地理学評論

2014年4月から地理学評論(和文誌)の投稿・編集体制が変わります!

2014310

日本地理学会会員の皆様

 

20144月から地理学評論(和文誌)の投稿・編集体制が変わります!

 

地理学評論編集専門委員会 委員長・加賀美雅弘

 

 

20144月から,地理学評論の投稿・編集体制が変更されることになりました.これに伴い,論文の投稿から掲載の可否,受理決定までの審査がスピードアップされます.

地理学評論の投稿・審査システムの主な変更点は,以下のとおりです.

 

(1) 電子ファイルでの投稿を原則とする.

(2) 投稿された原稿は,編集担当委員と2名の閲読者(いずれも匿名)へ送られる.

(3) 編集担当者は,2名の閲読者の見解を取りまとめ,編集幹事会に報告する.

(4) 編集幹事会で審査を行い,継続審査の可否を決定する.

(5) 継続審査となった後は,編集事務局を通じて,編集担当者が著者とのやり取りを行う.

(6) 編集担当委員の受理提案を受けて,編集幹事会で受理を決定する.

(7) 編集幹事会での合議以外は,電子メールなどを活用して行う.

 

なお当面は,従来型の投稿(印刷物の送付)も受け付ける予定ですが,なるべく新体制をご利用いただきますようお願いいたします.一時的には,会員の皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが,どうかご理解ください.皆様からの多数のご投稿をお待ちしております.

投稿方法の詳しい手順に関しては,下記の「和文論文の投稿について」をご覧ください.

地理学評論第87巻3号(2014年5月刊行)にも情報を載せる予定です.

地理学会の機関誌

地理学評論

 地理学評論(Ser.A)とGeographical Review of Japan(Ser.B)は,2002年の第75巻より統合され,地理学評論に一本化されました。
 和文号がNo.1-4,No.6-11,No.13-14,英文号がNo.5,No.12です。

E-journal GEO

地理学評論(英文誌)のWebジャーナルへの移行

本学会の英文機関誌『Geographical Review of Japan』は,2008年のNo.2(12月発行予定)から,Webジャーナルに移行します。これにともない,地理学評論(英文誌)は年2回(6月と12月)にWebサイト上で発刊され,日本の地理学研究をいち早く世界に向けて発信します。英文誌はWebジャーナルに移行しますが,投稿の手続きと執筆要領は従来のものと変更ありません。詳しくは,本ホームページの「日本地理学会投稿規程,執筆要領,内規および編集手続き」の「地理学評論英文原稿執筆要領」,および日本地理学会会員名簿の地理学評論英文原稿執筆要領を参照ください。