日本地理学会賞受賞候補者選考委員会

2010年度活動報告
  委員長:岩田修二
  副委員長:森 和紀(小委員会A),富田和暁(小委員会B),櫻井明久(小委員会C)
  委 員:小委員会A(優秀論文部門,若手奨励部門,論文発信部門):池谷和信、鈴木康弘、高田将志、高橋重雄、藤井 正、丸山浩明
      小委員会B(優秀著作部門,著作発信部門):新見 治、林 和生、日野正輝、平井松午、平岡昭利、水野一晴
      小委員会C(地理教育部門,学術貢献部門,団体貢献部門):加賀美雅弘、神谷浩夫、津沢正晴、鳥谷 均、水嶋一雄、宮城豊彦

 今年度から日本地理学会賞を拡充して顕彰活動を活発化させることになった。そのために、上記のように、三つの小委員会に振り分けた8部門を設け、それぞれの小委員会で具体的な選考作業にあたった。
 小委員会Aの優秀論文部門と若手奨励部門は、2009年9月から2010年の8月までに刊行された「地理学評論」および“Geographical Review of Japan Series B”に掲載された論文(短報・総説も含む)の執筆者(会員)が対象である。ただし、若手奨励部門では、対象者は2010年の4月1日において40歳未満であった会員に限定されている。前者では44編、後者では28編が選考対象になった。論文発信部門の対象者は、E-journal GEO)に掲載された論文の執筆者(会員)で、10編が対象になった。
 小委員会Bの優秀著作部門は、2010年の8月までの過去3カ年に公刊された地理学関係の学術図書・学術論文の執筆者(会員・非会員)が対象で、著作発信部門は、おなじく地理学関係の啓発的図書・啓発的論文の執筆者(会員・非会員)が対象である。
 小委員会Cでは、地理学関係の活動について、地理教育部門(地理教育に顕著な功績のあった会員・非会員)、学術貢献部門(地理学の普及や啓発活動、世界への発信に顕著な功績のあった会員・非会員)、団体貢献部門(地理学の研究・普及発展に顕著な功績のあった団体)ごとに審査した。
 両小委員会では、候補となる個人や団体を積極的に探すために、「地理学評論」や学会ホームページにおいて、自薦・他薦を呼びかけたほか、代議員等にも候補者の推薦を依頼した。推薦の締切りは2010年9月21日とした。
 2010年3月28日(法政大学)と2010年10月3日(名古屋大学)に委員会を開催し、それ以外はメールなどで情報交換して小委員会ごとに選考を進めた。制度が新しくなったので、総務専門委員会とも連携して推薦の呼びかけなどを行った。その結果をとりまとめて、日本地理学会賞受賞候補者の選考結果・選考理由として、2011年1月末に理事会に答申した。さらに、今回の選考作業では、学会賞を拡大した最初の年であったため、運用上、いろいろな問題点が明らかになったので、今後のための改善意見を理事会に提出した。
 選考委員会の答申を受け、理事会決定した受賞者名・選考理由を下記に掲載する。

優秀論文部門受賞候補者:西野寿章会員
“Regional policies for sustainable development of mountain villages in Japan”
Geographical Review of Japan Series B,Vol. 82,No. 2
 本論文は、現代日本が抱える社会的課題の一つである山間地域における人口の減少を主題に、問題点の時系列的考察と現状分析に基づき、山村集落の持続的な開発と地域政策との関わりを実証的に論じた研究の成果である。山間地域に固有の農林業の振興、ならびに地域存続の意義と重要性について深い論考がなされており、生活の土台となる林業や小規模農業を産業基盤として見直すことの可能性、およびその背景となる社会的動向を地理学的視点から捉えた説得力に富む実践的な政策研究として評価できる。今日の日本に求められる社会問題の解決に対する具体的な提言がなされており、解決策を地理学から提示する点において意義のある論文である。
 
 若手奨励部門受賞候補者:吉田国光会員
「北海道大規模畑作地帯における社会関係からみた農地移動プロセス」『地理学評論』第82巻第5号
本論文は、研究地域の全農家を対象に実施された丹念な聞取り調査の結果を論考の基礎に、農業者間の多様な社会関係の質的影響に着目しつつ、汎用性の高い社会的ネットワーク分析の手法を援用して農地移動プロセスの解明がなされた点に独創性が認められる。農地移動という大量の情報を整理し、離村や農業経営、社会関係の分析を行う作業に基づき研究が展開され、その結果として農地移動に関与する社会関係が地域規模の差異を含め簡潔に明示されている。的確な着眼点と緻密な分析、ならびに視野の広さの点において今後の研究への発展が期待できる若手研究であり、野外科学としての地理学の力量を示す研究として評価される。

   論文発信部門受賞候補者:滝沢由美子会員・谷治正孝会員・青山宏夫会員・中村和郎会員・田邉 裕会員
滝沢由美子・寺澤元一・伊藤友孝・磯部民夫・谷治正孝・渡辺浩平・Komedchikov, N. N.・青山宏夫・中村和郎・田邉 裕
「「日本海」呼称の起源と現状」E-journal GEO,第4巻第2号
 本報告は、1990年代に注目を浴びた「日本海」の呼称について、事実を客観的に明らかにすることを趣旨に開催されたシンポジウムの記事であり、科学的中立の立場から、地名や地図情報を中心に据える地理学の意義を世に発信する観点において本部門にふさわしい内容として評価される。政治問題とは一線を画し、地理学の研究成果を社会に還元し普及することの重要性を認知させた点は、社会的貢献度の面から価値を有するものであり、地理学に課せられた責務の一つを提示した報告といえる。関連学会に対する波及効果が大きく、本報告が東西交渉史や地図に関わる地理学本来の思考と課題を再認識させた点も評価に値する。

優秀著作部門受賞候補者:佐野静代会員
 佐野静代会員による『中近世の村落と水辺の環境史―景観・生業・資源管理―』(吉川弘文館、2008年)は、これまで本格的な研究がなかった日本の「水辺」の資源利用や環境変化について、「環境史」という新たな視点から、古代・中世・戦国時代における土地開発・灌漑水利と村落・城下町との関係などを明らかにした独創的な研究書である。特に水辺環境の復元に際して地形・気候条件だけでなくその基盤上に展開する植物相などの生態学的視点を導入し、自然と人間との関係史研究に大きな寄与をしたといえる。
 以上により日本地理学会賞(優秀著作部門)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

著作発信部門受賞候補者:内藤正典会員
 内藤正典会員による著書『イスラムの怒り』(集英社、2009年)、同著書『イスラムの真実と世界平和』(マガジンハウス、2009年)、および同編著『激動のトルコ―9・11以後のイスラームとヨーロッパ―』(明石書店、2008年)は、イスラム世界の社会・精神を身近なことを事例にするなどして平易に解説しているのみでなく、西ヨーロッパにおけるイスラム教徒の移民問題についても紹介し、キリスト教徒である西ヨーロッパ社会におけるムスリムの排斥について歴史的背景を踏まえて言及もしている。いずれの著作も日本人にとって「遠い」イスラム社会の理解を助けたり、誤解を払拭させたり、また理解を深める啓発的書籍として高く評価できる。
 以上により日本地理学会賞(著作発信部門)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

著作発信部門受賞候補者:戸所 隆会員
    戸所 隆会員による『観光集落の再生と創生―温泉・文化景観再考』(海青社、2010年)および『日常空間を活かした観光まちづくり』(古今書院、2010年)は、同会員が実際に関わった群馬県の伊香保温泉などにおける観光まちづくりおよび観光集落の再生政策を、都市地理学と地域政策学の視点からわかりやすく説明した著作である。特に市民参加型の「既存の地域資源」を生かした観光によるまちづくり論を展開している点は、地理学関係者のみでなく多くの関係者の参考になるところが大である。このように同書は(都市)地理学の有用性に関する情報発信にも大きく寄与する。
 以上により日本地理学会賞(著作発信部門)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

地理教育部門受賞候補者:井田仁康会員
 井田仁康会員は、本学会に地理教育専門委員会が発足した1998年以来メンバーとして中心的な役割を果たし、2000・2001年度および2006・2007年度には副委員長として、2008年度からは委員長として活躍し、現在に至っている。また、国際地理学連合の運営委員としても活躍し、2009年度には国際地理学連合地理教育部会の国際会議をつくばで開催し、大会委員長として活躍した。
 また、地理オリンピックへの貢献はきわめて大きく、近年の国際大会へは毎年高校生を選抜し、出場させるために尽力し、2009年には第2回アジア・太平洋地理オリンピックを大会委員長として筑波大学で開催した。また、地理オリンピックがJSTから科学オリンピックとして正式に認定されたのも井田仁康会員を中心に関係方面に熱心に働きかけた結果である。
 これらの貢献は日本地理学会賞(地理教育部門)としてふさわしいものである。

地理教育部門受賞候補者:谷 謙二会員
 谷 謙二会員が開発してきた「地理情報分析支援システム MANDARA」は、無料でありながら地理情報システムとしての基本機能を有するため、広く学校現場で取り入れられ、地理情報システムを活用した地理教育の普及と水準向上に大きく貢献してきた。同会員らによる『MANDARAとEXCELLによる市民のためのGIS講座』(古今書院、2007年)によって、MANDARAはさらに普及され、地理的視点の有用性を一般社会にも知らしめた。
 また、谷 謙二会員は「時系列地形図閲覧ソフト 今昔マップ」を開発し、無料公開することによって、地形図利用の点でも非常に高い地理教育への貢献が認められる。旧版地形図を手軽に利用することのできるこの閲覧ソフトは、身近な地域学習などへの大きな支援教材となろう。
 これらの地理学の学校教育への支援システムの工夫による貢献は、日本地理学会賞(地理教育部門)としてふさわしいものである。

学術貢献部門受賞候補者:田邉 裕会員
 田邉 裕会員は、2000年から2008年まで二期8年にわたり、世界地理学会副会長を務められた。その間、豊富な学術的経験と卓抜な語学力を活かして、国際地理学連合の運営の中核を担われ、世界における地理学の発展に寄与した。また、日本の地理学の世界への発信についても尽力し、国際地理学連合京都地域会議招致を発案し、2013年に実現した。国際地理学連合の副会長時代には、その担当分野であった国際地理オリンピックへの日本の参加を推進し、2008年のチュニス大会では日本の高校生が最上位の金メダルを受賞するという結果を示すなど、日本の地理学・地理教育の水準の高さを世界に示した。これらの功績から、同会員が本賞受賞者としてふさわしいと考える。

団体貢献部門受賞候補者:NHK「ブラタモリ」制作チーム
   NHK総合テレビの番組「ブラタモリ」(2009年10月から2010年3月まで放送)は,タモリ氏が古地図を持って地域に刻まれた歴史の痕跡を追い、地域の変容ぶりを探求していくという番組であり、いくつかある街歩き番組の中で、地理学的にも最も優れた番組であり、大きな評判も呼んだ。2010年10月からはシリーズ第二弾が放送されており、好評を得ている。本番組の内容は、一般視聴者に地理学的視点を広める役割を果たしているとみられ、広い意味での地理教育の場としても非常に高く評価されよう。他方、「ブラタモリ」でのテーマへの切り込み方は、会員に対して地理教育へのヒントを与えるものになるであろう。
 以上の理由から、NHK「ブラタモリ」制作チームを地理学の普及および発展に関して功績があったとして日本地理学会賞(団体貢献部門)受賞候補者として推薦したい。

 
2009年度活動報告
 委員長:青山高義
 副委員長:富田和暁
  委 員:優秀賞・特別賞選考小委員会:青山高義・池谷和信・鈴木康弘・高田将志・田中和子・友澤和夫・林 和生・日野正輝・平岡昭利・水嶋一雄
  奨励賞選考小委員会:遠城明雄・小林浩二・桜井明久・武田一郎・津沢正晴・富田和暁・鳥谷 均・平井松午・森 和紀・山下清海

 本委員会は上記の委員からなる優秀賞・特別賞選考小委員会(委員長:青山高義)と奨励賞選考小委員会(委員長:富田和暁)において、学会賞受賞候補者の選考を行った。
 優秀賞・特別賞については、『地理学評論』第82巻第6号(11月号)に学会会員向けに推薦依頼を掲載し、理事・代議員に別途地理学評論に掲載されたものと同一の推薦依頼文を配付し推薦をお願いした。推薦された学会賞候補は3件となり、優秀賞・特別賞選考小委員会において審査・投票の結果、下記のように優秀賞候補2名、特別賞候補1団体に決定した。なお、このほか1件の特別賞の推薦があったが、すでに全委員に候補者が周知され審査に入った後であったので、合議のうえ審査対象に入れないこととした。
 奨励賞については、2008年9月から2009年8月までに刊行された『地理学評論』に掲載された論文・短報のうち受賞対象(著者が35歳未満で過去に奨励賞を受賞していない者)となるものは7編であった。奨励賞選考小委員会においてこれら7編を審査し投票した結果、奨励賞候補を下記の2名に決定した。
 日本地理学会賞(優秀賞・特別賞・奨励賞)の受賞候補者・団体およびその選考理由は以下のとおりである。

 日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:石黒聡士君
「2004年スマトラ沖地震に伴うアンダマン諸島北西端の地震時隆起量―IKONOSとQuickBird画像の組合せによるステレオ計測―」『地理学評論』第81巻第7号
 本論文は、先行研究において未解決の課題であった地震直後の隆起量に対しIKONOSとQuickBird画像の組み合わせという新たな研究手法を適用し、従来計測が不可能であった解明がなされ、アンダマン諸島北西端における地震時の隆起量を測定したことは、独創的であり大きな意義がある。また、得られた成果の今後への応用的価値が高い点も高く評価できる。本研究によって、高解像度衛星画像による変動地形解析の可能性や限界をめぐる議論は活発化すると想定される。以上の成果は、日本地理学会賞(奨励賞)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:大竹伸郎君
「砺波平野における農業生産法人の展開と地域農業の再編」『地理学評論』第81巻第8号
 本論文は、地域農業の実態と課題について、砺波平野における詳細な現地調査に基づいて分析し考察したものである。これらの分析と考察のなかで、とくに砺波平野における農業の担い手であるS農業法人の役割を地域農業の発展という観点から捉え、さらに農業法人の育成が農村の維持・発展につながる過程を具体的に論じた点が高く評価できる。さらに高齢化の進む農村において持続可能な農業を維持する上での要点にも言及し、地域農業の今後のあり方に対する提言がなされている点は、研究成果の社会的貢献という点でも意義が大きい。以上の成果は、日本地理学会賞(奨励賞)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。
 
 日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:小林 茂君
 小林 茂君を中心とした34名の執筆者による『近代日本の地図作製とアジア太平洋地域―「外邦図」へのアプローチ―』(大阪大学出版会、2009年)は、第二次大戦終了時以来、大学、研究機関、図書館などに未整理のまま死蔵されていた外邦図を組織的に整理・保存し、その作製経過や外邦図の意義、廃棄されなかった経緯など、外邦図に関する多面的な研究を行った成果である。従来、外邦図に関する断片的な研究はあったが、本書はこれを体系的に纏め上げた学術的価値の高い最初の刊行物であり、加えて専門外の人々にとってはその存在すら認識されていなかった問題に、広く社会的関心を高める上でのきっかけを与える点においても評価できる。以上の業績は、日本地理学会賞(優秀賞)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:松倉公憲君
 松倉公憲君による『地形変化の科学―風化と侵食―』(朝倉書店、2008年)は、風化・侵食プロセス研究を総括した大学院レベルの教科書であり、『山崩れ・地すべりの力学 地形プロセス学入門』(筑波大学出版会、2008年)は学部専門教育向けに、侵食プロセスの基礎理論を平易に解説した内容となっている。いずれも、地形学の最先端の成果を含み、今後の地形学・地質学・地盤工学等の分野において独創的で利用価値の高い文献として評価できる。
 また、松倉公憲君は3年の学会賞審査対象期間に、自然地理学・地質学・地球物理学等の国際誌に23編の論文を公表している。その多くは指導学生との共著であり、研究業績に加え若手研究者の育成に多大な貢献が認められる。以上の研究・教育における業績は日本地理学会賞(優秀賞)にふさわしいものと判断し、候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(特別賞)受賞候補者:寒冷地形談話会(事務局世話人:瀬戸真之)
 「寒冷地形談話会」は、高山や極地の地形と自然環境を研究対象としてきた五百澤智也君・小疇 尚君・野上道男君・岩田修二君・小野有五君・平川一臣君・小泉武栄君らを中心に1971年に結成され、研究発表会(例会)や野外討論会、講演会、シンポジウム、ニューズレターの発行などを35年以上にわたり続けている。運営をつかさどる事務局は数年交代の持ち回りとして、東京大学、東京学芸大学、東京都立大学(首都大学東京)、千葉大学、筑波大学、北海道大学、立正大学などの大学院生・若手教員らがその任にあたってきた。
 日本と世界の高山・極地を研究対象や関心の的とする会員の活動を通じて、わが国の気候地形学や地生態学、気候学等の研究の発展に貢献すると共に、例会や野外討論会を通じて学部生など若手を育て、一般向けの啓発や会員間の情報交換に取り組んできたことは、日本地理学会賞(特別賞)の候補としてふさわしいものと判断し推薦する。
 
2008年度活動報告
 委員長:海津正倫
 副委員長:小林浩二
  委 員:優秀賞・特別賞選考小委員会:青山高義・今泉俊文・海津正倫・遠城明雄・田中和子・友澤和夫・林 陽生・山野正彦
  奨励賞選考小委員会:青木英一・生田真人・小野寺 淳(茨城大)・小林浩二・鈴木裕一・武田一郎・中川清隆・西原 純・渡辺悌二

 本委員会は優秀賞・特別賞選考小委員会(委員長:海津正倫)と奨励賞選考小委員会(委員長:小林浩二)に分かれて学会賞受賞候補者の選考を行った。
 奨励賞は2007年9月から2008年8月までに刊行された『地理学評論』に掲載された論文・短報から受賞対象(著者が35歳未満で過去に奨励賞を受賞していない者)となる16編について審査を行った。対象論文に対して小委員会委員による2段階の審査・投票を行い、最終的に奨励賞受賞候補者として下記の2名を決定した。
 優秀賞は『地理学評論』第81巻8号(11月1日発行)に学会会員向けに推薦依頼を掲載し、理事・代議員には別途地理学評論に掲載されたものと同一の呼びかけ文を配付し、推薦依頼を呼びかけた(推薦締切は11月30日)。その結果6件(4名の個人と1つの団体、うち1名分に関しては複数の推薦あり。)の候補者の推薦があり、小委員会委員による審査および投票を行った結果、最終的に下記の優秀賞受賞候補者1名、特別賞受賞候補者1名および1団体を決定した。

 日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:伊賀聖屋君
「清酒供給体系における酒造業者と酒米生産者の提携関係」『地理学評論』第81巻第4号
 本論文は、ローカルな場面で、酒造業者A・B社が酒米生産者と結ぶ提携関係に焦点を当て、その形成過程ならびに提携関係がそれぞれの主体に及ぼす影響を考察したものである。本論文は、とりわけ、新たな食料供給の在り方として注目されているショートフードサプライチェーンに着目したこと、酒造業者と酒米生産者のローカルな提携関係の特色を、地理的近接性、経済・社会的環境から総合的に捉えたこと、両者の連携関係の課題や限界性を明確にしたことが高く評価される。しかも、これらの論述は、綿密な調査に裏打ちされたものだけにきわめて説得力に富んでいる。さらに、今日、食の安全がきわめて重要な課題となっていることを考えると、今後の地域食品産業の在り方を先取りした研究として注目される。よって、伊賀聖屋君を日本地理学会賞(奨励賞)の受賞候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:上杉和央君
「18世紀における地図収集のネットワーク―大坂天満宮祝部渡辺吉賢を中心に―」『地理学評論』第80巻第13号
 本論文は、江戸時代、とりわけ18世紀以降の地図収集のネットワークを、大坂天満宮祝部渡辺吉賢 の収集した地図の貸借関係を詳細に検討することによって明らかにしたものである。本論文は、日本中にネットワークが広がっていたこと、身分や職業を越えて地図の貸借があったこと、世代を超えた時間的な広がりを持ったネットワークになっていたこと等を解明したが、これらの点は、これまで空白部分だっただけにその意義はきわめて大きい。また、地理的知識をネットワークという観点から捉えた点は、地理学ならではの手法を用いたものとして高く評価できる。さらに、史料収集が困難な点を考慮すると、吉賢の収集した地図ならびにその地図の貸借関係を丹念に調べあげたことは労作といってよい。よって、上杉和央君を日本地理学会賞(奨励賞)の受賞候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:阿部和俊君
 阿部和俊君の対象図書および論文は同君が編者となって進めている『都市の景観地理』シリーズの3冊と、「人文地理学のアイデンティティを考える―都市地理学を中心に―」人文地理、59巻および"The Changing Urban Geography of Japan" Geographical Review of Japan、81巻である。
 『都市の景観地理』シリーズは阿部氏の企画・編集になる、景観を重視した都市地理学の啓蒙書である。こうしたシリーズ本を日本のみならず海外についても刊行できる同君の組織力・実行力は地理学界においても大変優れたものといえる。他方、論文「人文地理学のアイデンティティを考える―都市地理学を中心に―」は、『人文地理』のフォーカスとして掲載されたものであり、日本の都市地理学の研究論文を幅広く敷衍し、その研究の動向と引用関係から人文地理学のアイデンティティに対して問題を提起する内容である。また、上記英文論文は、その基本的な内容を英語論文としたものである。これらの論文は、人文地理学者に対して自らの足場を再認識させる視点を提供しており、影響力が大きい。啓蒙書シリーズの編集と論文の公表による学界への貢献という2つの仕事により、阿部和俊君を日本地理学会賞(優秀賞)の受賞候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(特別賞)受賞候補者:Pradyumna P. Karan氏
 Pradyumna P. Karan氏は、アメリカ合衆国ケンタッキー大学の教授を1964年以来44年余りの長きにわたって務め、文化地理学、環境地理学など地理学の多方面の分野で数多くの業績をあげてきた。とくに、ヒマラヤ地域研究では世界の地理学のパイオニア的存在であり、アメリカ合衆国の地理学界におけるアジア研究のリーダーとしても幅広く活躍してきた。また、1990年代からは日本研究に着手し、最新刊のLocal Environmental Movements: A Comparative Study of the United States and Japan (2008)をはじめとして、これまでに5冊の日本関連の学術書を出版した。氏は、ケンタッキー大学に日本研究プログラムを組織し、日米の地理学者による国際会議を相次いで主催するなど、日米の地理学の発展に貢献すると共に、学術書の刊行、国際会議の開催、研究者の交流を通じて日本の地理学のグローバルな発信に貢献している。
 以上、P. P. Karan氏の日本に関する地域研究成果や、研究者の交流をはじめとする日本の地理学の世界へ向けての発信などに関する多大な貢献により、氏を日本地理学会賞(特別賞)の受賞候補者として推薦する。

 日本地理学会賞(特別賞)受賞候補者:めぐろシティカレッジ振興会
 めぐろシティカレッジ振興会は目黒区と東京都立大学(現在の首都大学東京)、東京都立大学附属高校、および東京都が協力して平成7年に設立された生涯学習のための市民大学講座の拠点であり、今年度で14年目を迎えている。各年度、月に1-3回の頻度でローカルからグローバルにおよぶさまざまなテーマに即して合計20回の講座が開講され、地理学の面白さや有用性を一般区民に広く認識させてきたことは、関係者の努力と熱意のたまものであり、また、地理学以外の専門家とも協力して、毎年多くの講座を開催してきたことは、地理学の社会的な貢献に多大に寄与するものと考えられる。
 さらに、その成果を叢書の刊行として出版してきたことなど、地理学の普及と啓蒙に積極的に貢献してきた点は特筆に値する。地理学の普及に関するこうした長年にわたる地道な活動は高く評価されるべきものである。よって、めぐろシティカレッジ振興会を日本地理学会賞(特別賞)の受賞候補者として推薦する。

 
2007年度活動報告
 委員長:山田 誠
 委 員:特別賞・優秀賞選考小委員会:山田 誠、内田和子、内山幸久、牧田 肇、今泉俊文、海津正倫、林 陽生、山野正彦
 奨励賞選考小委員会:磯  望、松岡憲知、青木英一、生田真人、小野寺 淳、鈴木裕一、中川清隆、西原 純、渡辺悌二

 本委員会は特別賞・優秀賞選考小委員会(委員長:山田 誠)と奨励賞選考小委員会(委員長:磯 望)に分かれて学会賞受賞候補者の選考を行った。
 奨励賞は2006年9月から2007年8月までに刊行された『地理学評論』に掲載された論文・短報から受賞対象(著者が35歳未満で過去に奨励賞を受賞していない者)となる16編について審査を行った。対象論文に対して委員による2段階の審査・投票を行い、最終的に奨励賞受賞候補者として下記の2名を決定した。
 優秀賞は『地理学評論』10月号に学会会員向けに推薦依頼を掲載して呼びかけ、理事・代議員には別途呼びかけ文を郵送した(推薦締切は11月15日)。その結果6件(5名の個人と1つの団体)の候補者の推薦があり、対象文献の査読および審査を行った結果、最終的に優秀賞受賞候補者として下記の2名を決定した。並行して特別賞の選考を行い、優秀賞として推薦のあった1団体を特別賞受賞候補として決定した。

日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:柚洞一央君
 「日本の養蜂業における移動空間の狭域化と生産形態の多様化」『地理学評論』79巻13号
 本論文は、第2次大戦後以降の養蜂業者の経営形態や経営慣行および移動空間の変化などに着目しつつ、衰退傾向にある養蜂業の経営や移動の最近の傾向を、全国131の養蜂業者への聞き取り調査や参与観察方式の現地調査などをもとに行動論的にも検討していて、その研究方法には注目すべき点が少なくない。著者は、レンゲ・ナタネ等の蜜源となる植物の作付が激減したことを明らかにし、蜜源植物の作付の変化が養蜂業の移動空間の単純化や狭域化に結びつく状況などを解明することに成功した。また、養蜂業の目的が、生産量の不安定な蜂蜜生産から、安定的なローヤルゼリー生産や農家に依頼されたイチゴ・果樹等のポリネーション(受粉)へと多様化しつつあり、これに伴い一層移動空間の狭域化が促進されたことを示した。さらに経営者の高齢化問題・利用権問題等・蜜源確保のための自然林保全運動の展開などについても指摘し、自然資源の「間接的利用」である養蜂業のもつ、人・社会・自然の共存への課題を明確に示した点は、人文地理学的手法を基礎としながら自然地理学的見方を含めることのできる地理学の総合性を遺憾なく発揮した成果として、高く評価できる。よって、柚洞一央君を日本地理学会賞(奨励賞)の受賞候補者として推薦する。

日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:梅田克樹君
 「Development and Sustainability of Vegetable Farming in Geothermal Greenhouses: A Case Study of Nigorikawa Area in Mori Town, Hokkaido」Geographical Review of Japan Vol. 80, No. 5.
 本論文は、地熱や温泉水を利用して1970年代から展開してきた北海道森町濁川地区の温室野菜作の発展過程と最近の課題について、現地調査を基礎的なデータとして、さらに多くの統計資料の裏付けに基づいて、鮮明に明らかにしたものである。とりわけ農学分野を中心に取り上げられることの多かった施設園芸農業というテーマを、地熱利用という側面を含めて地理学的に取り扱ったことで、研究成果が鮮明となっている点は高く評価できる。本論文は、北海道における温室トマト生産の先進地域である濁川地区での持続的なトマト生産の展開を軸に、価格と質の維持には環境にやさしい農業の展開が必要であることを的確にとらえたものであり、全国的な施設園芸農業展開に対する課題を含んだ、スケールの大きさを感じさせる論文となっている。著者は、濁川地区が1970年代に温泉水を利用した温室野菜作を開始し、1980年代には安価なエネルギー資源である地熱発電の余剰水を利用して温室野菜作拡大に成功したこと、しかしその後、地熱資源がピークに達したことにより、温室数は増加せず、結果として大都市の需要を満たし輸送コストを削減できる大量生産地化ができなかったこと、また、連作と化学薬品の大量使用による作物品質と価格が低下したこと、安全な野菜を要求する消費者ニーズの変化により、安全で高品質な野菜作への転換が必要であることなど、持続的な農業展開に必要な課題について、明快に指摘することに成功した。地熱という火山国日本に特徴的な資源を利用した園芸農業の展開を英文誌で報告している点も、日本農業の一側面の海外への紹介という観点から、評価すべきものがある。よって、梅田克樹君を日本地理学会賞(奨励賞)の受賞候補者として推薦する。

日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:島田周平君
 島田周平君の受賞対象図書は、①『アフリカ 可能性を生きる農民―環境‐国家‐村の比較生態研究―』(京都大学学術出版会、2007)と②『現代アフリカ農村―変化を読む地域研究の試み―』(古今書院、2007)である。これらはいずれも、ナイジェリアとザンビアにおける長期間の村落調査の結果をもとに、ポリティカル・エコロジー論の視点から、村の農業や生業活動の変化をマクロレベルの政治経済的変化と関連づけながら分析した研究である。①は、地域間比較研究の具体的方法を提示しつつ、地域研究における地理学的視点の重要性を指摘しており、また②は、地域を総体的にとらえることの現代的意義を明らかにし、地理学における地域研究の必要性を訴えている。両書とも、豊富な図表と写真で村の変貌を鮮やかに描き出しており、優れた地域研究書である。よって、島田周平君を日本地理学会賞(優秀賞)の受賞候補者として推薦する。

日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:松原 宏君
 松原 宏君の受賞対象図書は『経済地理学―立地・地域・都市の理論―』(東京大学出版会、2006)である。本書は、古典的立地論から、多国籍企業論やクラスター論などの現代的な展開までの経済地理学の総合化を図り、立地・地域・都市の領域からなる独自の理論体系を構築した点で現段階での総括的な意義をもつものであり、単著としては国内外にも例を見ないものである。理論的には圏域型とネットワーク型の2類型を提示したことが特徴で、グローバリゼーションをめぐる構図を明確に位置づけている。この点は地域政策論の上からも、従来の地域論を再定義する圏域性とその制度的・文化的性格、および世界都市や産業政策とそのネットワークをめぐるイノベーションと競争の視角の両面として、新たな問題提起となっている。よって、松原 宏君を日本地理学会賞(優秀賞)の受賞候補者として推薦する。

日本地理学会賞(特別賞)受賞候補者:『日本の地形 全7巻』全巻編集委員会(故貝塚爽平・太田陽子・小疇 尚・小池一之・鎮西清高・野上道男・町田 洋・松田時彦・故米倉伸之)および各巻編集委員会(上記のほか、海津正倫・遠藤邦彦・岡田篤正・小野有五・河名俊男・小泉武栄・鈴木毅彦・田中眞吾・田村俊和・長岡信治・成瀬敏郎・平川一臣・宮城豊彦・森脇 広・山崎晴雄)
 本シリーズは、日本で初めて全国を網羅した地形誌であり、日本の国土・自然環境を形成する地形の成り立ちを、地形の形成史に重点を置いて、地域ごとに詳細にまとめたものである。また本シリーズは、写真・図版や国土数値情報に基づく地図を豊富に用いるとともに、従来の研究を総括して、自然史と人間活動が刻まれている日本列島の姿を浮き彫りにし、風景にひそむ自然の成り立ちを解き明かし、地形の理解に加えて、地形環境の保全、自然災害対策や国土計画の基礎資料として利用可能であることを意図して刊行され、その意図は十分にかなえられている。本シリーズは、地理学のみならず、地球科学、環境科学、防災科学などにも貢献するものであり、貴重な研究成果と言うことができる。よって、その企画・完成に尽力した全巻編集委員会および各巻編集委員会を、日本地理学会賞(特別賞)の受賞候補者として推薦する。
 
2006年度活動報告
 委員長:境田清隆
 委 員:特別賞・優秀賞選考小委員会:境田清隆、貞方 昇、溝口常俊、吉越昭久、内田和子、内山幸久、牧田 肇、山田 誠
 奨励賞選考小委員会:伊藤 悟、大場茂明、佐藤典人、関戸明子、富樫幸一、檜垣大助、宮原育子、磯  望、松岡憲知

 本委員会は特別賞・優秀賞選考小委員会(委員長:境田清隆)と奨励賞選考小委員会(委員長:伊藤 悟)に分かれて学会賞受賞候補者の選考を行った。
 奨励賞は2005年9月から2006年8月までに刊行された「地理学評論」に掲載された論文・短報から受賞対象(著者が35歳未満)となる21編について審査を行った。対象論文に対して委員による2段階の審査・投票を行い、最終的に奨励賞受賞候補者として下記の2名を決定した。
 優秀賞は地理学評論10月号に学会会員向けに推薦依頼を掲載して呼びかけ、理事・代議員には別途呼びかけ文を郵送した(推薦締切は11月15日)。その結果3名の候補者の推薦があり、対象文献の査読および審査を行い、最終的に優秀賞受賞候補者として下記の2名を決定した。並行して特別賞の選考を行ったが、今回は候補者なしと決定した。

日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:中辻 享君
  「ラオス北部焼畑山村にみられる生計活動の世帯差-幹線道路沿いの一行政村を事例として-」『地理学評論』第78巻11号
 本論文は、ラオスの山村において、米の栽培面積・収量・収穫米の年間収支などに関する精緻な聞き取り調査とGPSによる実測などから、タイ系低地民族と焼畑民族の生計に関する比較研究を試みたものである。精緻な実態調査と新たな地理学的手法の導入が、米の収支や貸借の問題から、家畜飼育やハトムギ栽培などの現金収入の分析、さらに経済格差の拡大問題の指摘に至るまでの、堅実な研究成果として結実している。困難の多い海外調査において詳細な現地調査を実施した点は高く評価され、農業社会の構造変化の実態を詳細に浮き彫りにし、経済地理学を始めとした地理学の将来性を示す、優れた論文である。また、本論文は投稿時から完成度の高い論文であったことが伺われ、筆者が研究者としての資質を既に十分に備え、今後ますますの活躍が期待される。
以上の評価から、日本地理学会賞(奨励賞)の候補として推薦する。

日本地理学会賞(奨励賞)受賞候補者:武者忠彦君
 「松本市における中心市街地再開発のメカニズム-土地区画整理事業をめぐる制度・都市政治・商店経営者の戦略-」『地理学評論』第79巻1号
 今日、わが国地方中小都市における駅前や中心市街地商店街の衰退が著しい中で、本論文は松本市を対象に、地方都市の中心市街地再開発という社会的課題に意欲的に取り組んだ研究である。すなわち、本研究の意義は、中心市街地再開発事業を外部要因のみならず、地方政治や伝統的商店街の経営者たちの対応など、ローカルな文脈で考察した点にある。とりわけ、商店主の多様かつ自律的な選択に基づく経営戦略に関する詳細な分析から再開発のメカニズムを解明し、従来の政策モデルの限界を示したことは、きわめて高く評価される。また、インタビュー内容を議事録などの一次資料を用いて検証した上で評価するなど、研究方法も当を得たものといえる。その結果、本論文は、同様の関心をもつ他学問分野にも十分にアピールし、今後の行政施策にも生かせる実証性の高いものとなっている。
以上の評価から、日本地理学会賞(奨励賞)の候補として推薦する。

日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:池谷和信君
 池谷和信君の受賞対象図書は①『山菜採りの社会誌-資源利用とテリトリー』(東北大学出版会、2003)と②『現代の牧畜民-乾燥地域の暮らし』(古今書院、2006)である。①は日本の山菜採りのすぐれた生態地誌であると同時に、テリトリー制の形成と機能をポリティカルエコロジー(政治生態学)の観点で論じた意欲作である。また②は地球環境と世界の牧畜民という壮大な枠組みの中で、アフリカとアジアの商業牧畜民を比較検討したきわめてスケールの大きな研究成果である。同君は徹底した地理学的フィールドワークにもとづき、地域の自然・生態系の深い理解にたって、そこに展開されている人々の生活を文化人類学・民族学など幅広い分野の手法を取り入れつつ明らかにしていく研究を続けてきた。これら2冊の単著に加え共編著もあり、積極的な活動ぶりは、関係諸学に刺激的な影響を与えており、学会賞(優秀賞)にふさわしい候補として推薦する。

日本地理学会賞(優秀賞)受賞候補者:岡橋秀典君
 岡橋秀典君の受賞対象図書は①『インドの新しい工業化』(古今書院、2003)と②『二つの大国の 変貌-グローバリゼーション下のインドと中国-』(総合地誌研 研究叢書、2005)である。①は「変 わるインド」の最前線である大規模工業団地を調査地域にしたフィールドワークの成果で、インドの将来や日本との関係を考える上でも重要な意味をもっている。②は1990年代以降のインドの変貌を中国との比較を通して検討した先駆的なシンポジウムの成果である。両書はグローバル化によって生ずるインド・中国国内の地域的差異に注目した意欲的な研究成果である。同君を代表とするこの調査チームは、国際間比較のみならず、グローバル化によって生ずる地域間問題を常に扱っており、他分野とは異なる地理学の独自性が認められる。その組織力と編集能力さらに研究者養成力は際だっており、地理学界に大きな貢献をなしてきた。学会賞(優秀賞)にふさわしい候補として推薦する。
活動報告トップに戻る
linkbanner.jpg