学術大会・イベント情報

Registering with Confit

Please note that the following changes apply from the Academic Meeting, Spring 2018:

  • In the “General Presentation” session, up to one paper per lead presenter or presenter can be presented either as an oral presentation or poster presentation. Additionally, the presenter in the “General Presentation” session can also present in the “Symposium Presentation” session.
  • A new presentation registration system, Confit, was introduced from the Academic Meeting Spring 2018. With the introduction of Confit, postal delivery of abstracts was abolished, and all abstracts are to be submitted as PDF files.
  • The following changes have been made to presentation topics:
    • “General Geography,” “Land use/landscape,” “Environmental system/regional environment,” “Area study/regional geography (domestic),” and “Other” have been removed.
    • “The Great East Japan Earthquake” and “Kumamoto Earthquake” have been merged into “Disasters.”
    • “Area Study/regional geography (overseas)” has been renamed “Area study overseas/regional geography.”
    • “Outreach” has been added since Academic Meeting, Spring 2019.

 

1.Registration

  • The presenter must register with Confit himself/herself on the Internet. The Meeting Committee does not carry out registration on behalf of the presenter.
  • Registration opens at noon on Monday  January 7th, 2019 and closes at noon on Monday January 21th, The input content can be revised as many times as necessary as long as revision is carried out during the registration period.
  • Anything registered before 12:00 noon on January 7th 2019 will be deleted when the application opens. Please do not access Confit until the first day of registration (at noon on January 7th).
  • The ID (account) acquired when registering with Confit is valid for this meeting only.

 

Click here to register with Confit

【Important】When registration is confirmed, the “Your presentation has been registered” will be sent to you by e-mail. Please ensure you that are registered.

 

The user guide

Style manual for proceedings of the Academic Meeting

 

 

2.During registration

  • Please register items according to the Confit screen. Information about the use of HTML tags, character reference, Greek alphabet, how to register the presentation title, and how to apply is provided on the Confit site.
  • For the author’s name/affiliation, the presentation title, and keywords, please input the same contents as provided in the abstract (the PDF file) that is produced separately. Those affiliated with universities, please abbreviate your affiliation as shown in the examples below. Other presenters, please fill in your affiliation in as simple a format as possible following the program of past Academic Meetings available in copies of the Geographical Review of Japan.
    • Chiri University, Graduate School of Comprehensive Culture -> Chiri U. (the university is abbreviated to “U” and faculties and graduate schools are omitted.)
    • Postgraduate student at Chiri University -> Chiri U, PG (postgraduate students are expressed as “PG,” undergraduate students as “UG,” and postdoctoral researchers “PD”)
    • Part-time Lecturer, Faculty of Letters, Chiri University -> Chiri U, PT
    • Emeritus Professor, Chiri University -> Chiri U, Emeritus)
    • Chiri University/JSPS Fellow -> JSPS PD/Chiri U, Chiri U JSPS DC (JSPS PD comes before the affiliated university and JSPS DC comes after the affiliated university)
  • Membership type (full/student/non-member) should be manually input.
  • To delete affiliation or author, please leave everything blank and update.
  • Only presenters should input their e-mail address.
  • When English is selected as the language of presentation, the entry in the program will be in English.
  • A password is necessary to revise registration content after the first attempt.
  • An abstract is used to facilitate easier search and viewing on the Internet. The maximum number of characters is 2,000. The abstract can be the same as the PDF file, a simplified version, or a shorter one. In order to promote the internationalization of the Association, please try to provide the abstract in English as well. One-byte characters can only be used in submitting the abstract in English.

 

3.Procedures in Confit registration

Please note that there have been some changes to the registration procedure due to the change of the registration system.

  • In conventional PASREG registration, the procedure was such that “after obtaining the registration number (reference number), the abstract [was] inserted and then it [was] submitted again.” However, with Confit, registration and submission of the abstract will take place at the same time. Hence, please start registration after having prepared the PDF file of the abstract.
  • If you are presenting in both the General Presentation session and the Symposium presentation session, you will use the same login ID.
  • The maximum length of an abstract to be registered is one page.
  • Saving does not complete registration. Please make sure to proceed to the last stage, “Submit.” Also, please check your e-mail for a notification that registration has been completed.

 

(1) Logging in

  • In order to submit an abstract, you must have a registered account. If you do not have an account, please register for an account through the “Create an account” link. You cannot register for an account once the submission period is expired (you need to register for a new account for each Academic Meeting).

 

(2) After logging in, registration, and submission of the abstract

  • Please start the registration procedure after you have prepared the PDF file of your abstract.
  • Up to ten affiliations can be registered.
  • Information of up to ten presenters can be registered.
  • To delete affiliation or author, please leave everything blank and update.
  • Only presenters should input their e-mail addresses.
  • Before completing registration, please confirm that you have observed “terms and conditions” on the screen by ticking “Agree.”
  • After a set amount of time has passed (when there is no clicking for more than 60 minutes), you will automatically be logged out. You will then have to log in again.
  • Please upload the PDF file of your abstract.

 

2019年春季大会高校生ポスターセッションの募集について

2019年1月中に学会ウエブサイトでご案内の予定です。

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッション受賞者

会長賞

辻本桜子・木奥美玖・佐野 萌・中山晴香・長谷川知優(お茶の水女子大学附属高等学校)
「バーチャルウォーターから見る水問題」

理事長賞

工藤文音(大阪府立岸和田高等学校)
「大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究」

永島日向子・藤田杏奈・縫谷涼花(鳥取県立鳥取西高等学校)
「Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言)」 

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッション発表リスト

和歌山大学で開催される2018年秋季学術大会において、10回目となりました高校生ポスターセッションを開催いたします。全国の高校生による計21件のポスターが掲示発表されます。
ポスター発表のコアタイムは23日(日)12時~13時です。皆様ぜひ会場へお越しください(高校生の大会参加は無料です)。

 

発表番号 発表の標題 筆頭発表者(学年) 連名発表者(学年) 学校名
1 日常的な体温測定は東南アジアにおける感染症の早期発見に効果があるか 会田涼夏(3年)   宮城県仙台二華高等学校
2 カンボジアにも災害地名はあるのか 古泉杏奈(3年)   宮城県仙台二華高等学校
3 バイヨン中学校において十分な教育をするための自助的なシステムと有用性 田村渓一郎(3年)   宮城県仙台二華高等学校
4 熱中症のリスクとその対策 上田萌加(2年) 原なつ美・石井野乃華・菅沼玲奈・鈴木ひとみ(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
5 東日本大震災の教訓から考える未来 成 玲娜(2年) 大河原 早紀・長澤 ジョディー彩(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
6 バーチャルウォーターから見る水問題 辻本桜子(2年)  木奥美玖・佐野萌・中山晴香・長谷川知優(2年) お茶の水女子大学附属高等学校
7 隅田川における新たな交通機関としての水上交通の考察 藤原 達也(2年) 佐藤 亮平(2年) 高輪高等学校
8 データを用いたバス交通網再編の分析 岡本 沙紀(3年) 小林 俊介・田中 希実・秦 百合子・松野 大河・森田 一馬(3年) 筑波大学附属高等学校
9 軍都伏見と戦争遺構 安藤 夕夏(1年) 堀本 真理恵(1年) 京都教育大学附属高等学校
10 京都市伏見区の自然災害対応 岡村 修平(1年) 野田 祥汰・柚木 倫太郎・吉田 智之愼(1年) 京都教育大学附属高等学校
11 京都市伏見区の民泊事情 芝本 登萌(2年)   京都教育大学附属高等学校
12 富山市のコンパクトシティ 中尾俊介(2年) 水嶋渉・野田幸輝・川下慶和・樫勇岳(2年)・(中学生:金政秀雄・篠田直弥・田中大熙・塩﨑雄・徳和目脩太・山田裕大・司彩希) 洛星中学校・高等学校
13 SDGsの目標11に関して持続可能な都市を様々な観点から考察する ―茨木サニータウンと他のニュータウンの比較 廣田将也(2年)   大阪教育大学附属高等学校池田校舎
14 ジブリ作品に表現された地理的描写に関する考察 荒井那月(2年) 入江真樺・南谷果音・山本若菜(2年) 大阪府立岸和田高等学校
15 大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究 工藤文音(2年)   大阪府立岸和田高等学校
16 大阪都市圏郊外における地域景観の変化~岸和田市尾生町を例に~ 丸山夕葉(2年)   大阪府立岸和田高等学校
17 ニューカマー外国人への生活実態調査の結果を基にした外国人と市民との信頼醸成活動とその成果 ―兵庫県丹波市の場合― 采女穂乃美(2年) 近藤 美陽・黒田 梨菜・平原 萌子(2年) 兵庫県立柏原高等学校
18 大型店舗と地元商店街の共存を目指して―兵庫県丹波市柏原町を事例として― 中道歩美(3年)   兵庫県立柏原高等学校
19 明治~昭和初期の鳥取市街地拡張 ―城下町の近代化― 澤田 海宏(3年)   鳥取県立鳥取西高等学校
20 Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言) 永島日向子(2年) 藤田杏奈・縫谷涼花(2年) 鳥取県立鳥取西高等学校
21 鳥取城下町の稲荷 ―地域に根付く稲荷信仰を探して― 西脇考之佑(1年) 戸國航(2年)・澤田海宏(3年) 鳥取県立鳥取西高等学校

 

・2018年秋季大会高校生ポスターセッションの募集

2018年秋季学術大会(和歌山):高校生ポスターセッションの募集が開始されました。

詳しくは以下のリンクをご覧ください。

2018年秋季学術大会(和歌山):高校生ポスターセッションの募集について

・2018年春季大会受賞者
http://www.ajg.or.jp/20180514/4505/

・2018年春季大会発表リスト
http://www.ajg.or.jp/20180311/4369/

・2017年秋季大会受賞者・発表リスト
http://www.ajg.or.jp/20171102/3732/
http://www.ajg.or.jp/20170914/3405/

2017年春季大会以前の受賞者
http://www.ajg.or.jp/hs-poster/award-excellence/

G空間EXPO2018日本地理学会主催シンポジウム「地理学で読み解く食の愉しみ――川上から川下まで」開催

日本地理学会企画専門委員会は,本年度もG空間EXPO2018におけるシンポジウムの開催を企画しました.皆様のご参加をお待ちします.

日 時 2018年11月17日(土)14時〜16時30分
場 所 「日本科学未来館」(江東区)7階 イノベーションホール
テーマ 地理学で読み解く食の愉しみ――川上から川下まで
オーガナイザー 一ノ瀬俊明氏((研)国立環境研究所)
講演者
 西森基貴氏((研)農業・食品産業技術総合研究機構)
 野中健一氏(立教大学教授)
 尾形希莉子氏(お茶の水女子大学・学生)・長谷川直子(お茶の水女子大学准教授)
問合せ先: 03-3815-1912  電子メール office@ajg.or.jp
※入場無料,事前申込の必要はありません.

[G空間EXPO2018ポスター]

2019年春季学術大会のお知らせ(第2報)

2019年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り専修大学において開催します.本大会で発表を希望する会員は,日本地理学会ホームページにある「発表予定者へのお知らせ」(2018年12月中に掲載予定)を参照の上,本会ホームページからの登録を2019年1月7日(月)正午~21日(月)正午までに行い申し込んで下さい.

1.期  日  2019年3月20日(水)~3月22日(金),総会・代議員会は3月19日(火)午後に予定しています.

2.会  場  専修大学(生田キャンパス)

3.連 絡 先 〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1

         専修大学・文学部 江崎雄治 e-mail:esaki@isc.senshu-u.ac.jp

4.日  程 3月20日(水)一般発表,懇親会

                 3月21日(木)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会

         3月22日(金)巡検

5.一般発表の申し込み

一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表がありますが,いずれの形式も発表としては同格です.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は会員に限ります.また,同一の発表者による発表は,口頭発表・ポスター発表を通じて1人1題ですので,御注意下さい.①口頭発表は,発表15分,質疑応答4分です.大会運営上の要請から発表の時間を指定しますので,各自の発表の日時は,後日発表されるプログラムを参照下さい.発表に際してプロジェクタは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.②ポスター発表は,3月20日(水)10時~18時と21日(木)9時~15時に行います.展示場所を指定しますので,この場所で口頭説明を行って下さい.口頭説明の時間は任意ですが,今大会では,20日(水)の17時~18時と21日(木)の11時40分~12時10分を口頭説明のコアタイムとして設定します.発表者はこの時間帯に20分程度の口頭説明と質疑応答を行って下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90㎝×高さ180㎝×1枚です.ポスター会場での資料等の配布は自由です.

一般発表は発表登録を本会ホームページからすませた上で,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下送付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,本会ホームページ掲載の御案内(2018年12月に掲載予定)を参照下さい.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月21日(月)までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループ集会の会場申し込み

研究グループの集会は,3月21日(木)13時~17時の間に設定する予定です.会場を用意しますので,開催希望グループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時),④参加見込み人数を文書(書式自由)で,1月21日(月)までに,学会事務局気付で集会専門委員会宛に申し込んで下さい(e-mail可).会場に限りがあるので,御希望に添えない場合もあります.また,会場校では研究グループ集会に関わる準備は行いません.会場校の負担軽減および一般発表の充実に御協力下さい.

2018年日本地理学会秋季学術大会 高校生ポスターセッション 受賞者

会長賞

辻本桜子・木奥美玖・佐野 萌・中山晴香・長谷川知優(お茶の水女子大学附属高等学校)
「バーチャルウォーターから見る水問題」

理事長賞

工藤文音(大阪府立岸和田高等学校)
「大阪府内各市町村のゴミ処理事業に関する研究」

永島日向子・藤田杏奈・縫谷涼花(鳥取県立鳥取西高等学校)
「Youth Pledge following The Paris Agreement(パリ協定における若者宣言)」 

2019年春季学術大会における巡検の募集

2019年春季学術大会に際して,巡検を企画する会員は,12月7日(金)までに,(1)テーマ,(2)案内代表者,(3)連絡先,(4)参加費,(5)募集人数,(6)参加申し込締切,(7)コースを記した提案書をe-mail(office@ajg.or.jp)もしくはFAX(03-3815-1672)にて,集会専門委員会までお送り下さい.また,巡検に関わる補助金の申請があれば同時に行って下さい(申請様式はホームページよりダウンロードできます).理事会にて検討の上,決定します.

2019年春季学術大会におけるシンポジウムの募集

2019年春季学術大会において,シンポジウムの開催を提案する会員は,12月7日(金)までに,(1)テーマ,(2)オーガナイザー,(3)200字以内の趣旨,(4)連絡先を記した提案書をe-mail(office@ajg.or.jp)もしくはFAX(03-3815-1672)にて集会専門委員会までお送り下さい.原則としてシンポジウムは2日目の午後に時間を設定します.研究グループ集会も2日目の午後に設定されますので,研究グループを主体にシンポジウムを開催する場合は,日程の重複に御注意下さい.会場の都合により,シンポジウムの開催時間は4時間以内とさせていただきますが,3時間以内のシンポジウムであれば,2日目の午前中に設定することもできます.また,申請に基づき,理事会が特にその必要を認めるものについては,理事会主催として,1日目に設定することもあります.なお,公開シンポジウムは,理事会が主催するシンポジウムに限らせていただきます.御希望にそえない場合があるかもしれませんが,その節は御了承下さい.なお,シンポジウムに関わる補助金の申請があれば同時に行って下さい(申請様式はホームページよりダウンロードできます).理事会にて検討の上,決定します.

2019年春季学術大会のお知らせ(第1報)

2019年日本地理学会総会および春季学術大会を下記のとおり開催いたします.

 1.期 日 2019年3月20日(水)~3月22日(金)(総会・代議員会は3月19日(火)午後に予定しています)
 2.会 場 専修大学(生田キャンパス)
 3.連絡先 〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田 2-1-1
        専修大学・文学部
        江崎雄治 esaki@isc.senshu-u.ac.jp
 4.日 程 3月20日(木)一般発表,懇親会
        3月21日(金)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会
        3月22日(土)巡検

秋季学術大会における各研究グループの研究例会開催について

1.日時および会場 9月23日(日)午後.東1号館(G棟),東2号館(L棟)で開催されます.会場はグループ名の後に示します.
2.集会および話題提供
13時~15時開催
 近代日本の地域形成研究グループ(G107教室)
 都市気候環境研究グループ(G201教室)
  伊藤智洸(立正大・院):地上気象観測に基づく埼玉県熊谷市街地と郊外との比湿差の特徴
  大和広明(長野県環境保全研):長野市におけるヒートアイランド強度の時間変化と郊外の接地逆転との関係
 土地利用・陸域変化研究グループ(G205教室)
 産業経済の地理学研究グループ(G206教室)
  加藤秋人(東京大・院):中小企業のネットワーク化を通じた航空機産業クラスターの展開
       ――神戸航空機クラスターを事例として
 観光地域研究グループ(G207教室)
  加藤久美(和歌山大)
  リカルド ニコラス プロガノ(和歌山大・院)
 都市地理学研究グループ(L104教室)
  高橋昂輝(香川大):北米都市における選挙とエスニック集団――2018年トロント市議会議員選挙に向けて
 サービス化と流通の地理学研究グループ(L105教室)
  秦 洋二(流通科学大):近年のサービス研究の動向と課題
   台湾の地理研究グループ (G202教室)

15時~17時開催
 地図・地図資料の歴史GIS研究グループ(G107教室)
 農業・農村の地理学研究グループ(G201教室)
 ジェンダーと空間/場所研究グループ(G205教室)
  太田麻希子(立教大)
  IGC報告
 国際経済・経営地理学研究グループ(G206教室)
  陳  林(広島大)
 都市の社会・文化地理学研究グループ・エスニック地理学研究グループ(G207教室)
  加藤政洋(立命館大):戦後沖縄における基地都市の形成――サーヴィス業の集積に着目して
 地理教育国際共同研究グループ(L104教室)

2018年秋季学術大会:口頭発表座長表

 

   9月22日(土)午後  9月23日(日)午前  9月23日(日)午後
第1会場

地理教育公開講座・地理総合  

シンポジウムS01 シンポジウムS00
第2会場

211~213 上杉昌也
214~216 埴淵知哉
217~219 桐村 喬

シンポジウムS02 シンポジウムS04
第3会場

311~313 森本健弘
314~315 荒木一視
316~317 両角政彦
318~319 横山 智

シンポジウムS05

 

第4会場

411~413 杉本興運
414~416 深見 聡 

シンポジウムS03 

シンポジウムS06

第5会場

511~513 高橋日出男
514~516 菅野洋光
517~518 西森基貴
519         松本 淳 

521~523 永野良紀
524~525 渡来 靖

 

第6会場

611~613 鈴木重雄
614~616 江口誠一
617~619 水野一晴

621~622 黒木貴一
623~625 今野明咲香

 

第7会場

711~712 中村周作
713~715 駒木伸比古
716~718 杉山和明    

721~723 南埜 猛
724~726 井田仁康
727~728 香川貴志

 

第8会場

811~813 渡辺理絵
814~815 関戸明子
816~818 濱田琢司

821~822 山崎孝史
823~825 梶田 真
826~828 金 枓哲