地理学評論カテゴリー 第93巻(2020)

地理学評論 Vol. 93, No. 3 2020年 5月

●――論 説
地方都市の若手創業者にみる雇われない働き方・暮らし方の可能性
──長野県・上田での調査から── 中澤高志・149–172

インターネット調査と系統的社会観察による地理的マルチレベルデータの構築
埴淵知哉・中谷友樹・上杉昌也・井上 茂・173–192

 

●――短 報
石狩川下流域に分布する三日月湖の湖盆形態と底質
堀 和明・清水啓亮・谷口知慎・野木一輝・193–203

二段階需給圏浮動分析法によるアクセシビリティ指標を用いたシナリオ分析
──大阪府高槻市の保育施設の事例── 谷本 涼・204–220

在留外国人の社会関係形成・維持における宗教施設の役割
──茨城県南部におけるフィリピン人を事例に── 川添 航・221–238

 

●――書 評
矢島道子: 地質学者ナウマン伝 フォッサマグナに挑んだお雇い外国人(松山 洋)・239–240

 

西川 治先生のご逝去を悼む・241–242

 

学界消息・243–244

会  告・表紙2,3 および245–248

2020年秋季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2, 3

 

要旨を見る

地理学評論 Vol. 93, No. 2 2020年 3月

●――論 説
東京都における保育所の経営主体からみた保育労働市場の特性
──新卒保育士の採用を中心に── 甲斐智大・61‒84

沖縄県の合計出生率はなぜ本土よりも高いのか
山内昌和・西岡八郎・江崎雄治・小池司朗・菅 桂太 85‒106

 

●――書 評
井上公夫: 歴史的大規模土砂災害地点を歩く(そのⅡ)(植村善博)・107‒108

中澤哲夫: 台風予測の最前線(松山 洋)・109‒110

石原 肇: 都市農業はみんなで支える時代へ――東京・大阪の農業振興と都市農地新法への期待(岩動志乃夫)・111‒112

水野一晴・藤岡悠一郎編: 朽木谷の自然と社会の変容(岩田修二)・113‒115

 

2020 年春季学術大会プログラム・116‒142

学界消息・143‒144

会  告・表紙2,3 および145‒147

要旨を見る

地理学評論 Vol. 93, No. 1 2020年 1月

●―短 報
東京大都市圏における中国人ホワイトカラー層の住宅の購入動機と選好パターン
──インタビュー調査を用いて── 張 耀丹・1‒16

愛知県瀬戸陶磁器産地における産業用陶磁器生産の変化と流通構造 勝又悠太朗・17‒33

 

●―書 評
中澤高志: 住まいと仕事の地理学(加藤和暢)・34‒35

稲垣 稜: 都市の人文地理学(大塚俊幸)・36‒37

植村善博+治水神・禹王研究会: 禹王と治水の地域史(德安浩明)・38‒39

嘉数 啓: 島嶼学(松山 洋)・40‒41

熊谷圭知: パプアニューギニアの「場所」の物語――動態地誌とフィールドワーク(田和正孝)・42‒44

高木 仁: 人とウミガメの民族誌――ニカラグア先住民の商業的ウミガメ漁(横山 智)・45‒47

増田富士雄編著: ダイナミック地層学――大阪平野・神戸六甲山麓・京都盆地の沖積層の解析(小野有五)・48‒49

 

 

阪口 豊先生のご逝去を悼む・50‒51

門村 浩先生のご逝去を悼む・52‒53

学界消息・54‒55

2019年日本地理学会秋季学術大会および秋季代議員会記録・56‒58

会  告・表紙2,3および59‒60

2020年春季学術大会のお知らせ(第3報)・表紙2,3

 

 

要旨を見る