福岡地理学会の開催

日 時:2009年1月25日(日)13:00~17:00

会 場:福岡大学セミナーハウス

連絡先:九州大学大学院比較社会文化研究院 阿部康久

 

発表者・発表題目

申英根(九州大・院):対馬市における国際交流を活かした地域活性化政策と場所アイデンティティ-「対馬アリラン祭」を事 例として-

池口功晃(久留米大・院):台湾における観光地の形成

方大年(久留米大・非常勤講師):中国における行政主導による街づくり

山下宗利(佐賀大):トロントにおけるスマートグロース政策

アレキサンドラ・オルホンセレンゲ(モンゴル科学院地理学研究所/九州大):モンゴル中北部ヘンティ山地における泥炭堆 積物と古環境復元

後藤健介(長崎大):衛星データ解析のノロウィルス感染症対策への適用可能性

黒木貴一(福岡教育大):アナグリフを利用した地理教育の効果と課題-福岡教育大学での実践-

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2009年01月21日