(5)GIS教育研究グループ

2007年度活動報告


代表者  鈴木 厚志
 GIS教育研究グループは、昨年度に引き続き高等教育機関におけるGIS教育のあり方の検討を中心に活動した。
 2007年3月22日の東洋大学における研究会では、2007年度の活動方針を議論し、GIS技術資格、GIS学術士、地理系の地理情報科学標準カリキュラムについて進捗状況を報告しあい、情報を共有した。なかでも、GIS学術士制度については、同グループが会員に対して呼び掛けをし、同制度の経緯と今後の進め方や手続きの方法、標準カリキュラムの内容についての質疑と意見交換会を実施した。10月の熊本大学においては研究会を実施しなかったが、電子メールを使用して、東京大学の岡部篤行教授らが推進する地理系の「地理情報科学標準カリキュラム」内容について、広く研究グループのメンバーから意見を聴取した。
研究グループトップに戻る