地理学評論 Vol. 88, No. 3 2015 年 5 月

●―論 説

天然記念物塩川の湧出機構―─短期集中観測と数理モデルによる定量的検証─― 山中 勤・217234

能登半島南西岸変動地形と地震性隆起 渡辺満久・中村優太・鈴木康弘・235250

●―短 報

韓国密陽市山内面におけるリンゴ直売所の形成 全 志英・251268

店舗効用に基づく商業環境の多面的な評価手法―─充足度,安定度,重要度の観点から─― 関口達也・貞広幸雄・269282

●―書 評

金坂清則: ツイン・タイム・トラベル―─イザベラ・バードの旅の世界─―(溝口常俊)・283284

佐々木高弘: 神話の風景(今里悟之)・285286

金 玹辰: 地理カリキュラムの国際比較研究―─地理的探究に基づく学習の視点から─―(𠮷水裕也)・286288

吉野 博・日野正輝編: 今を生きる―─東日本大震災から明日へ!復興と再生への提言5 自然と科学(田村俊和)・288290

「中国測絵史」編集委員会編,今村遼平訳: 中国地図測量史(田邉 裕)・290291

金坂清則: イザベラ・バードと日本の旅(湯澤規子)・291292

早津賢二: 新潟焼山火山─―その素顔と生い立ち─―(渡辺満久)・292294

後藤拓也: アグリビジネスの地理学(高柳長直)・294296

谷岡武雄先生のご逝去を悼む・297298

学界消息・299300

会  告・表紙2および301303

2015年秋季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2

 

 

論説

天然記念物塩川の湧出機構──短期集中観測と数理モデルによる定量的検証──

山中 勤
筑波大学生命環境系

国指定天然記念物である沖縄県の塩川は,水源で塩水が湧き出す特異な河川である.本研究では,その湧出機構を解明するための一助として,湧出量と水質の短期変動に焦点を当てた集中観測を行うとともに,降水・地下水・海水の混合と密度流を考慮した数理モデルを構築した.モデルによる湧出量および溶存イオン濃度の計算値は観測値とよく一致し,特に湧出量の日内変動に関しては潮汐の影響を加味することで良好に再現できた.以上の結果は,ドリーネのような直接浸透域に与えられた降水,石灰岩の亀裂などに存在する地下水,および海水とが地下洞穴内で混合して汽水を形成し,それと海水との密度差および湧水点と地下水面の高度差を駆動力として塩水が湧出するメカニズムを定量的に証明するものである.しかし,地下洞穴の大きさ・形状や水質の経年変化については不確定な部分もあり,今後長期間の観測データを用いてモデルの信頼性を向上させる必要がある.

キーワード:塩川,湧水,湧出量,水質,集中観測,数理モデル

(地理学評論 88-3 217-234 2015)

 

能登半島南西岸変動地形と地震性隆起

渡辺満久*・中村優太**・鈴木康弘***
*東洋大学文学部,**東日本朝日広告社,***名古屋大学減災連携研究センター

能登半島南西岸地域の隆起の原因を明らかにするため,沿岸の変動地形調査を実施した.本地域の海成段丘面は,高位のものからH1面~H4面,M1面・M2面,A面に区分できる.また,岩石海岸には離水ベンチが認められる.M1面はMIS 5eに形成された海成段丘面である.それより古いH1面~H4面には赤色風化殻が認められる.A面は,11世紀以前に離水した完新世段丘面(ベンチ)であると考えられる.これらの段丘面の高度には,累積的な南への傾動が認められる.調査地域北部では,富来川南岸断層が海成段丘面を変位させており,MIS 5e以降の累積鉛直変位量は約30?mである.その活動性はMIS 5e以降に高まったと考えられる.複数のベンチは間欠的な隆起を意味しており,調査地域の隆起運動は,南東~東傾斜の逆断層運動によってもたらされたと考えられる.このため,富来川南岸断層は沿岸から3~4?km沖合にある海底活断層に連続する可能性がある.

キーワード:海成段丘,離水ベンチ,地震性隆起,活断層,能登半島南西部

(地理学評論 88-3 235-250 2015)

 

短報

韓国密陽市山内面におけるリンゴ直売所の形成

全 志英
筑波大学大学院生

本稿では,韓国密陽市山内面におけるリンゴ直売所の形成要因を明らかにし,直売所の存在意義を考察する.山内面は,慶尚南道の有名な観光地であるオルムゴルに隣接し,韓国内では後発のリンゴ産地である.1973年に栽培が始まり,新しい販売方法として個々の零細なリンゴ農家による直売が急速に成長した.当初はリンゴ農家の自宅で直売をしていたが,1980年代後半から国道24号線沿いに直売所を開設し,オルムゴルリンゴという名称で販売するようになった.リンゴ直売所での対面接触を通じて農家と訪問客との人間関係が形成され,特に常連客になると農家との「人情的な結びつき」による信頼関係が形成された.この信頼関係は,常連客を媒介とした新規客の増加をもたらした.このように,リンゴ直売所の存在が,リンゴ産地としての競争力強化に重要な役割を果たしていることが明らかになった.

キーワード:オルムゴルリンゴ,直売所,民間主導型,常連客,対面接触,韓国

(地理学評論 88-3 251-268 2015)

 

店舗効用に基づく商業環境の多面的な評価手法──充足度,安定度,重要度の観点から──

関口達也*・貞広幸雄 **
*東京大学大学院生,**東京大学空間情報科学研究センター

本稿では,簡便かつ多面的に商業環境の評価を行う新たな手法の提案を行う.具体的には,1)総充足度,2)安定度,3)重要度,の三つの指標を用いて,地域における商業環境を複数の観点から評価する方法を提案する.仮想的な地域と実地域へ手法を適用し,各指標の性質を検討した結果,以下の知見が得られた.1)いずれの指標も,地域の店舗の立地・規模の差異を考慮した評価が可能である,2)総充足度は地区の店舗の充足性を評価し,店舗数の増加に対して指標値の増分には一定の逓減性がみられる,3)安定度は各地区の総充足度が少数の店舗に依存するか否かを判断する指標で,充足度と併用すると,地区の総充足度の特定の店舗への依存性を評価できる,4)重要度は各地区の総充足度の向上に大きく貢献する店舗が高く評価される指標で,充足度,安定度との併用により,地域の総充足度の向上に最も寄与している店舗の閉店が及ぼす影響を視覚化できる.

キーワード:商業環境,確率的効用,食料品店,空間分析

(地理学評論 88-3 269-282 2015)