関連情報 - 日本地理学会 - Page 85

海洋情報部研究成果発表会開催

1.日時 3月12日(水)13時(開場)〜17時10分.2.会場 海上保安庁海洋情報部 7階大会議室3.プログラム・詳細 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/KENKY...


教員公募のお知らせ

東京大学より下記の要領で公募の通知がありました.1.所属・人員 新領域創成科学研究科自然環境学専攻陸域環境学大講座自然環境構造学分野 准教授1名.2.着任時期 2008年7月1日以降.3.専門分野 フィールド調査を通して...


地質調査総合センター第10回シンポジウム「地質リスクとリスクマネージメント」開催

地質調査総合センター第10回シンポジウム「地質リスクとリスクマネージメント --地質事象の認識における不確実性とその対応」開催 1.日時 3月11日(火)13時~17時15分. 2.場所 秋葉原ダイビル5階カンファレンス...


海洋研究開発機構「Blue Earth’08」開催

1.日時 3月13日(木)9時20分~17時40分.14日(金)9時30分~17時40分.2.場所 横浜市立大学金沢八景キャンパス.神奈川県横浜市金沢区瀬戸22-2 045-787-2311(代表).3.参加費・申込み ...


第14回国際歴史地理学会(14th International Conference of Historical Geographers)開催

 2009年8月23日から27日にかけて,京都大学文学研究科において,第14回国際歴史地理学会(14th International Conference of Historical Geographers)の開催を予定...


2007年度地球化学研究協会学術賞「三宅賞」および「奨励賞」の受賞候補者公募

1.三宅賞 1)対象 地球化学に顕著な業績をおさめた研究者に贈呈.2) 賞  賞状,副賞として賞牌および賞金(30万円).2.奨励賞 1)対象 地球化学の進歩に優れた業績を挙げ,将来の発展が期待される研究者(下...


「惑星地球年(IYPE)」の催しについて

 2008年は国連が宣言した「惑星地球年(IYPE)」の年で,来たる2月12,13日にはパリのユネスコ本部で記念の開会式典が開催される.世界中で もこれまでに56カ国と1地域に国内委員会が設置され,各地でさまざまな催しが...


「地下水のさらなる理解に向けて--産総研のチャレンジ」開催

(独)産業技術総合研究所地質調査総合センター主催第11回シンポジウム「地下水のさらなる理解に向けて--産総研のチャレンジ」開催 1.日時 3月19日(水)13時~17時30分. 2.場所 秋葉原ダイビル 5階カンファレン...


北海道教育大学主催「グローカル環境教育国際会議2008」開催

1.内容 本国際会議はG8サミットの機会をとらえ、それらについての議論を深め、環境教育の改善とその普及振興の戦略を国際的-地域的文脈で議論し、その成果を提案するために開催する。なお会議名にある「グローカル」はグローバル(...


第12回「震災対策技術展/自然災害対策技術展」横浜(後援)開催

1.日時 1月31日(木)~2月1日(金). 2.場所 横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜) 〒220-0012 横浜市西区みなとみらい1-1-1. 3.開催内容 展示会・シンポジウム・技術セミナー. 4.問合せ先 「震...


環境地図教育研究会主催「グローカル環境地図作品コンテスト」開催

1.内容 キーワードは「グローカル」.身のまわりやもっと広い地域、さらには世界を対象にした地図を作り、地球環境の問題や身近な地域の環境について考える.2008年7月に開かれるG8北海道洞爺湖サミットの機会を利用して、自分...


日本科学未来館企画展「地下展-空想と科学がもたらす闇の冒険-」開催

1.期間 1月28日(月)まで. 2.場所 日本科学未来館 江東区青海2-41. 3.詳細 URL http://www.gsj.jp/iype/ を参照して下さい.


2008年度の各種学術賞・研究奨励金候補者の公募について

 例年,本学会に推薦依頼や案内のある学術賞・研究奨励金は下記の通りです.前年の会告に掲載されたものに基づき再録(末尾は前巻掲載号を示す)しています.  本学会からの推薦(○印のあるもの)は下記の要領で行います.   1....


第54回風に関するシンポジウムプログラム

1.日時 2月23日(土)10時~17時. 2.場所 山口大学・大学会館(〒753-8511 山口市吉田1677-1 連絡先 083-933-5861)URL http://www.yamaguchi-u.ac.jp/a...


財団法人国土地理協会学術研究助成

1.助成対象分野 1)地理学および関連する学際的分野に関する学術的調査・研究.2)地図・地名に関する学術的調査・研究.3)地理・地図・環境等に関する教育・普及を目的とした調査・研究および活動. 2.助成金額 100万円限...


日本学術会議環境学委員会環境思想・環境教育分科会主催 公開シンポジウム「環境教育 明日への提言」開催

1.内容 日本における環境教育に関連する各セクターが集合し,環境教育の今後の方向性を討議し,政府への提言の必要性・緊急性を広く社会に向けてアピールする. 2.日時 12月7日(金)13時~16時30分. 3.会場 日本学...


独立行政法人産業総合研究所地質調査総合センター主催第9回シンポジウム 「地質学的手法による火山活動予測--火山災害の軽減を目指して」開催

1.内容 独立行政法人産業総合研究所および関係機関の最新の研究成果を紹介するとともに,火山噴火災害の軽減のために必要な火山噴火予知・活動推移予測研究の展望と,「安全・安心な社会の構築」のために担うべき産業総合研究所の役割...


公開シンポジウム「新しい環境共生都市像を求めて--生命の多様性を守る新しい都市像づくり」開催

1.趣旨 AASSRECのアフターケアとして日中韓台米の5カ国の研究者による議論を通じ,新しい都市像を求め,それを実現する環境共生の公共選択の方法を導く試みを行う. 2.日時 12月22日(土)13時30分~17時30分...


国立社会保障・人口問題研究所 人口研究部門の研究員 (1月16日締切)

1.職種・人員 人口研究部門の研究員(厚生労働技官・研究職2級)1人. 2.採用予定日 2008年4月1日(火). 3.業務内容 世帯および家族の構造とその変動に関する調査研究ならびに世帯数の推計と予測に関する基礎的研究...


日本学術会議主催公開講演会「人口とジェンダー--少子化対策は可能か」開催

1.内容 少子化問題が深刻な社会的課題とされる今日,人口政策は妥当とされるのか,そしてまた人口政策に効果はあるのか.ジェンダー学およびジェンダー史の知見に基づいて,歴史的な検討とともに今日的な課題を考える. 2.日時 1...