お知らせ

編集専門委員会から

 地理学評論和文号第80巻(2007年)には,論説18編,総説2編,短報9編,資料1編,討論1編,あわせて31編の論文が掲載されました.これは昨年(28編)に比べ3編増えたことになります.
 掲載論文の分野別内訳では,自然地理関係5編,人文地理関係26編となっています.昨年,一昨年は自然地理関係の論文が,それぞれ10編,6編ありましたので,本年の自然地理関係の掲載論文の激減は,非常に憂慮すべきことです.自然地理関係者の積極的な投稿を切に期待します.
 次に,掲載論文の筆頭執筆者を年齢別にみると,1930年代生まれが1名,1950年代生まれが2名,1960年代生まれが4名,1970年代生まれが19名で,1980年代生まれが4名となっており,1970年代以降生まれが全体の4分の3を占めました.
 掲載論文が投稿から受理までに要した期間についてみますと,個人差がかなりあります.新規投稿後,第1回の修正原稿の提出までに1年以上を経過し,結果的に受理まで約3年を要したものがある一方で,投稿から2カ月で受理された例もあります.投稿者の中には大学院生が多いですが,受理までの期間を短縮する最も効果的な方法は,できるだけ論文の完成度を高めてから投稿することです.なかには文章や形式面での不備が目立つものもみられ,閲読者の評価も低くなり,掲載までに余計な日数を費やしてしまうことになります.投稿される場合には,事前に指導教員などしかるべき方に論文のチェックを受けた上で投稿される方が,結果的に受理までの日数を大幅に短縮することができます.

続きを読む

中央教育審議会・教育課程部会の「審議のまとめ」に対する

会員各位

前略
 早速ですが、文部科学省において、中央教育審議会の「審議のまとめ」が出され、現在そのまとめに対する意見を募集しています。
 高校においては、地理の履修者が減少し高校生の半数は地理を学ばないまま卒業しています。今年度は、世界史の未履修問題が顕在化して、更に地理の履修者は減少しています。そのため、社会人として不可欠な地理的素養、空間的な思考力や地図を読む力等々を身に付けさせる機会が益々失われつつあるのが現状です。

 かねてより、日本地理学会では、文部科学省などに地理教育の重要性を訴えて来ましたが、今回の改訂では高校の地理歴史科の履修形態は現行どおりとなるなど、地理教育の振興がはかられているとは言えない状態です。

 そこで、皆様方に、是非、今回の文部科学省の意見募集に応募して、個人の自由な立場から「審議のまとめ」の内容に関して意見を述べて頂きたくメールを差し上げた次第です。
 意見募集に寄せられる、パブリックコメントは昨今の事情では無視できない存在になっています。国民の意見を聞くという趣旨ですので、皆様の周りの方々にも、例えば家族、地理以外の先生方、子供の教育に関心のある生徒の保護者の方々にも呼びかけて、是非、様々な立場の個人の意見が数多く寄せられるようご尽力頂ければと思っています。
どうぞよろしくお願い致します。
                                                  草々

続きを読む

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年11月22日

IGUニューズレターNo.10公開(PDF)

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年11月21日

IGUニューズレターNo.8公開(PDF)

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年11月21日

日本学術会議中国・四国地区会議公開学術講演会

1.日時 11月20日(火)13時30分~17時.
2.会場 サンポートホール高松 第1小ホール.
3.プログラム 第1部基調講演:松田 治(瀬戸内海研究会議会長,広島大学名誉教授):瀬戸内海の新たな再生方策としての「里海」づくり.多田邦尚(香川大学農学部教授):浅海域としての瀬戸内海研究.末永慶寛(香川大学工学部准教授):浅海における物質の輸送機構解明と防災への活用.第2部パネルディスカッション.詳細については,URL http://www.scj.go.jp/ja/event/pdf/42-t-2.pdfを御覧下さい.
4.問合せ先 香川大学学術室研究協力グループ 電話 087-832-1314 FAX 087-832-1319

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年11月16日