(1)近代日本の地域形成研究グループ - 日本地理学会

代表者  天野 宏司

 2019年度は次の日程で活動を行った。

[第1回集会]2019年3月21日(木)15時~17時、於 専修大学生田キャンパス、参加者約15名。

前田一馬(立命館大・院):「明治初期における陸軍脚気転地療養地としての軽井沢
―近代医学と療養の場所をめぐる健康地理学―」

ビジネス・ミーティング:2019年度の活動について


研究グループ2019年度活動報告トップに戻る