• 日本地理学会
  • » 未分類 » 第1回気候変動シンポジウム「気候変動緩和策と適応策の最適化を考える--総合的な温暖化対策への挑戦--」開催

第1回気候変動シンポジウム「気候変動緩和策と適応策の最適化を考える--総合的な温暖化対策への挑戦--」開催

1.日時 8月20日(月)13時~17時30分.

2.場所 内閣府庁舎(本府) 地下講堂 〒100-8914 千代田区永田町1-6-1 電話 03-5253-2111 (大代表).

3.プログラム概要 西岡秀三(国立環境研):2050年排出削減へのロードマップ.三村信男(茨城大):気候変動が人間活動に及ぼす影響と適応策.竹内邦良(ICHARM):豪雨・洪水・土砂災害等の予測と対策.林 陽生(筑波大):気候変動が食糧生産(農林水産業)に及ぼす影響とその適応策.押谷 仁(東北大):気候変動の健康影響--感染症と熱波の脅威と対処法--.丸山康樹(電力中央研):緩和策と適応策のべストミックス.各省の関連施策の紹介.パネルディスカッションなど.

4.詳細・問合せ 内閣府 環境・エネルギー分野担当グループ 岡野通明 michiaki.okano@cao.go.jp 白川博章 hiroaki.shirakawa@cao.go.jp FAX:03-3581-9969

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年08月14日