平成20年度採用分特別研究員-RPDの募集

1.概要 独立行政法人日本学術振興会では,特別研究員制度の一環として,子育て支援や学術研究分野における男女共同参画の観点から,優れた若手研究者が,出産・育児による研究中断後に円滑に研究現場に復帰できるよう特別研究員-RPDを平成18年度より創設.

2.対象分野 人文・社会科学および自然科学の全分野.

3.採用予定数 約30名.

4.申請資格 採用年度の4月1日現在,博士の学位取得者(人文学,社会科学分野にあっては,日本の大学院博士課程に標準修業年限以上在学し,所定の単位
を修得の上退学した者で,博士の学位取得者に相当する能力を有する者も含む).応募する年度の4月1日から遡って過去5年以内に,出産または子の養育のた
め,おおむね3カ月以上やむを得ず研究活動を中断した者.日本国籍を持つ者,または日本に永住を許可されている外国人.




5.採用期間 平成20年4月1日から22年3月31日までの2年間.20年7月1日から22年6月30日までの2年間.20年10月1日から22年9月30日までの2年間.21年1月1日から22年12月31日までの2年間.

6.研究奨励金 月額364,000円(予定額).

7.研究費 科学研究費補助金(特別研究員奨励費)または試験研究費の応募資格が与えられ,日本学術振興会科学研究費委員会の審査を経て毎年度150万円以内の研究費が交付される.

8.申請受付期間 5月7日(月)~11日(金)(必着).

9.申請書提出方法 申請者は研究に従事する予定の機関を通じて日本学術振興会へ申請書を提出して下さい.

10.詳細および募集要項・申請書 日本学術振興会ホームページ URL http://www.jsps.go.jp/j-pd/rpd_boshu_f.html
よりダウンロードできます.

11.申請書類提出先・問合せ先 〒102-8472 東京都千代田区一番町8番地 独立行政法人日本学術振興会 研究者養成課 特別研究員-RPD募集担当 電話 03-3263-5070

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年03月14日