admin_webmaster

平成30年度東京大学大気海洋研究所共同利用研究・学際連携研究公募

平成30年度東京大学大気海洋研究所共同利用研究・学際連携研究公募が行われています.提出期限は,11月30日(木)必着です.応募要領・詳細については下記アドレスを御参照下さい. 

URL http://www.aori.u-tokyo.ac.jp/coop/

第6回都市環境デザインフォーラム「暑熱環境に適応した都市環境デザインの実践」(後援)開催

第6回都市環境デザインフォーラム「暑熱環境に適応した都市環境デザインの実践」が,11月20日(月)13時~17時,建築会館ホールで行われます.参加申込み・プログラム等については下記アドレスを御参照下さい.

URL https://www.aij.or.jp/event/detail.html?productId=602846

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年10月30日

開館40周年記念国立民族学博物館公開講演会「料理と人間――食から成熟社会を問いなおす」開催

開館40周年記念国立民族学博物館公開講演会「料理と人間――食から成熟社会を問いなおす」が,11月17日(金),日経ホールで行われます.参加申込は,申込フォームまたは往復はがきによる事前申込制(往復はがきによる申込締切:11月10日)です.プログラム・参加申込については下記アドレスを御参照下さい.

URL http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/alp/20171117

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年10月30日

一般財団法人東方学会平成29年度秋季学術大会開催

一般財団法人東方学会平成29年度秋季学術大会が,11月11日(土),日本教育会館で行われます.プログラム・詳細については下記アドレスを御参照下さい.

URL http://www.tohogakkai.com/sokai-program.html

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年10月30日

研究員公募のお知らせ

国立研究開発法人海洋研究開発機構

所属・人員 数理科学・先端技術研究分野 主任研究員もしくは主任技術研究員 1名

詳細 http://www.jamstec.go.jp/recruit/details/mat20171218.html

   http://www.jamstec.go.jp/e/about/recruit/mat_20171218.html

応募締切 2017年12月18日(月)必着

教員公募のお知らせ

筑波大学

所属・人員 生命環境科学研究科地球環境科学専攻 助教(テニュアトラック) 1 名

詳細 http://www.tsukuba.ac.jp/update/jobs/pdf/2017/201710181530.pdf 

応募締切 2017年11月20日(月)必着

2018年春季学術大会:お知らせ(第2報)

2018年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り東京学芸大学において開催します.本大会で発表を希望する会員は,日本地理学会ホームページにある「発表予定者へのお知らせ」(2017年12月中に掲載予定)を参照の上,本会ホームページからの登録を2018年1月16日(火)正午までに行ない申し込んで下さい.

1.期  日 2018年3月22日(木)~3月24日(土),総会・代議員会は3月21日(水)午後に予定しています.

2.会  場 東京学芸大学

3.連 絡 先 〒184-8501 東京都小金井市貫井北町 4-1-1

        東京学芸大学・教育学部 加賀美雅弘 e-mail: kagami@u-gakugei.ac.jp

4.日  程 3月22日(木)一般発表,懇親会

               3月23日(金)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会

       3月24日(土)巡検

5.一般発表の申し込み

一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表がありますが,いずれの形式も発表としては同格です.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は会員に限ります.また,今季から同一の発表者による発表は,口頭発表・ポスター発表を通じて1人1題となりましたので,御注意下さい。①口頭発表は,発表15分,質疑応答4分です.大会運営上の要請から発表の時間を指定しますので,各自の発表の日時は,後日発表されるプログラムを参照下さい.発表に際してプロジェクタは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.②ポスター発表は,展示場所を指定しますので,この場所で前記①の口頭発表が設定されている時間帯に,20分程度の口頭説明を行って下さい.口頭説明の時間は任意ですが,昼休みの時間帯は御遠慮下さい。これまで,口頭説明のコアタイムが設定されていましたが,今季からコアタイムは廃止されましたので,御注意下さい。ポスターの標準的な大きさは幅90㎝×高さ180㎝×1枚です.ポスター会場での資料等の配布は自由です.

一般発表は発表登録を本会ホームページからすませた上で,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下送付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,本会ホームページ掲載の御案内(2017年12月に掲載予定)を参照下さい.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月16日(火)までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループ集会の会場申し込み

研究グループの集会は,3月23(金)13時~17時の間に設定する予定です.会場を用意しますので,開催希望グループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時),④参加見込み人数を文書(書式自由)で,1月16日(火)までに,学会事務局気付で集会専門委員会宛に申し込んで下さい(e-mail可).会場に限りがあるので,御希望に添えない場合もあります.また,会場校では研究グループ集会に関わる準備は行いません.会場校の負担軽減および一般発表の充実に御協力下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年10月30日

G空間EXPO2017日本地理学会主催シンポジウム開催のご案内

 (公社)日本地理学会企画専門委員会は、本年度もG空間EXPO2017におけるシンポジウムの開催を企画しました。今回は、地域を題材とするテーマに対し、歴史学と地理学のアプローチの違いに着目します。皆様の来場をお待ちします。
日 時: 2017年10月14日(土)14時〜16時30分
場 所: 「日本科学未来館」(江東区)7階 イノベーションホール
テーマ: 時空間を旅する歴史の見方・地理の見方
オーガナイザー: 一ノ瀬俊明氏〈(研)国立環境研究所〉
講演者:
 安藤弘道氏〈慶応大学教授〉
 渡辺理絵氏〈山形大学准教授〉
 小島豊美氏〈((株))ジャピール代表取締役〉
 D. スプレイグ氏〈(研)農業・食品産業技術総合研究機構〉
問合せ先: 03-3815-1912  電子メール office@ajg.or.jp
※入場無料、事前申込の必要はありません

[ G-Kukan_EXPO2017_Poster_Final.pdf ]

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年09月27日

平成30年度科研費(平成29年9月公募)を申請する会員の皆様へ

 科研費の制度改革により,平成30年度科研費から申請・審査システムが抜本的に見直され,申請方法や審査方式の変更,審査区分表の変更などが行われました.従来の研究計画調書も新しい様式に変わりました.なかでも,新しく設定された審査区分は重要と思われますので,ここに周知いたします.
  審査区分は,小区分,中区分,大区分の3つの区分からなります.小区分は審査区分の基本単位であり,「基盤研究(B,C)(応募区分「一般」)」及び「若手研究」の審査区分です.中区分は,「基盤研究(A)(応募区分「一般」)」及び「挑戦的研究(開拓・萌芽)」の審査区分です.大区分は,「基盤研究(S)」の審査区分です.小区分,中区分,大区分での審査において研究の多様性に柔軟に対応するため,小区分では「○○関連」,中区分では「○○およびその関連分野」,大区分は記号で表記されています.応募者は申請にふさわしい区分を審査区分表から選択することになります.
 審査区分の基本単位である小区分において,「地理」の名称のつくものには,「04010地理学関連」と「04020人文地理学関連」が存在します.いずれも,大区分Aのなかの「中区分4:地理学,文化人類学,民俗学およびその関連分野」に属しています.内容の例として,「04010地理学関連」では,地理学一般,土地利用,景観,環境システム,地形学,気候学,水文学,地図学,地理情報システム,地域計画,などが挙げられています.一方,「04020人文地理学関連」では,人文地理学一般,経済地理学,社会地理学,政治地理学,文化地理学,都市地理学,農村地理学,歴史地理学,地誌学,地理教育,などが挙げられています.
 総計306の小区分のなかには,「地理」の名称はついておりませんが,中区分17(大区分B)の中の小区分をはじめ,地理学に関係の深いものも存在します.
 会員の皆様におかれましては,「審査区分表」(https://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/03_keikaku/data/h30/h30_beppyo2-1.pdf )を精査され,応募研究課題に照らし最も相応しい区分を選択ください.
 
 平成30年度科研費(平成29年9月公募)に関する情報は,日本学術振興会のホームページで公開されております.ご覧いただき,積極的にご応募くださるようお願い申し上げます.
 
平成29年9月23日
日本地理学会理事会

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年09月26日

日本学術会議公開シンポジウム「GLP(全球陸域研究計画)の推進と国連持続可能な開発目標(SDGs)への貢献」開催

主催: 日本学術会議環境学委員会・地球惑星科学委員会
      合同IGBP・WCRP・DIVERSITAS合同分科会(9月末時点)

後援: GLP日本拠点オフィス、日本地球惑星科学連合、地理学連携機構

日時: 10月16日(月)13:00~17:30

場所: 日本学術会議講堂〒106-8555東京都港区六本木7-22-34

詳細: GLPSympoSep2 ver.2.pdf

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年09月23日