学会情報

2018年秋季学術大会:お知らせ(第2報)

2018年日本地理学会秋季学術大会を,下記の通り和歌山大学において開催します.本大会で発表を希望する会員は,日本地理学会ホームページにある「発表予定者へのお知らせ」(2018年6月中に掲載予定)を参照の上,本会ホームページからの登録を2018年7月2日(月)正午~7月17日(火)正午までに行い申し込んで下さい.

1.期  日  2018年9月22日(土)~24日(月)(ただし代議員会は21日(金)午後もしくは22日(土)午前中に予定)

2.会  場  和歌山大学

3.連 絡 先  〒640‒8510 和歌山市栄谷930 

 島津俊之(教育学部地理学教室) 電話 073‒457‒7308

 e-mail: shimazu@center.wakayama-u.ac.jp

4.日  程  9 月22 日(土) シンポジウム,一般発表,懇親会

  9 月23 日(日) シンポジウム,一般発表,研究グループ

  9 月24 日(月) 巡検

5.一般発表の申し込み

 一般発表には,①口頭発表と②ポスター発表がありますが,いずれの形式も発表としては同格です.発表者(連名発表の場合は第1発表者および口頭発表者)は会員に限ります.また,同一の発表者による発表は,口頭発表・ポスター発表を通じて1人1題となりますので,御注意下さい.①口頭発表は,発表15分,質疑応答4分です.大会運営上の要請から発表の時間を指定しますので,各自の発表の日時は,後日発表されるプログラムを参照下さい.発表に際してプロジェクタは使用できますが,OHPは使用できません.会場での資料配布は御遠慮下さい.②ポスター発表は,展示場所を指定しますので,この場所で前記①の口頭発表が設定されている時間帯に,20分程度の口頭説明を行って下さい.口頭説明の時間は任意ですが,昼休みの時間帯は御遠慮下さい.口頭説明のコアタイムは廃止されましたので御注意下さい.ポスターの標準的な大きさは幅90㎝×高さ180㎝×1枚です.ポスター会場での資料等の配布は自由です.

 一般発表は発表登録を本会ホームページからすませた上で,発表要旨集版下原稿のPDFファイル版下送付をもって申し込みとします.登録の方法や版下原稿の作成要領,申し込みの手続等については,本会ホームページ掲載の御案内(2018年6月中に掲載予定)を参照下さい.なお,一般発表では,関連する複数の発表を連続する時間帯(口頭発表)あるいは場所(ポスター発表)にまとめることができます(グループ発表).グループ発表を希望する場合は,その責任者が発表者名と演目を発表順に記したリストを,7月17日(火)までに学会事務局気付で集会専門委員会までお送り下さい(e-mail可).また,シンポジウムの発表についても,責任者が同様のリストあるいはプログラムを,上記期日までにお送り下さい.

6.研究グループ集会の会場申し込み

 研究グループの集会は,9月23日(日)13時~17時の間に設定する予定です.会場を用意しますので,開催希望グループは,①研究グループ名,②責任者氏名・連絡先,③開催希望時間(13時~15時もしくは15時~17時),④参加見込み人数を文書(書式自由)で,7月17日(火)までに,学会事務局気付で集会専門委員会宛に申し込んで下さい(e-mail可).会場に限りがあるので,御希望に添えない場合もあります.また,会場校では研究グループ集会に関わる準備は行いません.会場校の負担軽減および一般発表の充実に御協力下さい.

7.宿泊について

 9月の連休と重なり,宿泊施設は混雑が予想されます.以下に主な宿泊施設を掲げておきます.宿泊予定の方は,各自で早めの予約をお願いします.

タウンホテル丸の内 073-431-2335                        ドーミーインPREMIUM和歌山 073-402-5489

ワカヤマ第1冨士ホテル 073-431-3351                   シティ inn WAKAYAMA 073-423-2633

ワカヤマ第2冨士ホテル 073-431-3352                   コンフォートホテル和歌山 073-426-8911

ホテルグランヴィア和歌山 073-425-3333               アパホテル<和歌山> 073-431-7111

ホテル アバローム紀の国 073-436-1200                 スマイルホテル和歌山 073-432-0109

ダイワロイネットホテル和歌山 073-435-0055         ビジネスイン南海 073-423-4191

和歌山アーバンホテル 073-475-1088       

サンホテル和歌山 073-421-5911

東横イン JR和歌山駅東口 073-476-1045

会費納入についてのお願い

日本地理学会の会費は次の通りです.

正会員会費:   12,000円        賛助会員:  一口30,000円

学生会費:    7,000円       名誉会員:     なし

 ぜひ,速やかな納入をお願いいたします.なお,本会会計年度は4月1日~翌年3月31日です.

 会費,および発表要旨集定期購読料(3,240円)の納入には,地理学評論ですでに御案内いたしておりますように,銀行・郵便局等を利用した自動引落し制度をぜひ御利用いただきますようお願い申し上げます.銀行・郵便局等の自動引落しは3月26日(従来からの郵便局自動引落しは5月31日,8月31日)に各口座から引き落しさせていただきました.会費等納入のための振替用紙は,自動引落しを申し込まれた方を除き,4月中旬頃に各会員あてに送付いたしました.

郵便振替口座番号:00140-6-12578    加入者名:公益社団法人日本地理学会

他金融機関からのお振り込みの場合は,

○一九(ゼロイチキュウ)店(019) 当座0012578

 自動引落しおよび郵便振替による会費等の納入につきましては,お申し出のない限り領収証を発行いたしません.

学会からの電子メール連絡のためのアドレス登録のお願い

学会事務局では,現在,会員全体の約3分の2の方々のメールアドレスを把握しています.緊急性の高い連絡では,学会からの一斉メール送信を利用していく予定です.

メールアドレスをお持ちで,学会事務局へまだ登録されていない方は,メールアドレスを学会事務局(office@ajg.or.jp)までお知らせいただければ幸いです.
なお,学会名簿上にメールアドレスの掲載を希望されない方は,その旨,併せて御連絡下さい.

2018年日本地理学会春季学術大会 高校生ポスターセッション 受賞者について

地理学評論 Vol. 91, No. 3 2018 年 5 月

●―論 説

ケニア山における氷河縮小と水環境の変化が地域住民に与える影響 大谷侑也・211‒228

住民による地域のサウンドスケープの発見と活用
──長野県松川村におけるスズムシを活用した地域づくりを事例に── 坂本優紀・229‒248

街区および近隣スケールにおける犯罪発生の環境要因
──東京都杉並区の空き巣を対象としたマルチレベル分析── 上杉昌也・樋野公宏・249‒266

 

●―書 評

三輪律江・尾木まり編: まち保育のススメ
――おさんぽ・多世代交流・地域交流・防災・まちづくり――(成瀬 厚)・267‒268

秋山元秀・小野有五・熊谷圭知・中村泰三・中山修一編:
世界地名大事典 第1巻,第2巻 アジア・オセアニア・極I,II(岩田修二)・269‒270

地理情報システム学会教育委員会編: 地理空間情報を活かす授業のためのGIS 教材(駒木伸比古)・271‒272

広瀬悠三: カントの世界市民的地理教育――人間形成論的意義の解明――(志村 喬)・273‒274

 

学界消息・275‒276

会  告・表紙2, 3 および277‒279

2018 年秋季学術大会のお知らせ(第2 報)・表紙2,3