お知らせ

とうきゅう環境浄化財団助成研究ワークショップ「この数十年の変化から多摩川の未来を考える」開催

1.日時 7月24日(火)13時~16時.
2.場所 国連大学5階 エリザベス・ローズホール.
3.内容 とうきゅう環境浄化財団の助
成研究には,長期にわたる環境要素の変化を調べたものが多数あるが,今回はその中から,四つの研究を選び,それら研究報告と討論を通して,変化のありよう
を理解し,併せて,多摩川の未来に向けて必要な環境回復の指針を探りたい.中村幸人(東京農業大):多摩川の植生と植生図,30年間の変化.松原 宏(東
京大):多摩川における工業的土地利用の変化・機能転換と流域環境整備の課題.須田孫七(東京大):多摩川水系およびその流域に於ける昆虫相とその分布の
変遷(Ⅰ),(Ⅱ).柴田隆行(多摩川の自然を守る会):住民の眼で見つづけた多摩川の30年--自然の変遷と自然観の変化.住民の眼で見つづけた多摩川
の35年--写真資料による自然環境の変遷.プログラム・詳細はURL http://home.q07.itscom.net/tokyuenv/を御参照下さい.
4.申込み 定員100名.参加費無料.参加ご希望の方は,上記URLのMAIL用紙へ必要事項を御記入の上,とうきゅう環境浄化財団事務局宛にMEIL添付送信して下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年07月03日

特別シンポジウム「科学技術創造立国推進を担う学協会の改革と機能強化-科学者技術者コミュニティーの学協会の課題と戦略-」の開催

1.日時 7月4日(水)13時~17時30分.
2.場所 日本学術会議講堂.
3.内容 科学技術創造立国推進を担う学協会の改革と機能強化に向けて,日本の科学技術創造立国推進を担う学協会の強化の戦略を討議するため,上記シンポジウムを開催する.
4.演者 黒川 清(内閣特別顧問),阿部博之(科学技術振興機構 顧問),佐伯修司(内閣府公益認定等委員会事務局)ほか.5.詳細 URL
http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/39-s-g.pdf 
6.問合せ先 日本学術会議事務局企画課 電話 03-3403-1081  FAX
03-3403-1260

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年07月03日

第11回尾瀬賞募集

1.賞の内容 1)応募者の対象・資格 「泥炭を有する湿原およびそこを生活の場とする生物」を研究対象とする,2007年4月1日現在50歳未満の個人.グループ研究による業績の場合は代表者による申請.2)賞 2名以内,賞金100万円.
2.募集締切 10月31日.
3.応募用紙の請求・送付先および問合せ先 応募用紙は下記ホームページよりダウンロードできます.〒371-8570 前橋市大手町1-1-1  群馬県庁内 財団法人尾瀬保護財団事務局「尾瀬賞」係 電話 027-220-4431  FAX 027-220-4421 URL http://www.oze-fnd.or.jp/

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年07月03日

とうきゅう環境浄化財団助成研究ワークショップ「この数十年の変化から多摩川の未来を考える」開催

1.日時 7月24日(火)13時~16時.
2.場所 国連大学5階 エリザベス・ローズホール.
3.内容 とうきゅう環境浄化財団の助成研究には,長期にわたる環境要素の変化を調べたものが多数あるが,今回はその中から,四つの研究を選び,それら研究報告と討論を通して,変化のありようを理解し,併せて,多摩川の未来に向けて必要な環境回復の指針を探りたい.中村幸人(東京農業大):多摩川の植生と植生図,30年間の変化.松原 宏(東京大):多摩川における工業的土地利用の変化・機能転換と流域環境整備の課題.須田孫七(東京大):多摩川水系およびその流域に於ける昆虫相とその分布の変遷(Ⅰ),(Ⅱ).柴田隆行(多摩川の自然を守る会):住民の眼で見つづけた多摩川の30年--自然の変遷と自然観の変化.住民の眼で見つづけた多摩川の35年--写真資料による自然環境の変遷.プログラム・詳細はURL http://home.q07.itscom.net/tokyuenv/を御参照下さい.
4.申込み 定員100名.参加費無料.参加ご希望の方は,上記URLのMAIL用紙へ必要事項を御記入の上,とうきゅう環境浄化財団事務局宛にMEIL添付送信して下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年07月03日

GIS Day in 関西 2007

1.日時 8月3日(金)10時~17時30分.
2.場所 奈良大学(奈良県奈良市山陵町1500番地)
3.内容 午前の部:講演:「地理教材の現状と今後」,「GISソフトの教育支援プログラム」,「安全マップ作成による地域体験型学習の実践」,「GISで見る人口減少社会と少子高齢化」,「e-ラーニングによるGIS地理教育」.午後の部:GIS実習 ①GISを利用した安全マップ作成 定員60名,②オリジナル地図帳作成で覚えるGIS基本操作 定員40名.(参加費:無料).
4.申込み 「GIS Day in 関西 2007」はGIS上級技術者の教育ポイントになるGIS研修です.午後の「GIS体験実習」に関しては,PCの台数に限り(100名程度)がありますので,先着順に申込みを受け付けます.なお,午前のみ・午後のみの参加も可能です.記入事項:氏名,フリガナ,メールアドレス,住所,電話番または携帯電話番号,会社名・所属(学生の方は学校名・所属・学年),参加予定のプログラム 午前の部・午後の部(「第1志望,第2志望」を実習番号①②でお書き下さい).
5.詳細 URL http://www.usui-lab.org/gisday07/ を御覧下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年07月03日