(26)都市の社会・文化地理学研究グループ

 代表者 大城 直樹

本年度の本研究グループの活動は、以下の通り研究集会を軸に、ミニ集会や展覧会等のイベント観覧および巡検を随時行うことによって構成されている。2018年3月と9月、春・秋の学術大会時に研究集会(Unequal Cities of Spectacle in the Global East,戦後沖縄における基地都市の形成――サーヴィス業の集積に着目して)を行い、2018年5月、6月、9月、12月に、展示会熟覧(写真都市展)、ミニ集会(東京・下町エリアにおける都市再編とリノベーション)+巡検、展覧会熟覧(リヒター/クールベ)+事前レクチャーを開催した。詳細は下記の通りである。なお、当研究グループでは、メーリングリストを活用し案内を行い、情報を交換・共有し、webページ上に活動記録の詳細を掲載している(http://www.kisc.meiji.ac.jp/~oshiro/pub_cul.html)。

[第26回研究集会]2018年3月23日(金)15時~17時、於 東京学芸大学、参加者23名。
Hyun Bang Shin (LSE):“Unequal Cities of Spectacle in the Global East”

[第27回研究集会]2018年5月20日(日)14時~17時、於 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1 &2、参加者6名。
「写真都市展-ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-を観る」(案内者:大城直樹(明治大))

[第28回研究集会]2018年6月30日(土)13時~18時、於 明治大学および墨田区、参加者14名。
下村泰広(玉川大):「東京・下町エリアにおける都市再編とリノベーション」+巡検:墨田区京島・文花地区

[第29回研究集会]2018年9月23日(日)15時~17時、於 和歌山大学、参加者26名。
加藤政洋(立命館大):「戦後沖縄における基地都市の形成―サーヴィス業の集積に着目して―」

[第30回研究集会]2018年12月15日(土)13時~17時、於 明治大学および国立西洋美術館、参加者9名。
「リヒター/クールベ」(国立西洋美術館特別展示を観る)(事前レクチャー:成瀬 厚(東京経済大・非))


研究グループ2018年度活動報告トップに戻る