●―論 説 
ボランタリー組織の台頭と「地域」の多層化
──名古屋市緑区の災害ボランティア団体を事例に──
前田洋介・1‒24 
バブル経済崩壊後の大阪大都市圏における戸建住宅供給
──既成市街地での供給を中心に──
熊野貴文・25‒46 

●―資 料 
農鳥岳東面,広河内の段丘地形を構成する完新世初頭の斜面崩壊・土石流堆積物
苅谷愛彦・西井稜子・47‒52

●―書 評
七山 太・中里裕臣・大井信三・中島 礼:
茂原地域の地質 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)(鈴木毅彦)・53‒54 

柳田良造著:
北海道開拓の空間計画(德安浩明)・54‒56 

山下清海:
新・中華街──世界各地で「華人社会」は変貌する――(杜 国慶)・56‒58

学界消息・59‒60 

2016年日本地理学会秋季学術大会および秋季代議員会記録・61‒63

会  告・表紙2,3および64‒65 

2017年春季学術大会のお知らせ(第3報)・表紙2,3

2014310

日本地理学会会員の皆様

 

20144月から地理学評論(和文誌)の投稿・編集体制が変わります!

 

地理学評論編集専門委員会 委員長・加賀美雅弘

 

 

20144月から,地理学評論の投稿・編集体制が変更されることになりました.これに伴い,論文の投稿から掲載の可否,受理決定までの審査がスピードアップされます.

地理学評論の投稿・審査システムの主な変更点は,以下のとおりです.

 

(1) 電子ファイルでの投稿を原則とする.

(2) 投稿された原稿は,編集担当委員と2名の閲読者(いずれも匿名)へ送られる.

(3) 編集担当者は,2名の閲読者の見解を取りまとめ,編集幹事会に報告する.

(4) 編集幹事会で審査を行い,継続審査の可否を決定する.

(5) 継続審査となった後は,編集事務局を通じて,編集担当者が著者とのやり取りを行う.

(6) 編集担当委員の受理提案を受けて,編集幹事会で受理を決定する.

(7) 編集幹事会での合議以外は,電子メールなどを活用して行う.

 

なお当面は,従来型の投稿(印刷物の送付)も受け付ける予定ですが,なるべく新体制をご利用いただきますようお願いいたします.一時的には,会員の皆様にはご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが,どうかご理解ください.皆様からの多数のご投稿をお待ちしております.

投稿方法の詳しい手順に関しては,下記の「和文論文の投稿について」をご覧ください.
地理学評論第87巻3号(2014年5月刊行)にも情報を載せる予定です.

地理学会の機関誌

| 地理学評論

地理学評論

 地理学評論(Ser.A)とGeographical Review of Japan(Ser.B)は,2002年の第75巻より統合され,地理学評論に一本化されました。
 和文号がNo.1-4,No.6-11,No.13-14,英文号がNo.5,No.12です。

E-journal GEO

 Geographical Review of Japan, Ser. Bのバックナンバーの購入は,日本地理学会事務局にお申し込み下さい.完全セットは2セットのみです.1セット・各1冊それぞれの価格については学会事務局にお問合せ下さい.

編集専門委員会から

| 地理学評論 委員会報告

 地理学評論和文号は,今年4月から奇数月の隔月発行となり,第81巻(2008年)は7号刊行されました.隔月発行は主に財政事情によるもので,総ページ数(論文数)を減らすためではありませんでした.しかし,第81巻では,論説12編,総説2編,短報11編,討論1,あわせて26編の論文掲載となり,第80巻(31編).第79巻(28編)に比べ少なくなりました.
 掲載論文の分野別内訳では,自然地理関係6編,人文地理関係20編で,自然地理関係の論文が昨年(5編)と同様少なく,自然地理関係者のより多くの投稿を期待しています.掲載論文の筆頭執筆者を年齢別にみると,1930年代生まれが2名,1950年代生まれが2名,1960年代生まれが3名,1970年代生まれが13名,1980年代生まれが6名となっており,1970年代以降生まれが全体の4分の3を占めています.
 掲載論文が投稿から受理までに要した期間および審査回数につきましては,昨年よりも少なくなっています.それにもかかわらず,しかも投稿論文数が減っているわけではないのに,掲載論文数が少なくなっているのは,厳しいコメントを受け取ると早い段階で掲載を諦める投稿者が多くなっているためと推察しました.そのようなことを鑑み,編集専門委員会としては,短期間で掲載の可能性のある論文については再投稿しやすい返却コメントをだすように心掛けてきました.また,投稿から受理までの期間をできるだけ短縮するように,投稿・再投稿をいつまでにすればよいのかわかるように編集専門委員会の開催日程を日本地理学会のホームページに掲載しました.このように,新規投稿後できるだけ速やかに多くの論文が掲載されるように努めていますので,会員の皆さまの積極的な投稿・再投稿をお願いいたします.
 地理学評論英文号第81巻のEnglish Edition, No.1(2008年)は5月に発行され,日本の地理学研究の最近のレヴューと論説あわせて13編の論文が掲載されました.2008年12月発行予定の英文号は紙媒体でなく電子媒体でGeographical Review of Japan Ser. B, No.1として発行されます。この号は人口地理学の特集で特集論文と一般論文を合わせて7編の掲載を予定しています。地理学評論のEnglish Edition編集は順調に進行しているようにみえますが,実情は慢性的な投稿論文不足が続いております.会員の皆様には,英文論文の投稿をぜひ積極的に行っていただきますよう,お願い申し上げます.外国からの投稿も歓迎しますので,お知り合いの方に投稿をお勧めいただければ幸いです.
 最後に2008年に閲読者として御協力いただいた方々(非会員を除く)を五十音順に列記し,お礼に代えさせていただきます.
荒山正彦,飯嶋曜子,磯谷達宏,伊藤貴啓,伊藤徹哉,伊藤 等,岩本廣美,牛山素行,梅田克樹,江崎雄治,大城直樹,大場茂明,岡田俊裕,小口千明(筑波大),奥貫圭一,小田宏信,小野寺 淳(横浜市立大),遠城明雄,片柳 勉,神谷浩夫,川久保篤志,河名俊男,木村富士男,日下博幸,呉羽正昭,鍬塚賢太郎,小泉武栄,小林浩二、小林 茂,酒川 茂,崎浜 靖,作野広和,佐々木 緑,佐藤哲夫,澤口晋一,渋谷鎭明,島津俊之,清水靖夫,杉浦真一郎,杉浦 直,鈴木力英,平 篤志,高岡貞夫,滝波章弘,竹内淳彦,田中和子,田中耕市,谷口智雅,寺本 潔,杜 国慶,轟 博志,富田和暁,鳥谷 均,中川秀一,長澤良太,永田淳嗣,中西僚太郎,中林一樹,中谷友樹,西野寿章,西原 純,根本 学,芳賀博文,長谷川裕彦,埴淵知哉,春山成子,日野正輝,平井松午,廣松 悟,福田珠己,藤田裕嗣,藤田佳久,藤塚吉浩,増澤 直,増田啓子,水内俊雄,溝口常俊,宮内崇裕,宮口?廸,宮城豊彦,宮澤 仁,宮原育子,武者忠彦,森 和紀,森川 洋,森本 泉,谷治正孝,安田正次,山内昌和,山﨑孝史,山田晴通,山本健兒,山本憲志郎,山本 充,横山 智,吉田容子,寄藤 昂,若本啓子

linkbanner.jpg