(19)少子高齢化と地域問題研究グループ

代表者  宮澤 仁

2015年4月からは科学研究費補助金 基盤研究(A)の採択を受けて「「社会保障の地理学」による地域ケアシステム構築のための研究」に活動の主軸を移している。
奈良大学で2018年11月に開催された人文地理学会大会時にサブミーティングを開催し、当該科研費の最終成果となるシンポジウム(下記)の企画について主要メンバーと議論した。また、同じく最終成果となる英語書籍の出版に向けて準備を進めた。その他、研究グループのWebサイトならびにメーリングリストを用いて情報発信・情報交換を行った。
 [科研費サブミーティング]2018年11月25日(日)11時30分~13時、於 奈良大学、参加者5名。
  [シンポジウム(予定)]2019年3月21日(木)13時~、テーマ 日本における地域包括支援体制の構築―地域包括ケアシステムの現状と地域共生社会への展望―、於 専修大学。


研究グループ2018年度活動報告トップに戻る