●論 説
産学公の研究開発ネットワークとイノベーション――地域新生コンソーシアム研究開発事業を事例として―― 與倉 豊・521-547
タイ・アマタナコン工業団地における自動車部品企業の集積プロセスとリンケージの空間的特性 宇根義己・548-570
資源論の再検討――1950年代から1970年代の地理学の貢献を中心に―― 佐藤 仁・571-587

●短 報
熊本県水俣市の限界集落における耕作放棄地の拡大とその要因 寺床幸雄・588-603
カナダにおける日本人向け旅行業の展開過程 小島大輔・604-617
高度経済成長期における大阪東北部のスプロール形態のセル・オートマトン分析
上杉昌也・618-629

●書 評
青柳智之:雷の民俗(吉野正敏)・630-631
野中健一編著:ヴィエンチャン平野の暮らし――天水田村の多様な環境利用――(熊谷圭知)・631-633
柴崎亮介・村山祐司編:シリーズGIS 第5巻 社会基盤・環境のためのGIS(山下亜紀郎)・634-635
近畿都市学会編:21世紀の都市像――地域を活かすまちづくり――(井上 孝)・635-637
橋本雄一編:地理空間情報の基本と活用(仁平尊明)・637-639
Teikoku-Shoin ed.: Discovering Japan : A New Regional Geography(岡橋秀典)・639-640

学界消息・641-642
会  告・表紙 2,3 および 643-645
 2010年春季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙 2

●論 説
花崗岩の化学的風化における溶解特性に関する実験的研究 高屋康彦・廣瀬 孝・389-401
北海道大規模畑作地帯における社会関係からみた農地移動プロセス *吉田国光・402-421
ミネソタ州ツインシティ都市圏における非政府・非営利セクターによる難民への職住斡旋支援 小田隆史・422-441
近代八重山のマラリアと集落存続 髙橋品子・442-464

●総 説
北海南部大陸沿岸における完新世海水準変動研究史と微変動の可能性 藤本 潔・465-490

●書 評
伊藤安男:台風と高潮災害――伊勢湾台風――(有薗正一郎)・491
イザベラ・バード著,時岡敬子訳:イザベラ・バードの日本紀行(佐々木 博)・491-494
篠田雅人編:乾燥地の自然(水野一晴)・494-495
P. グールド・F. ピッツ編,杉浦芳夫監訳:地理学者の声――アメリカ地理学者の自伝エッセイ集――(二村太郎)・495-498

2009年秋季学術大会プログラム・499-517
学界消息・518
会  告・表紙 2 および 519
2010年春季学術大会のお知らせ(第1報)・表紙 2


※ 吉田国光氏の「吉」の字の正式な表記は「土」に「口」になります.

●論 説
環境問題論争における空間スケールに応じた争点の相異と運動の連帯――韓国・ セマングム干拓問題を事例として―― 淺野敏久・金 木斗 哲・伊藤達也・平井幸弘・277-299
南西諸島の地域名称の歴史的および政治的背景 水谷知生・300-322

●短 報
サポートベクターマシンを用いた気圧配置検出手法の提案――西高東低冬型を対象として―― 木村広希・川島英之・日下博幸・北川博之・323-331
日本における中国人旅行者行動の空間的特徴 金 玉実・332-345
鉛直構造に着目した空っ風の気候学的研究 宮 由可子・日下博幸・346-355

●書 評
石井英也編著:景観形成の歴史地理学――関東周辺の地域形成――(青木栄一) ・356-358
渡辺悌二編著:登山道の保全と管理(自然公園シリーズ1),
 小林昭裕・愛甲哲也編著:利用者の行動と体験(自然公園シリーズ2),
 加藤峰夫:国立公園の法と制度(自然公園シリーズ3).(小泉武栄)・358-359
松田磐余:江戸・東京地形学散歩――災害史と防災の視点から――(田村俊和)・359-360

地理学関係博士論文要旨(2008年度)・361-373

学界消息・374-376
日本地理学会春季学術大会および総会・春季代議員会記事・377-381
2009年度社団法人日本地理学会総会記事・382-384
会  告・表紙 2, 3 および 385-388
2009年秋季学術大会のお知らせ(第 3 報)・表紙 2, 3

地理学評論 第82巻 3号 (2009)

| 第82巻(2009)
●論 説
都市システムの変化と過疎地域対策 森川 洋・167-187
合併地域における介護保険の事業特性に関する旧市町村間の差異――「介護保険事業状況報告」による保険者別データの比較から――
 杉浦真一郎・188-211

●短 報
宮崎県都城市における国産材製材業の生産構造の変化と原木供給 番匠谷省吾・212-226
京都市西陣地区における京町家の建替えの要因分析 花岡和聖・中谷友樹・矢野桂司・磯田 弦・227-242
2007年能登半島地震発生時における地域住民の津波に関する意識と災害回避行動 青木賢人・林 紀代美・243-257

●書 評
森川 洋:行政地理学研究(横山昭市)・258-259
地学団体研究会新潟支部新潟県中越沖地震調査団:柏崎・刈羽をおそった地震の被害と地盤(渡辺満久)・260-261
田部俊充:アメリカ地理教育成立史研究――モースとグッドリッチ――(斎藤 毅)・261-263
松倉公憲:地形変化の科学――風化と侵食――,松倉公憲:山崩れ・地すべりの力学――地形プロセス学入門――(斉藤享治)・263-264
佐野静代:中近世の村落と水辺の環境史――景観・生業・資源管理――(溝口常俊)・264-266
青木栄一:交通地理学の方法と展開(正井泰夫)・266-268

吉川虎雄先生の御逝去を悼む・269-270
学界消息・271-273
会  告・表紙2, 3 および 274-276
2009年秋季学術大会のお知らせ(第2報)・表紙2, 3 

●会長講演
中国の集市の革命後の変遷 石原 潤・73-90

●論 説
岩手県産短角牛肉ショートフードサプライチェーンの動態の分析
 大橋めぐみ・永田淳嗣・91-117
ミュンヘンにおける都市再生政策に伴う空間再編  伊藤徹哉・118-143
北八ヶ岳・前掛山における亜高山帯針葉樹林の更新パターンと立地環境
 佐藤峰華・岡 秀一・144-160

●書 評
清野 豁:地球温暖化と農業(林 陽生)・161

伊藤喜栄・藤塚吉浩編:図説 21世紀日本の地域問題(阿部和俊)・161-163
村越 真・若林芳樹編著:GISと空間認知--進化する地図の科学--
 (村山祐司)・163-165
藤井 正・光多長温・小野達也・家中 茂編著:地域政策入門--未来に向けた
 地域づくり--(富樫幸一)・165-166

2009年春季学術大会プログラム・i-xxiii
学界消息・xxiv-xxv
会  告・表紙2およびxxvi-xxix
2009年秋季学術大会のお知らせ(第1報)・表紙2

●論 説
ドイツの都市内社会的空間的分極化は激化したか?--ドルトムント市の事例-- 山本健兒・1-25
企業城下町における産学官連携と主体間関係の変容--山口県宇部市を事例として--  外枦保大介・26-45  

●短 報
江戸時代の関東における定期市の新設・再興とその実現過程--幕府政策の分析を中心に-- 渡邉英明・46-58

●書 評
村山祐司・柴崎亮介編:シリーズGIS 第1巻 GISの理論(田中耕市)・59-60
村山祐司・柴崎亮介編:シリーズGIS 第4巻 ビジネス・行政のGIS(堤 純)・60-63
横山 智・落合雪野編:ラオス農山村地域研究(祖田亮次)・63-66
生田真人:関西圏の地域主義と都市再編--地域発展の経済地理学--(稲垣 稜)・66-68
立命館大学文化遺産防災学「ことはじめ」篇出版委員会:文化遺産防災学「ことはじめ」篇(小松原 琢)・68-69
荒木一視:アジアの青果物卸売市場--韓国・中国・インドにみる広域流通の出現--(川久保篤志)・69-72

学界消息・i-ii
2008年日本地理学会秋季学術大会および秋季代議員会記録・iii-v
会  告・表紙2,3およびvi
2009年春季学術大会のお知らせ(第3報)・表紙2

linkbanner.jpg