お知らせ

平成19年度科学研究費補助金研究成果公開促進費「研究成果公開発表(B)」および

 文部科学省研究振興局学術研究助成課から上記の件について,通知がありましたので御関心のある方は,文部科学省研究振興局学術研究助成課研究成果公開促進係(〒100-8959 千代田区丸の内2-5-1 電話 03-5253-4111 内線4094)までお問い合わせ下さい.また,詳細・申請用紙は文部科学省ホームページ URL http://www.mext.go.jp/a_menu/shinkou/hojyo/main5_a5.htmよりダウンロードできます.なお,来年度も同じ要領で募集があると思われますので,シンポジウム等を御計画の会員は早めに御準備下さい.
1.研究成果公開発表(B):1)対象 学会や民間学術研究機関などが主催するシンポジウム・学術講演会などで,青少年(小・中・高校生を含む)や一般社会人の関心が高いと思われる分野の研究動向・研究内容をわかりやすく普及啓発しようとするもの.2)実施の期間 2008年7月1日~2009年3月31日.開催日は原則として1日.3)申請限度額 1件150万円以内.
2.研究成果公開発表(C):1)対象 学会が主催する国際シンポジウム・国際会議等で,主催にかかる運営体制が確保されているもの.また,共催で開催する場合には応募学会が主体となって開催するものを対象とする.2)実施の期間 2008年7月1日~2009年3月31日(なお,平成19年度に準備を行い平成20年度の開催予定の場合についても申請できる).
3.研究成果公開発表(B)および(C)申請方法 計画調書(用紙については,上記ホームページよりダウンロードして下さい)を25部作成の上,11月12日(月)~11月15日(木)に,千代田区一番町8番地(住友一番町FSビル)独立行政法人日本学術振興会一番町第2事務室1階会議室の受付場所に提出,もしくは,11月14日(水)までに発送したことが証明でき,11月15日(木)必着となるよう〒102-8472 千代田区一番町8番地(住友一番町FSビル) 独立行政法人日本学術振興会 研究事業部 研究助成第一課 気付 「研究成果公開発表」応募書類受付担当 あて郵送すること.

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年10月19日

海洋調査技術学会第19回研究成果発表会(協賛)開催

1.日時 11月15日(木)・16日(金).
2.場所 海上保安庁海洋情報部 7階大会議室 〒104-0045 中央区築地5-3-1
3.内容 海洋調査に関する研究成果発表,最新の海洋調査技術についての講演,機器展示,その他.
4.詳細・問合せ先 海洋調査技術学会 〒104-0045 中央区築地5-3-1 (財)日本水路協会内 
 電話・FAX 03-3545-6255 プログラム・詳細は URL http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsmst/ e-mail:jsmst@wwwsoc.nii.ac.jp

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年10月19日

島原市・日本火山学会主催第5回火山都市国際会議島原大会

 火山と人間の共生について,自然科学研究者,防災関係者,マスコミ,住民等が議論し,火山災害の軽減を目指す国際フォーラムが以下のように開催されます.これはIAVCEI(国際火山学地球内部化学協会)が2年に1度実施しているもので,アジアでは初めての開催となります.日本地理学会は後援団体の一つとなっていますので,御興味ある皆様の積極的な参加をお願いします.
1.期日 11月19日(月)~23日(金).
2.場所 長崎県島原市.
3.プログラム 詳細は URL http://www.citiesonvolcanoes5.com を参照下さい.学術プログラムでは主に英語が用いられ,住民・行政プログラムや関連イベントは日本語で進められます.メインアリーナ(A会場)・サブアリーナ研修室(C会場)・雲仙岳災害記念館(D会場)会場には日本・英語の同時通訳設備があります.
4.問合せ先 火山都市国際会議島原大会実行委員会 〒855-0879島原市平成町1-1(雲仙岳災害記念館内)
 電話 0957-65-5540 FAX 0957-65-5542 e-mail:convention@citiesonvolcanoes5.com
  URL http://www.citiesonvolcanoes5.com

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年10月19日

第18回国際生気象学会議(ICB2008)(協賛)開催(第3報)

1.会期 2008年9月22日(月)~26日(金).
2.会場 タワーホール船堀(東京都江戸川区).
3.テーマ 自然の中のハーモニー(Harmony within Nature).
4.シンポジウム (含仮題) 熱中症の取り組みの現状と課題.ヒトの体温調節に関わる適応とそれを修飾する要因.屋外気象と作業温熱ストレス・ソトレイン--グローバルな視点からの評価戦略.気候変動の生態系の応答.人工及び室内気候.野生動物および家畜の環境への適応.気候変動と気象災害.東アジアの大気汚染と国際環境協力.衣服.気候風土と花粉症の調和.気候と観光,レクリエーション.農業.都市緑地と街路空間の快適性評価.
5.抄録投稿期限 11月15日(木)(HPより受付).
6.参加登録 下記ホームページより行って下さい.
7.問合せ 第18回国際生気象学会議事務局 有限会社アイペック内 担当:菊池 〒170-0002 豊島区巣鴨1-24-12 電話 03-5978-3576 FAX 03-5978-4068 e-mail: icb2008@ipec-pub.co.jp URL: www.icb2008.com

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年10月19日

地理教育研究会創立50周年記念公開シンポジウム「地理教育がきりひらく明日」開催

1.日時 11月17日(土)14時00分~17時30分.
2.会場 法政大学(市ヶ谷キャンパス)外濠校舎4階,S405教室.
3.参加費 500円(学生無料).
4.内容 これからの地理教育の振興と発展をめざしてシンポジウムでは,三つの柱をたてて意見を交換をする.1)地理教育はこんなに面白い――いまあらためて地理教育の魅力を語る.2)なぜこれまでの地理教育は衰退してきたのか,その要因を分析する.3)地理教育の生き残る道を探る.詳細はURL http://www.geocities.jp/chikyouken/50shunen.htmlを参照下さい.
5.50周年祝賀会 シンポジウム終了後,18時より,法政大ボアソナードタワー25階「スタッフクラブ」にて開催(参加費5,000円 学生は3,000円).

  • タグ:
  • カテゴリー:未分類
  • 投稿日:2007年10月19日