(5)離島地域研究グループ

代表者   須山 聡 

2018年度は日本地理学会の春季学術大会に合わせて研究会を開催した。活発な討論が行われ盛会であった。

[研究会]2018年3月23日(金)、於 東京学芸大学、参加者15名。
  助重雄久(富山国際大):「離島観光の振興とその限界―宮古島を事例として―」
  遊佐順和(札幌国際大):「利尻島・礼文島の昆布漁における外部人材導入の意義」
終了後、懇親会を開催した。


研究グループ2018年度活動報告トップに戻る