お知らせ

日本学術会議主催公開講演会「知識社会における教師の科学的教養と教員養成」開催

1.日時 3月12日(月)10時~17時.
2.会場 日本学術会議講堂(定員250 名・参加費無料).
3.目的 日本学術会議の課題別委員会「教師の科学的教養と教員養成に関する検討委員会」では,これからの教員の教養と養成の在り方について,学際的な討議を重ね,具体的な政策提言をまとめている.これからの教師の科学的教養をどのように考えるか,教師教育政策への展望に関する議論を,講演ならびにシンポジウムとして行うことで,広く一般に公開しさまざまな分野からの参加者と議論することを目的とする.
4.プログラム・詳細 URL http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/30-k.pdfを参照.または,下記へお問い合わせ下さい.
5.申込方法 e-mail,FAXまたははがきにて(氏名(ふりがな)・年齢・職業・連絡先(e-mailアドレス,FAX番号,電話番号))を記入の上,公開講演会担当宛に申し込む.定員に達しない場合は,当日も受付を行いますので,直接事務局へお問い合わせ下さい.開催日までに定員に達した場合,受付に漏れた方にのみ,御連絡を差し上げます.また,今回 (独)メディア教育開発センターの協力でSCS(衛星通信を利用した大学間ネットワーク)を利用し配信.
6.問合せ先 日本学術会議事務局企画課公開講演会 担当:小澤,山岡 〒106-8555 東京都港区六本木7-22-34 電話 03-3403-1906 FAX 03-3403-6224 e-mail: info@scj.go.jp URL:http://www.scj.go.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年02月17日

「海洋情報部研究成果発表会」開催

1. 日時 2月19日(月)13時30分~16時50分.
2.場所 海上保安庁海洋情報部7階大会議室(東京都中央区築地5-3-1 都営大江戸線「築地市場」徒歩2分,東京メトロ日比谷線「東銀座」徒歩5分).
3.内容 海洋情報部では,大陸棚画定のための調査をはじめとして,幅広い分野の海洋調査および環境調査を行い,海上保安業務に役立てるとともに海洋情報の提供を行い,これらの調査観測等で得られた最新の成果と調査観測に必要な技術開発の成果を発表するため,研究成果発表会を開催する.大陸棚調査等の成果の発表に加え,地理情報システム(GIS)や測量等による地理空間情報の取得技術分野の専門家である,東京大学空間情報科学研究センター長の柴崎亮介教授に特別講演をお願いし,国会で審議中の地理空間情報活用推進基本法について,法案の策定に至る背景や目的などについて講演していただきます.
4.プログラム URL http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/koho/press/2007/070131.pdfを参照下さい.
5.参加費等 入場無料.事前登録不要.
6.問合せ先 海洋情報部技術・国際課 主任技術・国際官 芝田 厚 電話 03-3541-3813(内線552) URL http://www1.kaiho.mlit.go.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年02月17日

『第21回太平洋学術会議(沖縄開催)』のご案内

第21回太平洋学術会議共同主催学会
 社団法人 日本地理学会会員 各位

第21回太平洋学術会議(沖縄開催)
運営委員会委員長        
国立大学法人琉球大学長     
森 田 孟 進

 

拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます.平素は,格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます.
 さて,沖縄県において,貴学会のご協力を賜り「第21回太平洋学術会議」を平成19年6月12日(火)~平成19年6月18日(月)の間,開催することとなりました.
 「太平洋学術会議」は,太平洋学術協会が4年ごとに開催する極めて多くの学問分野を包括し,かつ現代にマッチした学際的分野までカバーする総合的な会議であり,「太平洋域における自然と社会の多様性」をメインテーマとして,多彩なセッションを設けており,基調講演者として,各界の著名な方々の招請が予定されております.
 また,6月16日(土)には,学生,一般市民にも無料で参加いただける公開シンポジウムも同時通訳付きで開催する予定をしております.
 つきましては,ご多用中恐縮に存じますが,アブストラクト提出期限を2月28日(水)まで延長いたしましたので,多数の皆様にご参加いただきたく再度ご案内申し上げます.
 なお,詳細につきましては,Website: http://www.psc21.netでご覧いただけます.
 貴殿のご参加をお待ち申し上げております.

敬具

お問い合わせ:           
琉球大学学術国際部国際企画課    
TEL: 098-895-8032         
FAX: 098-895-8037         
e-mail: psc21@to.jim.u-ryukyu.ac.jp
Website: http://www.psc21.net   

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年02月17日

国際地理学連合コミッション「明日の都市をモニタリングする」国際会議開催

1.日時 8月6日~14日.
2.場所 広州市中山大学(中国).
3.テーマ グローバリゼーション下にある都市.
4.内容 激動する都市の諸相,都市計画,都市のガバナンスなど.
5.連絡先 Prof. Xue Desheng, Dr. Zhigang Li(igu.uc.2007@163.com),IGU 2007, School of Geography and Planning, Sun Yat-sen University (South Campus), Guangzhou, China, 510275 
6.詳細 ホームページ(http://www.cities-of-tomorrow.com/)を御覧下さい.なお,この国際会議に先駆けて,マカオにて,8月3日~5日の日程で「都市と国境」の国際会議も行われますので,こちらも御参加下さい.
7.国内問合せ先 村山祐司 つくば市天王台1-1-1 筑波大学大学院生命環境科学研究科 電話 0298-53-421

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年02月17日

第1回「アジア・太平洋地域 国際地理オリンピック」参加者募集

1.主催 国際地理学連合 国際地理オリンピック委員会(日本側の窓口は,国際地理オリンピック日本委員会).

2.目的 1)アジア・太平洋地域における地理教育の促進.2)地理的センスを持った青少年の育成.3)同地域における青少年の国際交流の推進.
3.期日 7月12日(木)~17日(火).
4.場所 台湾・新竹市(台北より南西70km).
5.対象 2007年7月現在で高校に在学している者.

6.募集人数 各国から4名以内(応募者多数の場合は選考します).

7.応募締切 3月26日(月).
8.内容 1)地理的分析力・考察力を問う記述式のテスト.2)地理的知識・概念を問うクイズ形式のテスト.3)野外観察・調査能力を問うフィールドワーク.
9.その他 すべて英語で行われるため,英検2級あるいはTOFELのスコア450~500点程度の語学力のある者が望ましい.
10.申込み先・問合せ先 国際地理オリンピック日本委員会 実行委員会委員長:井田仁康 〒305-8572 つくば市天王台1-1-1 筑波大学大学院人間総合科学研究科学校教育学専攻 電話・FAX 029-853-6731 URL:http://www2.dokkyo.ac.jp/~rese0012/ お問合せは電話・FAXでも受け付けますが,参加申込みはメールでのみの受付けとなります.御了承下さい.

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年02月05日