admin_webmaster

立命館グローバル・イノベーション研究機構 年縞を軸とした環太平洋文明 研究拠点シンポジウム 「アジアの環境変化と人類」開催

シンポジウム「アジアの環境変化と人類」が,1219日(金)13時~1730分,立命館大学衣笠キャンパス創思館 1 階カンファレンスルームで行われます.参加無料. 詳細については下記アドレスを御参照下さい.


研究員公募のお知らせ 国立社会保障・人口問題研究所

社会保障研究部紋研究員(任期付)(厚生労働技官・研究職1

詳細 http://www.ipss.go.jp/pr-ad/j/saiyou/saiyou_kenkyu_k.asp

応募締切 2015123日()必着

研究員公募のお知らせ 国立社会保障・人口問題研究所

社会保障応用分析研究部長(厚生労働技官・研究職5級)1

詳細 http://www.ipss.go.jp/pr-ad/j/saiyou/saiyou_kenkyu_b.asp

応募締切 2015123日()必着

「北淡国際活断層シンポジウム2015」開催

北淡国際活断層シンポジウム2015が,2015112日(月)~17日(金),兵庫県立淡路夢舞台国際会議場で行われます.

参加申込み・詳細については下記アドレスを御参照下さい.

東京地教研12月例会「世田谷三軒茶屋周辺の「街づくり・まちづくり」」開催

東京地教研12月例会「世田谷三軒茶屋周辺の「街づくり・まちづくり」」が,1213日(土)行われます.第11330分~1430分,田園都市線三軒茶屋改札口集合.第21445分~1645分,世田谷区太子堂出張所ふれあい広場(三軒茶屋北口Aから徒歩4分)集合.参加費500円です.

詳細・申込みについては下記アドレスを御参照下さい.

教員公募のお知らせ 長野県環境保全研究所

研究員(気候・気象学) 1

詳細 URL http://www.pref.nagano.lg.jp/kankyo/happyou/141112press.html

応募締切 2014123日消印有効

PASREGへの登録

   PASREG登録の手順

1PASREGへの登録作業は,発表予定者が自らインターネット上で行っていただきます。

集会専門委員会による登録代行は一切受付けていません。

登録期間は2015年1月14日(水)0時より1月28日(水)24時までの間です。

一度入力が完了した後も,上記期間中であれば何度でも修正できます。

(なお,正式運用が始まるまではアクセスされないよう,お願いします)


2)PASREGでの登録ページは,以下のアドレスになります。

https://www.pasreg.jp/reg/top/ajg/author

(2015年1月14日までは登録できません。)

(3)入力する主な項目は以下のとおりです。詳細は「入力の手引」 を参照ください。HTMLタグ・実体参照文字・ギリシャ文字の使い方や演題登録の操作方法、参加申込の操作方法についてはPASREGサイト中に表記されておりますのでご参照ください。

a)発表者の氏名・所属〈日本語・英語〉

b)発表題目・キーワード〈日本語・英語〉

a),b)は別途作成する発表要旨集の版下と同一の内容を入力して下さい。

c)要旨(日本語は必須,英語は任意)

c)はインターネット上での検索・閲覧が容易となるように設けているもので,最大2000字まで入力可能です。発表要旨集の版下のために作成した文章と同一あるいは簡略化したものであっても構いませんし,より短い要旨でも構いません。

なお学会の国際化を促進するため,英文要旨もできるだけ入力して下さるようお願いします。英語での入力は半角文字のみ使用可能です。

d)パスワード

入力後に登録内容を変更する場合に必要となります。


4)入力後,電子メールで受付番号が届きましたら登録作業は完了です。

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2014年11月22日

IGUニュースレター12号について

IGUニュースレター12号が配信されています.

 

第11回「地球環境シリーズ」講演会「熱帯気象理解の鍵 マッデン・ジュリアン振動」開催

11回「地球環境シリーズ」講演会「熱帯気象理解の鍵 マッデン・ジュリアン振動」が,123日(水)ヤクルトホールで行われます.参加無料です.申し込み・問合せについては下記アドレスを御参照下さい.

詳細 http://www.jamstec.go.jp/j/pr/event/earth-env2014/

帝京大学文学部史学科創立30周年記念国際シンポジウム「歴史と環境」開催

帝京大学文学部史学科創立30周年記念国際シンポジウム「歴史と環境」が,1129日(土)帝京大学八王子キャンパス17号館で行われます.

プログラム

Prof. Bruce Batten(桜美林大):日本における日本環境史研究の動向

Prof. Anne McDonald(上智大):環境政策策定に向けた海洋環境史の研究

Prof. Philip Brown(オハイオ州立大):自然への対応――村・国家と1920世紀日本における洪水リスク

阿部朝衛:後期旧石器時代の石材獲得戦略――新潟県荒川台遺跡を例として――

森谷公俊:イランにおけるアレクサンドロス遠征路の実地調査

深谷幸治:江戸時代前期の村落による大仙陵古墳利用とその環境

ポスターセッション口頭発表:博士論文・博士論文紹介

参加費 講演会参加(500円)、レセプション参加(一般2000円,在学生1000円)

参加申込み 氏名・所属・連絡先、講演会参加の有無、レセプション参加の有無を明記し,1115日(土)までに下記のFAXもしくはe-mailに連絡して下さい.

申し込み・詳細・問合せ FAX 042-678-3989(三上岳彦)

            e-mail:teikyo.history@gmail.com(柿沼陽平)