お知らせ

第21回全国児童生徒地図優秀作品展(後援)開催

第21回全国児童生徒地図優秀作品展(後援)が,1月10日(水)~2月18日(日)地図と測量の科学館,1月9日(火)~16日(火)国土交通省1階展示コーナー,1月17日(水)~1月21日(日)科学技術館4階ギャラリーで行われます.詳細・問合せについては下記にお問い合わせください.国土交通省国土地理院広報広聴室 電話 029-864-1111(代表).

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年12月28日

第6回「ブルーカーボン・シンポジウム in 横浜」・「ブルーアースサイエンス・テク2018」開催

第6回「ブルーカーボン・シンポジウム in 横浜」・「ブルーアースサイエンス・テク2018」が,第6回「ブルーカーボン・シンポジウム in 横浜」は1月17日(水),「ブルーアースサイエンス・テク2018」は1月16日(火)~17日(水)に,横浜港大さん橋ホールで行われます.詳細については,下記アドレスを御参照下さい.詳細 URL http://yokohama-umi.jp/

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年12月28日

ジェイミー・ペック教授講演会(経済地理学会関東支部1月特別例会)開催

ジェイミー・ペック教授講演会(経済地理学会関東支部1月特別例会)が,1月15日(月)明治大学駿河台キャンパスグローバルフロント1階多目的室で行われます.詳細については,下記アドレスを御参照下さい.詳細 URL http://www.economicgeography.jp/meeting/reikai/

  • タグ:
  • カテゴリー:関連情報
  • 投稿日:2017年12月28日

2018年春季学術大会のお知らせ(第3報)

2018年日本地理学会春季学術大会を,下記の通り東京学芸大学において開催します.

1.日 程 3月21日(水)総会・代議員会

3月22日(木)一般発表,シンポジウム,表彰式、会長講演,懇親会

3月23日(金)一般発表,シンポジウム,公開講座,研究グループ集会

3月24日(土)公開講座,巡検

2.会 場 東京学芸大学(東京都小金井市貫井北町4-1-1)

3.連絡先 加賀美雅弘(東京学芸大学・教育学部)

       e-mail: kagami@u-gakugei.ac.jp                        

4.一般発表の形式と方法

一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表があります.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は日本地理学会の会員に限ります.また,今季から同一の発表者による発表は,口頭発表・ポスター発表を通じて1人1題となりましたので,御注意下さい.

口頭発表は1人につき1題とします.ただし,シンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.口頭発表は発表時間15分,質疑応答4分です.発表に際してプロジェクターは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.プロジェクターをお使いになる場合,Windows版のPowerPoint 2016で正常に表示されることを確認したファイルをUSBフラッシュメモリに保存して御持参下さい.なお,事前に各自で必ずウイルスチェックを行って下さい.

ポスター発表は1人につき1題とします.ただし,シンポジウム発表との重複,本人が口頭発表や説明を行わない連名発表との重複はかまいません.ポスター発表は展示場所を指定しますので,この場所で前記①の口頭発表が設定されている時間帯に,20分程度の口頭説明を行って下さい.口頭説明の時間は任意ですが,昼休みの時間帯は御遠慮下さい.これまで,口頭説明のコアタイムが設定されていましたが,今季からコアタイムは廃止されましたので,御注意下さい.ポスターの標準的なサイズは幅90cm弱(A0:84.1cm)×高さ150cm程度1枚です.なお,高さは180cm程度でも差し支えありませんが,幅についてはA0ノビ(91.4cm)までとなります.発表スペースに制約がありますので,御要望に添えないこともあります.会場での資料等の配布は自由です.

5.一般発表の申し込み

 一般発表は本会ホームページからの発表登録(登録期間:2018年1月4日(木)正午~16日(火)正午)をすませた上で,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下電子送付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,日本地理学会ホームページの「2018年春季学術大会発表予定者へのお知らせ」を参照下さい.なお,登録最終日は混み合いますので,余裕をもって登録下さい.

一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,1月16日(火)までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

 なお,プログラムは会場の環境,発表分野,シンポジウムの数等を勘案しつつ編成するため,毎回困難を極めています.そのため,個人的な発表日時の要望等は一切受け入れられません.また,締切り期日や要旨執筆体裁等規定を厳守して下さい.

6.研究グループの会場申し込み

 研究グループの集会は,3月23日(金)13時~17時の間に設定します.会場を用意しますので,開催を希望するグループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時とさせていただきます),④参加見込み人数を文書(書式自由,e-mailも可)で,1月16日(火)までに,学会事務局気付で集会専門委員会宛に申し込んで下さい.会場に限りがありますので,御希望に沿えない場合もあります.なお,会場校では研究グループの発表に関わる準備は行いませんので,御了承下さい.

7.公開講座

 公開講座1)地理教育公開講座「『地理総合』と防災・持続可能な社会の構築」(3月23日)

 公開講座2)「地理総合」に関する講習会(3月23日)

 公開講座3)GIS公開講習会1「オープンデータを活用したGIS講習会」(3月24日)

 公開講座4)GIS公開講習会2「スマホ・タブレットで行うフィールドワーク」(3月24日)

8.大会・懇親会の参加費

 大会参加費は正会員2,000円,正会員(学生会員)1,500円,一般(非会員)2,500円です.非会員で学生の方は2,000円,また,高校生以下は無料です.懇親会費は5,000円(院生・学生3,000円)です.

9.書籍・機器展示への出展について

 大会会場にて書籍・機器展示コーナーを開設いたします.展示スペースは教室の机を利用し,1区画約2平方メートルを予定し,出展料として1区画10,000円(税込み)(賛助会員は5,000円)をいただきます.出展を希望される方は,同封の出展申込書に,必要事項を御記入の上,1月16日(火)までに,FAX(03-3815-1672)または,e-mail(office@ajg.or.jp)にて,公益社団法人日本地理学会事務局までお送り下さい.展示時間および荷物の搬入・搬出,出展料の支払い方法等についての詳細は後日,出展者にお知らせします.

  • タグ:
  • カテゴリー:学会情報
  • 投稿日:2017年12月28日

地理学評論 Vol. 90, No. 6 2017 年 11 月

●―論 説
長野県須坂市における果樹農業の品種更新プロセス 羽田 司・555‒577

●―短 報
外食産業再編期における飲食店の立地動向──2000年代の和歌山市を例として── 郭 凱鴻・578‒589
さいたま市におけるスマートシティ政策を通した次世代自動車の普及 本多広樹・590‒606
1990年代以降の米国カリフォルニア州の稲作の変化──日本の米輸入とジャポニカ米需要の高まりに絡めて── 川久保篤志・607‒624

●―書 評
アンドレ・ウルフ著,鍛原多恵子訳: フンボルトの冒険――̶̶自然という〈生命の網〉の発明(佐々木 博)・625‒626
窪田憲子・木下 卓・久守和子編:旅にとり憑かれたイギリス人―トラヴェルライティングを読む(成瀬 厚)・626‒629
金坂清則: イザベラ・バードと日本の旅――再評価(溝口常俊)・629‒631
渡久地 健: サンゴ礁の人文地理学――奄美・沖縄,生きられる海と描かれた自然(長谷川 均)・631‒633

石井素介先生のご逝去を悼む・634‒635
学界消息・636‒637
会  告・表紙2および638‒642
2018 年春季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2