(7)地理情報科学研究グループ


代表者  村山 祐司

本年度は、昨年度に本研究グループが企画した「GISに関する地理学評論特集号」の実現を目指して活動を行った。その結果、合計8編の論文が、特集号編集委員会の審査を経て、地理学評論9月号と10月号に掲載された。

さらに、本年度は大学におけるGIS教育について検討を行った。2004年度春季学術大会中に開かれるグループの会合でその成果を報告する予定である。

話題の提供は以下の通り。
川瀬正樹(広島修道大):「低予算で実現する大学のGIS教育」
村山祐司(筑波大):「大学における地理学実習用GISの開発」

 
研究グループ 2003年度活動報告トップに戻る

(c)Copyright 2004. The Association of Japanese Geographers