お知らせ

平成19年度共同主催国際会議「第17回アジア社会科学研究協議会連盟(AASSREC)総会」(協賛)開催

1.会期 9月27日(木)~30日(日).

2.場所 名古屋大学(名古屋市千種区不老町).

3.概要 当国際会議では、「アジアにおける経済発展と環境問題」をメインテーマに、約18カ国・400名の研究者の参加が見込まれており、研究者のみならずアジアに関心を寄せる実務者にとっても興味深いプログラム(シンポジウム、 講演、研究発表等)を予定しています。当国際会議の詳細(リーフレット・総会概要)については、以下のURLを御覧下さい。日本学術会議ホームページ http://www.scj.go.jp/ja/event/index.html#0929 国際会議公式ホームページ http://www.aassrec.org/ 

4.問合せ先 日本学術会議 国際会議担当 荒井、丸山 電話 03-3403-5731 FAX 03-3403-1755 e-mail:i254@scj.go.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年09月19日

九州大学工学部国際学術交流フォーラム 「維持可能な都市のための地域デザイン--パトリック・ゲデスの遺産」開催

1.日時 9月30日(日)10時00分~16時30分.

2.会場 九州大学西新プラザ 〒814-0002 福岡市早良区西新2-16 電話 092-831-8104 URL http://www.kyushu-u.ac.jp/university/institution-use/nishijin/index.htm 

3.趣旨 維持可能な都市のための地域デザインの探究において,近年,再評価されているイギリスの生物学者にして都市計画家パトリック・ゲデスに焦点をあてる.ゲデスは,二十世紀初頭,都市計画に「地域(リージョン)」という概念を導入し,「地域調査(リージョナル・サーベイ)」運動を展開し,その成果を都市の博物館に展示し,市民が都市の進化の過程を認識し,「よりよき場所(Eu-topia)」の実現を探求するように働きかけ,「保存手術(コンサバティブ・サージェリー)」による歴史的な都市の改造を提案した.パトリック・ゲデス研究の第一人者であるイギリスのノッティンガム大学教授ヘレン・メラー女史らを招聘して,都市地域計画におけるゲデスの思想と実践の現代的意義について議論するとともに,現在の日本の地方における維持可能な都市のための地域デザインについて意見交換をする.

4.プログラム・詳細 URL http://www.doc.kyushu-u.ac.jp/toshi/forum2007.html 

5.申込み方法 フォーラム参加(無料),懇親会(9月29日(土)18時30分から)参加(会費未定)を希望の方は,FAXまたはe-mailにて,「住所,氏名,勤務先,電話番号,e-mailアドレス,フォーラム・懇親会の参加の有無」を記入の上,9月14日(金)までに事務局宛(forum2007@doc.kyushu-u.ac.jp)にお申し込み下さい.

6.連絡先(事務局) 九州大学大学院工学研究院環境都市部門都市システム工学講座 〒819-0395 福岡市西区元岡744 電話・FAX 092-802-3407 e-mail:forum2007@doc.kyushu-u.ac.jp 担当:梶田佳孝,小林敏樹

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年09月19日

平成20年度「多摩川およびその流域の環境浄化に関する研究募集」

1.研究対象 1)産業活動または住生活と多摩川およびその流域との関係に関する調査・研究,2)排水・廃棄物などによる多摩川の汚染の防除に関する調査・研究,3)多摩川およびその流域における水の利用に関する調査・研究,4)シンポジウム,音楽会あるいは出版などによる環境啓発活動や,歴史的な遺産あるいは社会システムの維持保全・回復運動など,多摩川およびその流域における環境保全や文化の創造に広く,寄与するもの.

2.締切 2008年1月15日(火).

3.申請用紙請求先・問合せ先 応募要項・申請書は200円切手同封の上,下記あて御請求下さい.ホームページからもダウンロードできます.〒150-0002 渋谷区渋谷1-16-14 渋谷地下鉄ビル内 財団法人とうきゅう環境浄化財団 電話 03-3400-9142 FAX 03-3400-9141 詳細はホームページ URL http://home.q07.itscom.net/tokyuenv

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年09月19日

地理学評論 第10号(9月)

●論 説
北海道大樹町における肉用牛繁殖経営群の進化 大呂興平・547-566

●総 説
日本の地理学における言語資料分析の現状と課題-地理空間における
 言葉の発散と収束- 成瀬 厚・杉山和明・香川雄一・567-590

2007年秋季学術大会プログラム・i-xvi
学界消息・xvii-xviii
会  告・表紙2およびxix-xxii
 2008年春季学術大会のお知らせ(第1報)・表紙2

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年09月01日

2008年春季学術大会のお知らせ(第1報)

 2008年日本地理学会総会および春季学術大会は,下記の通り開催されることになりましたので,お知らせいたします.

1.期 日 2008年3月29日(土)~3月31日(月)(ただし総会・代議員会は3月28日(金))

2.会 場 獨協大学

3.連絡先 〒340-0042 草加市学園町1-1 獨協大学

      犬井 正

4.日 程 3月29日(土) シンポジウム,一般発表,懇親会
     3月30日(日) シンポジウム,一般発表,研究グループ
     3月31日(月) 巡検

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年08月29日