お知らせ

2019年春季学術大会のお知らせ(第2報)

2019年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り専修大学において開催します.本大会で発表を希望する会員は,日本地理学会ホームページにある「発表予定者へのお知らせ」(2018年12月中に掲載予定)を参照の上,本会ホームページからの登録を2019年1月7日(月)正午~21日(月)正午までに行い申し込んで下さい.

1.期  日  2019年3月20日(水)~3月22日(金),総会・代議員会は3月19日(火)午後に予定しています.

2.会  場  専修大学(生田キャンパス)

3.連 絡 先 〒214-8580 神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1

         専修大学・文学部 江崎雄治 e-mail:esaki@isc.senshu-u.ac.jp

4.日  程 3月20日(水)一般発表,懇親会

                 3月21日(木)一般発表,シンポジウム,研究グループ集会

         3月22日(金)巡検

5.一般発表の申し込み

一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表がありますが,いずれの形式も発表としては同格です.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は会員に限ります.また,同一の発表者による発表は,口頭発表・ポスター発表を通じて1人1題ですので,御注意下さい.①口頭発表は,発表15分,質疑応答4分です.大会運営上の要請から発表の時間を指定しますので,各自の発表の日時は,後日発表されるプログラムを参照下さい.発表に際してプロジェクタは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.②ポスター発表は,3月20日(水)10時~18時と21日(木)9時~15時に行います.展示場所を指定しますので,この場所で口頭説明を行って下さい.口頭説明の時間は任意ですが,今大会では,20日(水)の17時~18時と21日(木)の11時40分~12時10分を口頭説明のコアタイムとして設定します.発表者はこの時間帯に20分程度の口頭説明と質疑応答を行って下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90㎝×高さ180㎝×1枚です.ポスター会場での資料等の配布は自由です.

一般発表は発表登録を本会ホームページからすませた上で,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下送付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,本会ホームページ掲載の御案内(2018年12月に掲載予定)を参照下さい.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月21日(月)までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループ集会の会場申し込み

研究グループの集会は,3月21日(木)13時~17時の間に設定する予定です.会場を用意しますので,開催希望グループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時),④参加見込み人数を文書(書式自由)で,1月21日(月)までに,学会事務局気付で集会専門委員会宛に申し込んで下さい(e-mail可).会場に限りがあるので,御希望に添えない場合もあります.また,会場校では研究グループ集会に関わる準備は行いません.会場校の負担軽減および一般発表の充実に御協力下さい.

2018年度小林浩二研究助成の申請案内

日本地理学会では,小林浩二会員から寄贈された資金をもとに,ヨーロッパに関する地理学的な地域研究を振興・発展させるために,研究助成を実施しております.下記の通り,研究助成の申請を受け付けますので,ふるって御応募下さい.

公益社団法人日本地理学会 理事長 松原 宏

助成対象:本学会の40歳未満(申請時直後の4月1日現在)の会員によるヨーロッパに関する調査・研究に対し,25万円を助成します.採択数は毎年度2件程度です.なお,本助成を受けた者は,調査・研究結果を2年以内に本学会学術大会及び国際的な研究発表の場において発表しなければなりません.
ダウンロードして下さい.
申請期間:2018年11月1日~11月30日
申請方法:申請書を本学会事務局(office@ajg.or.jp)へ電子メールの添付ファイルで送って下さい.
交付の決定:2019年3月.採択者には,2019年3月末の春季学術大会時に研究助成交付証を授与します.

公益社団法人日本地理学会「小林浩二研究助成」取扱規程 
公益社団法人日本地理学会「小林浩二研究助成」に関する内規

2018年度斎藤 功研究助成の申請案内

日本地理学会では,元会長である故斎藤 功会員の御遺族から寄贈された資金をもとに,南北アメリカに関する地理学的な地域研究を振興・発展させるために,研究助成制度を実施しております.下記の通り,研究助成の申請を受け付けますので,ふるって御応募下さい.

公益社団法人日本地理学会 理事長 松原 宏

助成対象:本学会の40歳未満(申請時直後の4月1日現在)の会員による南北アメリカに関する調査・研究に対し,助成金を支給します.採択数は毎年度2件程度です.なお,本助成を受けた者は,調査・研究結果を1年以内に本学会学術大会の場において発表しなければなりません
ダウンロードして下さい.
申請期間:2018年11月1日~11月30日
申請方法:申請書を本学会事務局(office@ajg.or.jp)へ電子メールの添付ファイルで送って下さい.
交付の決定:2019年3月.採択者には,2019年3月末の春季学術大会時に研究助成交付証を授与します.

公益社団法人日本地理学会「斎藤 功研究助成」取扱規程 
公益社団法人日本地理学会「斎藤 功研究助成」に関する内規

2018年度吉野正敏研究助成の申請案内

日本地理学会では,名誉会員である故吉野正敏会員の御遺族から寄贈された資金をもとに,気候・気象学に関する地理学的研究を振興・発展させるために,研究助成制度を実施します.下記の通り,研究助成の申請を受け付けますので,ふるって御応募下さい.

公益社団法人日本地理学会 理事長 松原 宏

助成対象:本学会の40歳未満(申請時直後の4月1日現在)の会員による気候・気象学に関する調査・研究に対し,助成金を支給します.採択数は毎年度2件程度です.なお,本助成を受けた者は,調査・研究結果を2年以内に本学会学術大会の場において発表しなければなりません
ダウンロードして下さい.
申請期間:2018年11月1日~11月30日
申請方法:申請書を本学会事務局(office@ajg.or.jp)へ電子メールの添付ファイルで送って下さい.
交付の決定:2019年3月.採択者には,2019年3月末の春季学術大会時に研究助成交付証を授与します.

公益社団法人日本地理学会「吉野正敏研究助成」取扱規程 
公益社団法人日本地理学会「吉野正敏研究助成」に関する内規

第57回日本女子大学史学研究会大会開催

第57回日本女子大学史学研究会大会が,11月24日(土)13時より日本女子大学新泉山館大会議室で行われます.
詳細については,下記アドレスを御参照下さい.
詳細 URL   http://www.jwu.ac.jp/unv/faculty_department/grd_humanities/history/news/2018/20181124.html