お知らせ

地理学評論 第6号(5月)

●論 説
味噌供給ネットワークにおける原料農産物の質の構築 伊賀聖屋・361-381

●短 報
茨城県旭村における養豚業の展開と銘柄豚事業 淡野寧彦・382-394

●書 評
石原 潤・溝口常俊:南アジアの定期市
 -カースト社会における伝統的流通システム-(岡橋秀典)・395-397

松岡憲知・田中 博・杉田倫明・村山祐司・手塚 章・恩田裕一編:
 地球環境学-地球環境を調査・分析・診断するための30章-
 (岩田修二)・397-398

吉野正敏:歴史に気候を読む(福岡義隆)・398-401

学界消息・i-iii
会  告・iv-v

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年05月02日

地理学評論 第5号(5月)

●Article
Development of Transaction Relations in Freshwater Fish Wholesale
Markets in Hanoi, Vietnam/IKEGUCHI Akiko 197-224(1-28)
Development and
Sustainability of Vegetable Farming in Geothermal Greenhouses: A Case Study of
Nigorikawa Area in Mori Town, Hokkaido/UMEDA Katsuki
225-245(29-49)
Morphology and Environmental Factors of Periglacial Hummocks
in the Nemuro Peninsula, Northern Japan/OGATA Takayuki
246-258(50-62)
Permafrost Sounding (2003-2005) in the Source Area of the
Yellow River, Northeastern Tibet/IKEDA Atsushi, SUEYOSHI Tetsuo, MATSUOKA
Norikazu, ISHII Takemasa, and UCHIDA Youhei 259-271(63-75)
Degradation of
Geoecological and Hydrological Conditions due to Grazing in South Carpathian
Mountains under the Influence of Changing Social Structure in
Romania/URUSHIBARA-YOSHINO Kazuko and MORI Kazuki 272-289(76-93)
The
Transhumance of Sheep in the Southern Carpathians Mts., Romania/SHIRASAKA
Shigeru 290-311(94-115)

●Symposiums
Open Symposium I: Symposium on
Food Systems to Networks: Knowledge, Information and Values of Food
312-316(116-120)
Symposium II: Regional Transformation after Fiscal Crisis in
Korea 316-319(120-123)
Open Symposium III: A Consideration of Points of
Contact with Geographical and Environmental Education from the View of Practical
School Education 319-320(123-124)

●Doctoral Dissertations in Geography Accepted at Japanese Universities,
Academic Year 2005 321-358(125-162)

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年05月01日

日本学術会議公開シンポジウム「科学技術立国の礎」--日本の計測・観察技術を再興する--開催

1.日時 5月10日(木)12時45分~18時15分.
2.会場 日本学術会議講堂(港区六本木7-22-34).
3.目的 バイオから材料まで第一線の講師を招き,科学技術の基盤に関しての諸問題を整理し,今後の日本独自の,先端的科学技術確立のための方策を探る.
4.演者 小柴昌俊(東京大学特別栄誉教授),田中耕一(島津製作所フェロー)ほか.
5.詳細 URL http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/33-s-3-3.pdfを御覧下さい.
6.問合せ先 日立製作所基礎研究所 分科会幹事 橋詰富博 電話 049-296-6111 FAX 049-296-6005 e-mail:tomihiro.hashizume.qb@hitachi.com

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年04月29日

日本学術会議公開シンポジウム「食育の現状と大学附属農場等の果たすべき役割」開催

1.日時 5月11日(金)13時~16時30分.
2.会場 日本学術会議講堂(港区六本木7-22-34).
3.目的 現在進められている食育の取組みについて紹介するとともに,国民と連携した今後の推進方向と,大学,特に食料生産から消費までを通した実践的総合教育・研究を行っている大学附属農場等の食育における果たすべき役割を明らかにする.
4.演者 服部幸應((学)服部学園理事長),中司 敬(九州大学農学部教授)ほか.
5.詳細 URL http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/33-s-2-2.pdfを御覧下さい.
6.問合せ先 宇都宮大学農学部教授(附属農場) 園芸生産技術学研究室 全国大学附属農場協議会食育プロジェクト課題化推進企画調整室 居城幸夫 〒321-4415 栃木県真岡市下籠谷443 電話・FAX 0285-84-1254(直通) e-mail: ijiro@cc.utsunomiya-u.ac.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年04月29日

地球規模の自然災害に対して安全・安心な社会基盤の構築シンポジウム

1.日時 5月9日(水)13時~17時.
2.会場 日本学術会議6-C会議室(6階)(港区六本木7-22-34 東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5番出口徒歩1分).
3.開催趣旨 日本学術会議地球規模の自然災害に対して安全・安心な社会基盤の構築委員会では,地球規模の災害を視野において,安全・安心のための社会基盤構築の在り方や将来の整備の適正水準を検討し,これらの自然災害や社会環境の変化に如何に対応すべきか,科学的知見に基づく具体的な政策提言(案)をまとめている.この政策提言について参加者とともに議論することを本シンポジウムの目的とする.
4.プログラム 詳細については,URL http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/34-s-4.pdfを参照して下さい.
5.参加申込方法 下記URL よりお申し込みください(電話での受付は行っておりません). URL http://www.jsce.or.jp/news/topics/h190509.html (土木学会ホームページ) 
6.申込締切 5月7日(月).
7.定員 先着120名.定員になり次第受付を終了.定員に達しない場合は,当日も受付を行う.開催日までに定員に達した場合,受付に漏れた方にのみ連絡を差し上げます.
8.問合せ先 土木学会企画総務課 電話 03-3355-3442 FAX 03-5379-0125

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年04月29日