公募情報(学術賞・研究助成・研究)

2007年度「朝日賞」候補者推薦

1.対象 各界,あらゆる分野で傑出した業績をあげ,文化・社会の発展,向上に多大な貢献をした個人または団体.推薦を希望される会員は,所定の用紙(学会事務局に請求のこと)に必要事項を記入の上,8月25日(土)までに理事会あてに御提出下さい.理事会にて推薦を決定いたします.

2008年度女性科学者に明るい未来をの会「猿橋賞」受賞候補者推薦

1.対象 自然科学の分野で,顕著な研究業績を収めた11月30日現在で満50歳未満の女性科学者.
2.賞 賞状,副賞として賞金30万円.
3.申請 推薦を希望される会員は,所定の用紙(URL http://www.saruhashi.net/からダウンロードできます)に受賞候補者の推薦対象となる研究題目,推薦理由(800字程度),略歴,主な業績リストを記入し,主な論文別刷10編程度(2部ずつ)を添えて,11月8日(木)までに理事会あてに御提出下さい.理事会にて推薦を決定いたします.

平成19年度(第29回)沖縄研究奨励賞候補者推薦

1.対象 沖縄を対象とした自然科学・人文科学・社会科学の研究者の中で,将来性豊かなすぐれた研究を行っている新進研究者(またはグループ)3名,年齢は50歳以下(7月15日現在).
2.賞  賞状,ならびに副賞として研究助成金50万円.
3.詳細 URL http://homepage3.nifty.com/okinawakyoukai/を参照して下さい.推薦を希望される会員は所定の用紙(上記(財)沖縄協会のホームぺージよりダウンロードできます.もしくは.FAX 03-3597-5854に申し込む)に必要事項を記入の上,9月6日(木)までに理事会あてに御提出下さい.理事会にて推薦を決定いたします.

平成19年度福武学術文化振興財団歴史学・地理学助成

1.対象分野 地図学,自然・人文・歴史地理,地理情報システム(GIS)などに関する国際的に重要な研究.日本の地域に関する,新しい観点からの地理研究.今日的な意義のある,独創的な地理研究.地球環境や発展途上国に関する国際的な共同研究.地理教育や教育方法に関する研究.上記に関する将来性に富んだ研究,国際的な共同研究,学際的研究.上記に関する学会,研究集会の開催に対する助成,支援.
2.対象者  下記の研究グループまたは個人研究者.1)大学・研究機関が承認する研究者,2)博士課程修了者(博士の学位取得者),3)高等学校に勤務する教員,4)小学校,中学校に勤務する教員(対象研究分野は,地理教育).
3.助成期間 平成20年4月より1年間.
4.申請受付 8月20日(金)~9月20日(木)当日消印有効.申請手続の詳細は下記へお問い合わせ下
続きを読む

平成19年度福武学術文化振興財団次世代歴史・地理教育支援助成

1.対象分野 1)歴史・地理,およびその融合された分野でのユニークな教育実践,振興,普及.2)歴史・地理,およびその融合された分野での教師の指導法や学習意欲を育むための研究.
2.対象者 1)大学・研究機関が承認する研究者,研究団体.2)小学校,中学校,高等学校に勤務する教員.
3.助成期間 平成20年4月より1年間.
4.申請受付 8月20日(月)~9月20日(木)当日消印有効.申請手続の詳細は下記へお問い合わせ下さい.申請書は下記ホームページよりダウンロードできます.〒206-8686 多摩市落合1-34 財団法人  福武学術文化振興財団 事務局 電話 042-356-0810 FAX 042-337-0090  URL http://www.fukutake.or.jp

東京大学空間情報科学研究センター平成19年度共同研究募集

1.対象分野 人文・社会科学および自然科学の全分野.
2.対象者  大学,大学院,短期大学,研究機関に研究者として所属する者.または,全国共同研究審査委員会委員長が適当と認めた者.
3.申請書類のダウンロード・申込方法 詳細は URL http://www.csis.u-tokyo.ac.jp/japanese/research_activities/joint-research.html を御参照下さい.
4.申込期間 随時.
5.申請書類の送付および問合せ先 申請書類はe-mailまたは郵送でお送り下さい.東京大学空間情報科学研究センター 共同研究受付係 担当:佐藤英人 〒277-8568 柏市柏の葉5-1-5  電話 04-7136-4291  FAX 04-7136-4292

第10回猿田彦大神フォーラム「みちひらき研究/創作」助成の募集

1.テーマ 1)猿田彦大神に関する大胆な仮説や綿密な調査に基づく研究,2)神話・伝承・宗教・精神文化の未来的、創造的な研究.
2.形態 1)研究論文,2)創作表現(美術・舞踊・音楽・映像・文芸などジャンルは問わない.猿田彦神社境内で展示・上演が可能なもの).
3.助成金 一席(1件)50万円,奨励(3件以内)20万円.
4.締切 8月10日(金).
5.応募方法 タイトルと要旨を2,000字以内にまとめ,氏名・連絡先(住所・電話番号・e-mailアドレス)・略歴・職業・年齢を明記し,郵便またはe-mailにて送付(参考資料があれば同封).詳細は下記アドレスまで.
6.送付先 猿田彦神社 助成事業係 〒516-0026  伊勢市宇治浦田2-1-10
7.問合せ先 猿田彦大神フォーラム事務局 電話 06-6221-2555   FAX 06-6221-5938 URL http://www.convention.co.jp/sarutahiko/

第4回「日本学術振興会賞」受賞候補者募集

1.事業の趣旨 日本の学術研究の水準を世界のトップレベルにおいて発展させるためには,創造性に富み優れた研究能力を有する若手研究者を早い段階から顕彰し,その研究意欲を高め,研究の発展を支援していく必要がある.この趣旨から日本学術振興会は,平成16年度に日本学術振興会賞を創設.
2.対象分野 人文・社会科学および自然科学の全分野.
3.対象者 国内外の学術誌等に公表された論文,著書,その他の研究業績により学術上特に優れた成果を上げたと認められる者のうち,2007年4月1日現在以下の条件を満たす者.1)45歳未満.2)博士の学位を取得(博士の学位を取得した者と同等以上の学術研究能力を有する者を含む).3)日本国籍を有する者または外国人であって推薦時点において日本で5年以上研究者として大学等研究機関に所属しており,今後も継続して日本で研究活動を予定.
4.推薦権者 1)日本の大学等研究機関の長.2)優れた研究実績を有する日本の学術研究者.
5.授賞等 授賞数は毎年度20件程度,副賞として研究奨励金110万円を贈呈.日本学術振興会賞受賞者の中から特に優れた者5名以内に,日本学士院学術奨励賞が授与される.
6.申請書類ダウンロード・申込み方法 URL http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/index.htmlを参照して下さい.
7.受付期間 6月4日(月)~6日(水)必着.
8.提出先 〒102-8472 千代田区一番町8番地 独立行政法人 日本学術振興会 総務部研究者養成課 「日本学術振興会賞」担当 電話 03-3263-1762 FAX 03-3222-1986 URL http://www.jsps.go.jp/jsps-prize/

2007年度地球化学研究協会学術賞「三宅賞」および「奨励賞」の受賞候補者公募

1.三宅賞 1)対象 地球化学に顕著な業績をおさめた研究者に贈呈.2) 賞 賞状,副賞として賞牌および賞金(30万円).

2.奨励賞 1)対象 地球化学の進歩に優れた業績を挙げ,将来の発展が期待される若手研究者(下記締切日に35歳未満であること)に贈呈.2) 表彰内容 10万円.
3.締切 8月31日.
4.応募方法 応募書類は下記地球化学研究協会ホームページよりダウンロードできます.日本地理学会より推薦を希望される会員は,所定用紙に必要事項を記入,主な論文(三宅賞10編程度,奨励賞2編程度)を添えて,8月*日(木)までに理事会あてに御提出下さい.理事会で推薦を決定いたします.
5.問合せ先・詳細 地球化学研究協会 地球化学研究協会ホームページhttp//wwwsoc.nii.ac.jp/gra/