(26)気候と災害の歴史研究グループ

代表者  三上 岳彦

 

2016年度は、春季学術大会で以下の通り国際研究例会を開催し、3件の発表と活発な質疑応答があった。

[国際研究例会]2016年3月22日(火)15時~17時30分、於 早稲田大学教育学部、参加者40名。

Chair: M.Zaiki

15:00-15:10  Brief  Introduction

15:10-15:40  “Recent progress of the historical climatology in Japan” by T. Mikami (Teikyo Univ.)

15:40-16:20  “Climate change over the last millennium” by R. S. Bradley (Univ. Massachussetts,USA)

16:20-17:00  “Analyses of societal adaptations to climate changes in the past – Integrating paleoclimatology with history and archaeology in Japan” by T. Nakatsuka (RIHN)

17:00-17:30  Discussion

 


研究グループ 2016年度活動報告トップに戻る