(7)高齢者の地理学研究グループ

2009年度活動報告


代表者  平井 誠

 

2009年度も前年度に引き続き、春と秋の日本地理学会大会時に定例の会合を持ち、研究報告および議論を行った。各会の報告は以下の通りである。

[第1回]2009年3月29日(日)13時~15時、於 帝京大学、参加者6名。
田原裕子(國學院大):「日本における引退移動の動向―福島県の事例を中心に―」

[第2回]2009年10月25日(日)13時~15時、於 琉球大学、参加者7名。
岩間信之(茨城キリスト教大):「高齢者世帯の食をめぐる生活環境問題の現状と課題」
畠山輝雄(日本大):「市町村の権限拡大に伴う介護保険サービスの地域差の変化とその要因-地域密着型サービスに着目して-」

研究グループトップに戻る