(13)地理教育理論研究グループ

2009年度活動報告


代表者  山口 幸男

 

[第4回研究集会]2009年3月29日(日)13時30分~16時30分、於 帝京大学、参加者20名。
①志村 喬(上越教育大):「地理教育におけるサンプルスタデイに関する考察」
②西木敏夫(目白研心中学校高等学校):「高校地理歴史科における必修地理(地理基礎)2単位のあり方について」
③特別座談会「新高校学習指導要領地理をめぐって」、話題提供者、戸井田克己(近畿大)、小林正人(都立鷺宮高等学校)

[春季大会シンポジウム開催](予定)2010年3月28日(日)13時00分~17時00分、於 法政大学。
2010年度春季大会において、本研究グループと関連するシンポジウム「地理学習論の再構築―地誌学習論、主題学習論、巡検学習論をめぐって―」を開催する予定である。オーガナイザー:山口幸男(群馬大)、発表者:牛込裕樹(大妻中野中学校高等学校)、柴田祥彦(東京都立国分寺高等学校)、小林正人(東京都立鷺宮高等学校)、今井英文(岡山市立後楽館高等学校)、松岡路秀(神奈川県大和市教育委員会)

研究グループトップに戻る