(5)離島地域研究グループ - 日本地理学会

代表者   須山 聡 

 2019年度は日本地理学会春季・秋季学術大会に合わせて研究会を開催した。活発な討論が行われ盛会であった。

[研究会]2019年3月21日(木)、於 専修大学生田キャンパス、参加者15名。
  元木理寿(常磐大):「地域資源としての湧水・暗川―沖永良部島の湧水地の保全とケイビング―」
  堀本雅章(法政大):「限界集落における観光地化と住民意識―宮古島市大神島大神集落の事例―」
終了後、懇親会を開催した。

[研究会]2019年9月22日(日)、於 新潟大学五十嵐キャンパス、参加者15名。
  前畑明美(法政大):「島々における「島嶼性」の表出とその深層性」
終了後、懇親会を開催した。


研究グループ2019年度活動報告トップに戻る