会告

地区防災計画学会共催 震災関連シンポジウム「『想定外』災害に情報・コミュニティは機能したか――西日本豪雨・北海道地震などからの検証」開催

地区防災計画学会共催 震災関連シンポジウム「『想定外』災害に情報・コミュニティは機能したか――西日本豪雨・北海道地震などからの検証」が,2月9日(土)14時30分~17時30分,早稲田大学早稲田キャンパス19号館711教室で行われます.

参加申込み https://sec.alpha-mail.jp/jsicr.jp/symposium.htm

詳細 http://www.jsicr.jp/news/symposium20190209.html(情報通信学会HP)

教員公募のお知らせ

首都大学東京

所属・人員 火山災害研究センター特任研究員 2名

      (分野1(火山地質学・火山灰編年学分野)1名,分野2(地理・地質情報学分野)1名)

詳細 分野1(火山地質学・火山灰編年学分野)

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D119010540&ln_jor=0

分野2(地理・地質情報学分野)

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D119010536&ln_jor=0

応募締切 2019年2月15日(木)必着

2019年春季学術大会:書籍・機器展示への出展について

大会会場にて書籍・機器展示コーナーを開設いたします.展示スペースは教室の机を利用し,1区画約2平方メートルを予定し,出展料として1区画10,000円(税込み)(賛助会員は5,000円)をいただきます.出展を希望される方は,出展申込書に,必要事項を御記入の上,2月4日(月)までに,FAX(03-3815-1672)または,e-mail(office@ajg.or.jp)にて,公益社団法人日本地理学会事務局までお送り下さい.展示時間および荷物の搬入・搬出,出展料の支払い方法等についての詳細は後日,出展者にお知らせします.

出展申込書

2018年度博士論文抄録への原稿提出のお願い

博士論文の要旨(和文)を地理学評論(7月号)に掲載します.2018年度に博士号を取得した方は,「氏名,論文名,学位取得大学,取得年月,和文要旨(800字以内)」を記載したハードコピー1部と電子ファイルを下記まで,3月23日(金)までに提出のほどお願いいたします.

送付先 〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-16 学会センタービル内 公益社団法人日本地理学会 地理学評論編集専門委員会 e-mail: office@ajg.or.jp

2019~2020年度研究グループの募集について

2019~2020年度研究グループを下記の要領で募集します.応募用紙の規定は特にありませんので,適当な用紙にわかりやすく御記入の上,2019年2月1日(木)(必着)までに学会事務局あてにお送り下さい(e-mail可).この件に関して,春季学術大会において立ち上げの集会を開く場合は開催希望時間(3月21日13時~15時もしくは15時~17時),参加見込み人数などを添えて1月21日(月)までに,日本地理学会集会専門委員会あてに申込みをして下さい.

 公益社団法人日本地理学会研究グループに関する内規

                                                          2012年4月  

 1.会員は,公益社団法人日本地理学会の目的に合致した特定の研究テーマに関する研究グループを組織して,研究活動を推進することができる.

 2.研究グループは,5人以上の正会員を発起人として,グループ名,代表者名,連絡先等を理事長に申し出て,承認され登録されることにより発足する.この登録は,以後2年ごとに更新するものとする.

 3.研究グループの活動には,すべての正会員・名誉会員が参加できる.ただし,研究グループの代表者は,この原則に基づく新規参加の機会を尊重しつつ,定常的な連絡先リストに基づく日常的・継続的な活動を推進することができる.

 4.理事長が必要と認めた場合には,研究グループの活動に要する経費の一部を支出することがある.

 5.研究グループは,毎年度,活動報告書を理事長に提出しなければならない.

6.研究グループの活動の成果は,その目的やテーマに応じて,学術書の出版,公益社団法人日本地理学会の学術大会でのシンポジウムや一般発表,国際地理学連合の大会・コミッションでの発表,地理学評論への投稿等に反映されるように努めるものとする.

 7. この内規を変更するときは,理事会の承認を得なければならない.

付 則

 この内規は,公益社団法人日本地理学会設立の日から実施する.