(14)GIS教育研究グループ


代表者  千歳 壽一

本研究グループは2001年に発足以来3年目に入り、今年度は2002年度のシンポジウムと研究会の結果を踏まえて、GIS教育カリキュラムを具体的に研究する会を2回開催した。

3月29日午後、東京大学本郷キャンパスにおいて行われた研究会で、先進的大学のカリキュラムからどのような標準的カリキュラムをつくり出すかについて議論されたが、ニーズが大学の性格によって異なるため、いくつかの分類に基づくカリキュラムを検討することになった。

10月13日、岡山大学における研究会においては、GIS教育の類型を目的別に四つに分け、それぞれの分類別に、試案作成のための方法について議論し、カリキュラム作成の集約の可能性が高い分類から着手することとし、次回に試案を検討することになった。また他の分類のなかで、地理情報システム学会等他の団体との連携の下に、研究すべきものについても、積極的に連絡をとり、推進を図ることとした。

 
研究グループ 2003年度活動報告トップに戻る

(c)Copyright 2004. The Association of Japanese Geographers