― 澤田 海宏(3年)   鳥取県立鳥取西高等学校
20 Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言) 永島日向子(2年) 藤田杏奈・縫谷涼花(2年) 鳥取県立鳥取西高等学校
21 鳥取城下町の稲荷 ―地域に根付く稲荷信仰を探して― 西脇考之佑(1年) 戸國航(2年)・澤田海宏(3年) 鳥取県立鳥取西高等学校

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッションの募集

2018年秋季学術大会(和歌山):高校生ポスターセッションの募集が開始されました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

2018年秋季学術大会(和歌山):高校生ポスターセッションの募集について

・2018年春季大会受賞者
http://www.ajg.or.jp/20180514/4505/

・2018年春季大会発表リスト
http://www.ajg.or.jp/20180311/4369/

・2017年秋季大会受賞者・発表リスト
http://www.ajg.or.jp/20171102/3732/
http://www.ajg.or.jp/20170914/3405/

2017年春季大会以前の受賞者
http://www.ajg.or.jp/hs-poster/award-excellence/

2018年日本地理学会秋季学術大会 高校生ポスターセッション 受賞者

会長賞

辻本桜子・木奥美玖・佐野 萌・中山晴香・長谷川知優(お茶の水女子大学附属高等学校)
「バーチャルウォーターから見る水問題」

理事長賞

工藤文音(大阪府立岸和田高等学校)
「大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究」

永島日向子・藤田杏奈・縫谷涼花(鳥取県立鳥取西高等学校)
「Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言)」 

2018年秋季学術大会(和歌山):高校生ポスターセッションの募集について

 日本地理学会2018年秋季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、教員、大学院生、大学生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。

高校生のみなさんの参加をお待ちしております。

 

〔日時〕

2018年9月22日(土)・23日(日)

*9月23日(日)昼に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。また,高校生ポスターセッション参加者による交流会が行われる予定です。

 

〔場所〕

和歌山大学(日本地理学会秋季大会高校生ポスターセッション会場)

 

〔対象者〕

*高校生(個人またはグループ)

*グループ発表(連名)は可能です。

*所属する高校の教員(地理歴史科指導教員、教頭、校長など)が申し込んでください。

*より多くの高校から参加いただくため、1校あたり3題までにご協力ください。

*ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。

*複数の学校の生徒によるグループの場合は、代表高校の教員が申し込んでください。

*発表する高校生本人、もしくは申込教員の方のポスターセッションへの参加が必要です。

また、2018年大会から申込は教員経由に限らせていただきます。これは、高校生の課外活動として学校でサポートしていただくためです。

 

〔申込に必要な情報〕

1) 発表の標題

2) 筆頭発表者および連名発表者全員の氏名・学校名・学年

3) 申込者(教員)の連絡先(学校名、職名、メールアドレス)

4) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)

 

〔申込方法〕

下記フォームに記入の上、メール添付で申し込んでください。

メールのタイトルは「発表申し込み」としてください。

申込フォーム

 

〔申込締切〕

2018年8月31日(金)23:59

 

〔採択通知について〕

*発表の可否は 9月7日(金)までに申込者(教員)にお知らせします。

*発表の標題と発表者の氏名は、9月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。

*採択後のキャンセルはやむを得ない理由を除きご遠慮ください。

 

〔ポスターについて〕

*発表が採択となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成し、指定された場所に掲出してください。

*掲示は9月22日(土)から可能です。

*高校生による研究成果(研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等)をわかりやすく示してください。

*高校生による現地調査などの結果を歓迎しますが、資料調査の場合もオリジナルな成果を示してください。また、資料引用の場合は出典を示すなどの研究のルールを守ってください。

 

〔大会参加費の免除について〕

*高校生(ポスター発表者に限らない)は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。必ず受付で手続きをしてください。

*ポスター発表を行う高校生の学校教員(1校あたり2名まで)と、教員以外の保護者(発表1件あたり2名まで)についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。必ず受付で手続きをしてください。

 

〔会場案内、大会プログラムなど〕

*日本地理学会ウエブサイトをご覧ください。

 

〔コアタイムについて〕

*9月23日(日)に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。

 

〔優秀発表賞について〕

*高校生ポスターセッションでの発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。なお、受賞者名・学校名は日本地理学会ウエブサイト上に掲載されます。

 

〔証明書について〕

*高校生ポスターセッションでの発表1題ごとに1通「発表証明書」を発行します。ただし、複数の学校の生徒によるものの場合はご相談ください。

 

〔個人情報の取り扱いについて〕

*ポスター発表をする高校生の氏名と学校名は、発表題目とともに日本地理学会のウエブサイトに掲載されます。

*その他の連絡は申込教員を経由します。

 

〔申し込み・問い合わせ先〕

日本地理学会集会専門委員会高校生ポスターセッション担当

メールアドレス 

ajg.hsposter2018@gmail.com

 

2018春季大会受賞者の発表

2018春季大会発表リスト

2018春季大会高校生ポスターセッションの募集について

2018年日本地理学会春季学術大会 高校生ポスターセッション 受賞者について

2018年春季学術大会:高校生ポスターセッションの募集について

 日本地理学会2018年春季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、高校教員、大学院生、大学院生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。

 高校生のみなさんの積極的な申し込みをお待ちしております。

〔日時〕
2018年3月22日(木)~3月23日(金)
*期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。また,高校生ポスターセッション参加者による交流会が行われる予定です。

〔場所〕
東京学芸大学(東京都小金井市貫井北町4-1-1)特設ポスター会場

〔対象者〕
高校生
*グループ発表(連名)可。
*高校生が筆頭であれば高校生以外の者がグループに参加することも認めます。たとえば担任や地理担当の先生に相談することや、先生と連名で発表を申し込むことも差し支えありません。反対に、高校生が単独で発表を申し込んでも、日本地理学会としては問題視しません。

〔投稿に必要な情報〕
1) 発表の標題
2) 発表者の氏名・学校名・学年
3) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)
4) 代表連絡者の連絡先

〔申込方法〕
下記のエントリーページのフォームから申し込んでください。
https://goo.gl/forms/NDWcr7t3lHRiqOBg1

〔投稿期限〕
2018年2月26日(月)23:59

〔投稿制限について〕
ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。また、学校において教員の指導の下に取りまとめて提出する場合には1校につき3題までとします。

〔採択通知について〕
発表の可否は3月5日(月)までに代表連絡者に通知します。(※)
発表の標題と発表者の氏名は、3月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。
発表受理後のキャンセルはできませんのでご注意ください。

〔ポスターについて〕
発表が可となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成・印刷し、3月22日の大会開始時に指定された場所に掲出します。なお、発表者が遠方に居住しており会場に来るのが困難な場合には、ポスターをあらかじめ大会事務局へ郵送していただき、事務局がポスター掲示を代行することも可とします。

〔大会参加費の免除について〕
高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。また、ポスター発表を行う高校生の指導教諭2名までと、指導教諭以外の保護者についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。

〔大会プログラムなど〕
http://www.ajg.or.jp/meeting/2018spring/

〔コアタイムについて〕
大会期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。

〔優秀発表賞について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。なお、受賞したポスターは日本地理学会ホームページ上に掲載されます。

〔証明書について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表には「採択・発表証明書」を発行します。

〔問い合わせ先〕
日本地理学会広報専門委員会ポスターセッション事務局
ajgeogposter@gmail.com

2017年秋季学術大会: 高校生ポスターセッションの募集について

日本地理学会2017年秋季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、高校教員、大学院生、大学院生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。
 
高校生のみなさんの積極的な申し込みをお待ちしております。
 
〔日時〕
2017年9月29日(金)〜9月30日(土)
*期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。また,高校生ポスターセッション参加者による交流会が行われる予定です。
 
〔場所〕
三重大学(〒514-8507 津市栗真町屋町1577)特設ポスター会場
 
〔対象者〕
高校生
*グループ発表(連名)可。
*高校生が筆頭であれば高校生以外の者がグループに参加することも認めます。たとえば担任や地理担当の先生に相談することや、先生と連名で発表を申し込むことも差し支えありません。反対に、高校生が単独で発表を申し込んでも、日本地理学会としては問題視しません。
 
〔投稿に必要な情報〕
1) 発表の標題
2) 発表者の氏名・学校名・学年
3) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)
4) 代表連絡者の連絡先
 
〔申込方法〕
高校生ポスターセッションエントリページ( https://goo.gl/QCuQoM )から申し込んでください。
 
〔投稿期限〕
2017年9月1日(金)23:59
 
〔投稿制限について〕
ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。
 
〔採択通知について〕
発表の可否は9月8日(金)までに代表連絡者に通知します。
発表の標題と発表者の氏名は、9月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。
発表受理後のキャンセルはできませんのでご注意ください。
 
〔ポスターについて〕
発表が可となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成・印刷し、9月29日の大会開始時に指定された場所に掲出します。なお、発表者が遠方に居住しており会場に来るのが困難な場合には、ポスターをあらかじめ大会事務局へ郵送していただき、事務局がポスター掲示を代行することも可とします。
 
〔大会参加費の免除について〕
高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。また、ポスター発表を行う高校生の指導教諭2名までと、指導教諭以外の保護者についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。
 
〔大会プログラムなど〕 
 
〔コアタイムについて〕
大会期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。
 
〔優秀発表賞について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。なお、受賞したポスターは日本地理学会ホームページ上に掲載されます。
 
〔証明書について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表には「採択・発表証明書」を発行します。
 
〔問い合わせ先〕
日本地理学会広報専門委員会ポスターセッション事務局
ajgeogposter@gmail.com

2016年秋季学術大会: 高校生ポスターセッション 発表リスト

東北大学で開催される秋季学術大会( http://www.ajg.or.jp/meetiing/2016autumn/)において、6回目となりました高校生ポスターセッションを開催いたします。
 
高校生が作成した計20件のポスターが掲示されますので、積極的なご参加をお願いいたします。
 
 
発表番号・発表タイトル・発表者(所属)
 
001 文京区ハザードマップを改善せよ
佐藤剛(筑波大学附属高校3年)
 
002 小学校校歌から見る地域の変容~宇治市・山科区・伏見区を比較して~
宮川経実 久世瑛之 児玉那奈美 岡山和樹 岡本笙 小田島瑛司 前田將宏 角田智哉 小原大季 前川尚瑶 駒井緑人 澤田季里(京都教育大学附属高等学校・地理クラブ)
 
003 若者の震災に対する意識を最も向上させる方法とは
松末海央(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
004 幸せをつなぐ割り箸
青柳菜々子(お茶の水女子大学附属高校・2年)
 
005 中等教育学校における防災教育の在り方
長野里音(神戸大学附属中等教育学校)
 
006 高校生徒の防災意識を高めるために効果的な訓練とは
吉田崇人(神戸大学附属中等教育学校)
 
007 東日本大震災において人々が求める震災遺構の残し方とは、外部刺激による回想なのか
澁谷祥子(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
008 東日本大震災による被災地のダークツーリズムにおける実用性はあるのか
井上奈緒(神戸大学附属中等教育学校)
 
009 紀伊半島南部における限界集落の現状と課題
杉原真子 西野宗一朗 前田佳蓮 堀真樹 小西知洋(清風南海高校・2年)
 
010 奄美大島大和村に伝わるノロ祭祀と高齢化に伴う課題
國司莉紗子(清風南海高校・2年)
 
011 福島県二本松・杉田地区の阿武隈川流域における浸水想定区域図の検証
安達直紀 遠藤愛夕(福島県立安達高等学校・3年、1年)
 
012 アフガニスタン難民の今
藤井瀬凪 佐々木洸哉(小野桜 宮城県塩釜高等学校・3年)
 
013 探録!!~塩釜の坂~
高橋七海 米澤瑶 村田百映(宮城県塩釜高等学校・3年)
 
014 災害発生時における外国人の避難
山本隼矢(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
015 高校生の意識調査から考える水俣病の認知のずれ
菊池尊(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
016 データから見た水俣病~水俣が変化してきた60年~
宮内大輝(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
017 水俣病はどのように教えられてきたか
渡部響介(愛媛大学附属高等学校3年)川瀬久美子 福田喜彦 張 貴民(愛媛大学教育学部社会科教育講座・教員)
 
018 減災アクションカードゲーム神戸版の開発から考えるよりよい神戸の防災教育とは
井川正規(神戸大学附属中等教育学校5年)
 
019 『地球に優しい商品』って何?
八角拓耶 角川航成 平根秀康(仙台城南高等学校 特進科1年)伊藤恵(地理・教員・グローバル教育推進室室長)
 
020 『ルワンダの今』〜ジェノサイドから20年〜
久光はな 福山愛菜 館内香純(仙台城南高等学校 特進科1年)伊藤恵(地理・教員・グローバル教育推進室室長)

日本地理学会2016年秋季学術大会高校生ポスターセッションの募集について(締切日を延長しました)

日本地理学会2016年秋季学術大会では、下記の要領にて高校生ポスターセッションを実施します。高校生のみなさんが地理学に関連する研究を発表し、他の参加者(研究者、高校の先生、大学院生、大学院生、高校生など)と交流する機会です。なお、高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。
高校生のみなさんの積極的な申し込みをお待ちしております。
日本地理学会2016年秋季学術大会高校生ポスターセッション
〔日時〕
2016年9月30日(金)~10月1日(土)
*期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。
〔場所〕
東北大学川内北キャンパス(宮城県仙台市)特設ポスター会場
〔対象者〕
高校生
*グループ発表(連名)可。
*高校生が筆頭であれば高校生以外の者がグループに参加することも認めます。たとえば担任や地理担当の先生に相談することや、先生と連名で発表を申し込むことも差し支えありません。反対に、高校生が単独で発表を申し込んでも、日本地理学会としては問題視しません。
〔投稿に必要な情報〕
1) 発表の標題
2) 発表者の氏名・学校名・学年
3) 発表する研究の内容(400字以内。研究の目的、対象、データ、方法、結果、考察等を簡潔に記したもの)
4) 代表連絡者の連絡先
〔申込方法〕
高校生ポスターセッションエントリページ(https://goo.gl/6ZXkh7)から申し込んでください。
〔投稿期限〕
2016年9月2日(金)23:59  2016年9月9日(金)23:59

〔投稿制限について〕
ポスター発表は1人につき1題を原則とします。ただし、本人が筆頭ではなく、説明を行わない連名発表との重複は差し支えありません。
〔採択通知について〕
発表の可否は9月9日(金)までに代表連絡者に通知します(※)。発表の標題と発表者の氏名は、9月中旬に日本地理学会のホームページで公開します。発表受理後のキャンセルはできませんのでご注意ください。
※但し,9月3~9日の追加期間内に投稿された分に関しては,9/16(金)までに代表連絡者に通知します.
〔ポスターについて〕
発表が可となった場合には、研究発表ポスター(標準的な大きさは幅90cm×高さ180cm×1枚)を作成・印刷し、9月30日の大会開始時に指定された場所に掲出します。なお、発表者が遠方に居住しており会場に来るのが困難な場合には、ポスターをあらかじめ大会事務局郵送していただき、事務局がポスター掲示を代行することも可とします。
〔大会参加費の免除について〕
高校生は、日本地理学会の学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できます。また、ポスター発表を行う高校生の指導教諭2名までと、指導教諭以外の保護者についても同様に、学術大会に無料で参加でき、すべての発表を聴講できるものとします。
〔大会プログラム〕 
〔コアタイムについて〕
大会期間中に1時間程度の説明・質疑時間(コアタイム)を設定します。この時間帯に発表者はポスターの前で待機し、来場者に対して研究内容を説明し、質疑応答や意見交換をしていただけます。会場では、ポスターの縮刷版などの資料を自由に配布していただけます。
〔優秀発表賞について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表は、優秀発表賞(会長賞・理事長賞)の選考対象となります。詳細は追ってお知らせします。なお、受賞したポスターは日本地理学会のオンラインジャーナル e-journal geo に掲載されます。
〔証明書について〕
高校生ポスターセッションでの研究発表には「採択・発表証明書」を発行します。
〔問い合わせ先〕
日本地理学会広報委員会ポスターセッション事務局

2016年日本地理学会春季学術大会 高校生ポスターセッション 受賞者

会長賞

「千葉県における小学校の地域的課題」山﨑友加里(松戸国際高校)

 「裁判員制度における裁判員選出率の地域差-国民は平等に裁判員に選ばれているのか?-」土屋遥佳(東京都立小石川中等教育学校)

 理事長賞

「GISソフトウェアによるデータの地図化-つくば市の公園を活性化しよう-」軽辺凌太・田中宥幸・岩元さや・檜垣歩空・入澤栞音(茨城県立並木中等教育学校)

 「私たちの考える幸せな国ランキング」片山優希・栗原里奈・都築萌香・水野結葵(お茶の水女子大学附属高等学校)

 「小学校校歌でさぐる地域の変容-京都市伏見区を事例として-」宮川経実・小田島瑛司(京都教育大学附属高等学校)