お知らせ

社団法人日本地理学会個人情報保護に関する基本方針

 社団法人日本地理学会(以下本学会といいます)は、個人情報保護が重要となりつつある社会情勢をふまえ、個人情報の収集・利用・管理に関する方針を以下のように定めます。

1.個人情報の定義
 本学会では、特定の個人を識別することができる情報を個人情報と定義します。

2.個人情報の収集
 本学会では、定款に定める事業を行うため、個人情報を必要な範囲で収集します。

3.個人情報の利用
 本学会では、収集した個人情報を収集目的に沿って必要な範囲でのみ利用します。

4.個人情報の第三者への開示・提供
 本学会では、収集した個人情報の第三者への開示・提供は行いません。ただし、以下に掲げる場合は、収集した個人情報を第三者へ開示・提供することがあります。
 1)法令の規定に基づくとき
 2)提供者の同意があるとき
 3)刊行物の配送など、本学会に必要な業務について外部の業者等に委託を行うとき
 4)その他、総会で承認された事業計画を達成するために正当な理由があるとき

5.業務の委託
 本学会では、必要な業務について外部の業者等に委託を行う場合には、個人情報の漏洩等が行われないように、個人情報の保護水準が十分と考えられる者を選定します。

6.個人情報の適正管理
 本学会は、収集した個人情報の外部への漏洩、破壊、改ざん又は紛失のないよう適切な管理に努めます。

7.個人情報の開示と訂正
 本学会は、個人情報の提供者から自己に関する個人情報の開示の請求があったときは、原則として開示します。また、自己に関する個人情報の訂正の申し出があったときは、速やかに訂正を行います。

8.基本方針の改定
 この基本方針の改訂は、理事会の決議を経て行い、会告等で告知します。改訂の効力は、改訂以前に収集された個人情報に及ぶものとします。

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年06月12日

彩の国環境地図作品展(後援)開催と作品募集

1.目的 身のまわりの環境や地域の姿を自ら観察・調査し,それらを地図として表現することにより,環境や地域に対する考察と地図の持つ可能性に対して理解を深める.
2.応募対象 埼玉県内の小・中・高・特別支援学校に在籍する児童生徒でグループまたは個人.作品応募要領については,下記問合せ先へ御連絡下さい.
3.作品展示 11月5日(月)~9日(金):立正大学熊谷キャンパス,11月17日(土)~25日(日):埼玉県環境科学国際センター,11月29日(木)~12月4日(火):東京電力(株)テプコソニック.2008年1月上旬~2月中旬:第11回「全国児童生徒地図優秀作品展」に入賞作品を出展,3月1日(土)~9日(日):埼玉県立川の博物館.
4.問合せ先 立正大学地球環境科学部内「彩の国環境地図作品展」事務局
 〒360-0194 熊谷市万吉1700 電話 048-539-1630 FAX 048-539-1632 e-mail:ecomap@ris.ac.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年06月12日

答申「地球規模の自然災害の増大に対する安全・安心社会の構築」の公表

 国土交通大臣からの諮問を受け、課題別委員会においてとりまとめた答申と、課題別委員会における審議結果をとりまとめた対外報告を日本学術会議HPの以下のURLに発表しています。

○答申「地球規模の自然災害の増大に対する安全・安心社会の構築」(平成19年5月30日、地球規模の自然災害に対して安全・安心な社会基盤の構築委員会)
 URL http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/data_20_4.html

○対外報告「地球規模の自然災害の増大に対する安全・安心社会の構築」(平成19年5月30日、地球規模の自然災害に対して安全・安心な社会基盤の構築委員会)
 URL http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/data_20_2.html

問合せ先 日本学術会議事務局参事官(審議第二担当)付
 電話 03-3403-1056 FAX 03-3403-1640 e-mail: 

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年06月02日

第2回公開講座「南米の日本人移民--沖縄出身移民を中心に--」開催

1.日時 6月16日(土)14時30分~16時.
2.会場 JICA 横浜 海外移住資料館(〒231-0001 横浜市中区新港2-3-1 赤レンガ国際館 みなとみらい線馬車道駅から徒歩8 分またはJR・市営地下鉄桜木町駅から徒歩15分).
3.参加について 先着70名まで.予約不要.参加費無料.
4.講師・概要 石川友紀(琉球大学名誉教授・海外移住資料館学術委員):現在,日本人移民の大部分は北米および中南米に在住する.なかでも日本人移民の最大の集団は,2008年に100周年の節目を迎える南米ブラジルで,日系人は約150万人と推定されている.ほかに南米において,日本人移民とその子孫はペルー,アルゼンチン,ボリビア,パラグアイの順に数多く移住し,定住していて,北米在住者より多く,全日系人の60%以上を占めると推定される.その中でも,この南米のパラグアイを除く4カ国において,沖縄県出身移民が圧倒的に多く,日本人移民の代表とみなされる.本講座では,このような南米の日本人移民について,沖縄県出身移民を中心に,歴史と実態を取り上げる.
5.問合せ先 JICA 横浜 海外移住資料館
   電話 045-663-3257 FAX 045-211-1781 URL http://www.jomm.jp/

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年06月02日

共同主催国際会議「第21回太平洋学術会議」(共催)開催

1.会期 6月12日(火)~18日(月)[7日間].
2.場所 沖縄コンベンションセンター(沖縄県宜野湾市).
3.概要 日本学術会議は国内学術研究団体13団体と共同して上記会議を開催(日本地理学会は共催団体).高円宮妃殿下の御臨席を仰ぎ,6月13日(水)開会式で言葉を賜る他,6月15日(金)の生物多様性シンポジウムにおいて特別講演を賜る予定となっている.当会議は,「太平洋域における自然と社会の多様性」をメインテーマに,自然多様性の保全,持続可能な社会のための技術,人類の多様性等,多くの研究テーマが主要題目に設定されており,約25カ国・1,000名の研究者によって,さまざまな研究発表等が行われる.プログラムの一環として,同時期に開催されるアジア学術会議との合同シンポジウムを6月16日(土)に開催.詳細については,以下のURLを御下さい.
 日本学術会議ホームページ URL http://www.scj.go.jp/ja/info/kyodo/index2007.html
 国際会議公式ホームページ URL http://www.psc21.net/
4.問合せ先 日本学術会議事務局国際会議担当 荒井
 電話 03-3403-5731 FAX 03-3403-1755 e-mail: 

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年06月02日