(19)教員養成プログラム研究グループ


代表者  川田 力

2003年度秋季学術大会において「地理を教えるということとは?-地理教育力のさらなる向上をめざして」(オーガナイザー:井田仁康(筑波大)・前杢英明(広島大)・川田 力(岡山大))と題するシンポジウムを開催した。(参加者約80名)

川田 力(岡山大):「地理を教えるということとは?」
岡田秀徳(島根大学教育学部附属中学校):「中学校における地理教育の現状と課題」
泉 貴久(専修大学松戸高等学校):「地理教育改革への期待と課題-高等学校現場からの提言」
伊藤裕康(香川大):「教師教育の場における地理教育」
井田仁康(筑波大):「地理教育力のさらなる向上をめざして」
コメント:川相雅裕(岡山県立倉敷天城高等学校)・荒木一視(山口大)

総合討論でも地理教育実践上の課題として各学校種相互の連携の重要性および教員養成のありかたについて活発な議論が行われた。

 
研究グループ 2003年度活動報告トップに戻る

(c)Copyright 2004. The Association of Japanese Geographers