地理学評論 第13号(11月)

●論 説
18世紀における地図収集のネットワーク-大坂天満宮祝部渡辺吉賢を中心に-
 
上杉和央・823-841
オルソ化航空写真の年代間比較による山地湿原の植生変化の検出
  安田正次・ 大丸裕武・沖津 進・842-856

●短 報
地理的分断条件を伴う市町村合併が及ぼす高齢者福祉サービスへの影響
  -群馬県沼田市を事例に- 畠山輝雄・857-871

●資 料
オクタヴィア・ヒルと国会議員との結び付き-オープン・スペース運動の
  発展への寄与- 中島直子・872-883

●書 評
恒川篤史編:21世紀の乾燥地科学-人と自然の持続性-(吉野正敏)・
 
884-885
鳴海邦匡:近世日本の地図と測量-村と「廻り検地」-(小野寺 淳)・
  885-886

織田武雄先生の御逝去を悼む・i-ii
学界消息・iii-iv
会  告・表紙2およびv-viii
 
2008年春季学術大会のお知らせ(第2報)・v-vii

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年11月01日